1. HOME
  2. セミナー
  3. 「なぜ買われないのか?」その課題に挑む、最新ショッパーマーケティング

「なぜ買われないのか?」その課題に挑む、最新ショッパーマーケティング

~ミレニアル世代への金融商品マーケティングも含めて~
商品開発、マーケティング部門の方必見
「なぜ買われないのか?」その課題に挑む、最新ショッパーマーケティング

講演内容

「なかなかモノが売れない時代」「モノ消費からコト消費へ」「消費しない若者」…などと語られ始めて随分と時間が経ちました。けれど評論するだけでなく、どうすれば生活者を動かせるのでしうか?博報堂買物研究所は2003年からこのテーマと向かい合い、様々なお得意先に買物をする生活者=ショッパーを動かすための提言をさせていただいております。

今回はスマホが普及し、情報爆発、選択肢が溢れる現代でどうしたら生活者を動かせるのか?国内外の事例も交えた最新のショッパー潮流の解説から、金融商品、サービスのマーケティングをする上での具体的な発想法まで講義。適宜受講者参加型のワークなども取り入れ分かりやすく楽しい講義を目指します。

講師

山本 泰士 氏

株式会社博報堂
買物研究所
上席研究員

2003年東京大学教育学部卒、同年、博報堂入社。

マーケティングプランナーとして戦略・コミュニケーションプランニングを担当。07年より博報堂大学こどもごころ製作所にてクラヤミ食堂など体験型コンテンツを開発。11年より生活総合研究所にて生活者の未来洞察を担当。15年より博報堂買物研究所にて近未来の買物行動予測研究と、買物行動を起点としたマーケティングに従事。

「欲求流去の時代」「ミレニアル家族の新・買物行動」などを発表。目隠しで良音に包まれる「クラヤミレコード」など新体験コンテンツの企画運営も行う。

当日のプログラム

1.ショッパーマーケティングとは何か?

(1)「認識を変える」から「行動を変える」マーケティング
(2)「モノ欲」が衰退し「買物欲」が重要な時代に
(3)人の「買物欲」を生み出すマーケティングとは?

2.最新潮流:「買いたくない」のではなく「買いたいを忘れる」時代

(1)爆発する情報と増加するモノ
(2)買物が「ストレス化」する時代
(3)「買物欲」はあるのに買えない現象「欲求流去」
(4)2020年代にむけた買物キーワードとは?
(5)金融サービスがショッパーを「動かす」ためには?

3.時なし、金なし、情報爆発時代の先端ターゲットとは?

(1)「消費しない若者」が家族を形成しだした
(2)新価値観をもつミレニアル世代家族の価値観と生活
(3)ミレニアル世代はどんな「買物」を望むのか?
(4)課題先端層を捉えるための「金融サービス」の視点

4.この時代の「買う」を生み出す発想法

(1)生活者の「買いたい!」を動かすツボ
(2)あなたならこの「ツボ」をどう活かす?

5.質疑応答

補足事項

※ 録音・ビデオ撮影・PCの使用等はご遠慮下さい。

主催企業

株式会社セミナーインフォ

お申し込み

開催情報

開催日時

2017-08-28(月) 13:30~16:30

参加費

34,100円 (定価 35,100円)

会場

株式会社セミナーインフォ カンファレンスルーム

〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F