1. HOME
  2. セミナー
  3. ICSのVersion1.0および欧州保険会社によるソルベンシーIIの公衆開示の解説

ICSのVersion1.0および欧州保険会社によるソルベンシーIIの公衆開示の解説

主に欧州の主要保険会社によるソルベンシーIIの公衆開示ついて解説
ICSのVersion1.0および欧州保険会社によるソルベンシーIIの公衆開示の解説

講演内容

保険会社に対する国際的な資本規制であり、2016年度の日本国内のフィールドテストでも参照されていたICS(Insurance Capital Standard)の仕様については、2016年のフィールドテストと第2次市中協議を受けた検討が続いており、2017年7月には、追加的なフィールドテストのためのICS Version1.0の内容が公表される予定です(本案内の作成時点の情報)。

一方、EUではソルベンシーIIが2016年1月に適用開始となり、2016年12月期に対する最初の公衆開示(SFCR:Solvency and Financial Condition Reportの開示)が、2017年7月始めまでに行われました。SFCRでは、保険負債の内訳と計算前提、自己資本(own funds)の内訳と対前期末変化の分析、所要資本(SCR)の内訳、承認された内部モデルの情報、グループに特有の事項を含む情報の開示が求められています。

本セミナーでは、ICSとソルベンシーIIを概観したうえで、追加的なフィールドテストのためのICS Version 1.0の内容を解説し(セミナー時点までの公表情報に基づきます)、欧州の主要保険会社によるソルベンシーIIの公衆開示(SFCRの開示)の主なポイントを紹介します。ICSのVersion 1.0については、ソルベンシーIIの実施基準との主な違い(パラメータ等の詳細な比較は除きます)にも簡単に言及します。

講師

松平 直之 氏

キャピタスコンサルティング株式会社
マネージングディレクター

東京海上火災保険(当時)を経て、タワーズペリン(当時)および投資銀行にて、生損保会社に対してリスク管理、ALM、企業価値評価等のアドバイザリー業務を行い、2007年1月にキャピタスコンサルティング株式会社の設立に参加。

の後同社にて、生損保会社に対して、ERM 態勢構築、価値・リスク計量モデルの検証・高度化、シナリオ生成モデルの作成等のサポートを行っている。

日本アクチュアリー会にて、ALM研究会、CERA資格委員会、保険会計部会、国際基準実務検討部会の委員 東京大学大学院経済学研究科非常勤講師 日本アクチュアリー会正会員、日本証券アナリスト協会検定会員。

著書として、「【全体最適】の保険ALM」、「金融リスクマネジメントバイブル」、「金融機関の市場リスク・流動性リスク管理態勢」がある(いずれも共著、金融財政事情研究会)

当日のプログラム

1.ICSとソルベンシーIIの概観

(1)ICSの策定プロセス
(2)ソルベンシーIIの枠組み、導入後の動き

2.追加的なフィールドテストのためのICS Version 1.0の内容

(1)保険負債評価
(2)リスク計測
(3)自己資本
(4)ソルベンシーIIの実施基準との主な違い

3.欧州の主要保険会社によるソルベンシーIIの公衆開示(SFCRの開示)の主なポイント

(1)SFCR(Solvency and Financial Condition Report)の構成要素
(2)保険負債評価に関する開示
(3)自己資本(own funds)および所要資本(SCR)に関する開示
(4)承認された内部モデルに関する開示

4.質疑応答

補足事項

※ 録音・ビデオ撮影・PCの使用等はご遠慮下さい。
※ご同業の方からのお申し込みはお断りさせていただく場合がございますので、ご了承ください。

主催企業

株式会社セミナーインフォ

お申し込み

開催情報

開催日時

2017-09-04(月) 13:30~16:30

参加費

33,530円 (定価 34,530円)

会場

株式会社セミナーインフォ カンファレンスルーム

〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F