1. HOME
  2. セミナー
  3. 平成29事務年度「金融行政方針」と「金融検査・監督の考え方と進め方(検査・監督基本方針)」が保険会社・保険代理店に及ぼす影響

平成29事務年度「金融行政方針」と「金融検査・監督の考え方と進め方(検査・監督基本方針)」が保険会社・保険代理店に及ぼす影響

元金融庁検査官が解説する
平成29事務年度「金融行政方針」と「金融検査・監督の考え方と進め方(検査・監督基本方針)」が保険会社・保険代理店に及ぼす影響

講演内容

平成29年11月に平成29事務年度「金融行政方針」が公表され、同年12月に「「金融検査・監督の考え方と進め方(検査・監督基本方針)」(案)」(※平成30年2月14日までパブリックコメント手続きに付されています)が公表されましたが、金融検査・監督の改革は集大成の時期を迎えつつあります。検査局の廃止など金融庁自らの組織改革もさることながら、平成30年度終了後(平成31年4月1日以降)を目途に検査マニュアルが廃止されるなど、金融庁・財務局による保険会社・保険代理店に対する検査・監督の方法・目線も大きく変わることになります。

本セミナーでは、金融庁検査官の経験を有し、金融行政・金融実務に精通した弁護士が、平成29事務年度「金融行政方針」と「金融検査・監督の考え方と進め方(検査・監督基本方針)」が保険会社・保険代理店に及ぼす影響について解説します。

講師

吉田 桂公 氏

のぞみ総合法律事務所
パートナー弁護士
公認不正検査士(CFE)

2002年11月司法試験合格。03年3月東京大学法学部卒業。04年10月のぞみ総合法律事務所入所。06年4月~07年3月日本銀行決済機構局(決済企画担当)、07年4月~09年3月金融庁検査局(専門検査官)に出向。09年4月のぞみ総合法律事務所復帰。

主要取扱業務は、金融レギュレーション(保険業法、銀行法、金融商品取引法等)、企業のコンプライアンス態勢構築、訴訟・金融ADR対応、調査委員会活動等。保険会社(生保、損保)、保険代理店、保険仲立人、銀行等のコンプライアンス態勢(内部規程、組織体制等)の構築支援等を多数手がける。

著書等として、「新しい保険募集と販売ルールまるわかり 募集ルール編」(近代セールス社)、「改正保険業法における保険代理店の実務対応上の留意点」(金融法務事情2021号~2024号、2026号)、「実務必携 金融検査事例集の解説」(金融財政事情研究会)、「営業店のためのよく分かるフィデューシャリー・デューティー」(全国地方銀行協会)、「フィデューシャリー・デューティ理解講座(通信講座)」(銀行研修社)、「全面改訂 コンプライアンス実践コース 第1分冊~第3分冊」(全国地方銀行協会)ほか多数。保険会社・保険代理店・保険仲立人・銀行等の社内研修も多数担当しており、金融庁での研修実績も有する(検査官向けに、改正保険業法について解説)。

当日のプログラム

1.これまでの金融行政改革の流れ

(1)金融庁内部の組織改革
(2)金融検査・監督の方法・目線の変遷

2.平成29事務年度「金融行政方針」と「金融検査・監督の考え方と進め方(検査・監督基本方針)」にみる今後の検査・監督の方法と目線

(1)検査・監督の方法の変化
(a)検査マニュアルの廃止
(b)監督指針の見直し
(c)各種プリンシプル(「顧客本位の業務運営に関する原則」など)
(d)ディスカッション・ペーパー
(e)業界団体との意見交換会における金融庁の発言
(2)検査・監督の目線の変化
※本セミナー時点で、「「金融検査・監督の考え方と進め方(検査・監督基本方針)」(案)」に関するパブリックコメント結果が公表されている場合は、その内容も解説します。

3.今後の保険会社・保険代理店に対する金融モニタリングの着眼点~平成28事務年度「金融レポート」(平成29年10月公表)も踏まえて

(1)今後の保険会社に対する金融モニタリングの着眼点
(2)今後の保険代理店に対する金融モニタリングの着眼点

4.質疑応答

補足事項

※ 録音・ビデオ撮影・PCの使用等はご遠慮下さい。

主催企業

株式会社セミナーインフォ

お申し込み

開催情報

開催日時

2018-03-28(水) 13:30~16:30

参加費

35,550円 (定価 36,550円)

会場

株式会社セミナーインフォ カンファレンスルーム

〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F