1. HOME
  2. セミナー
  3. 日本生命保険におけるRPAの活用と今後の展望

日本生命保険におけるRPAの活用と今後の展望

注目を集めるRPAの導入事例を日本生命の担当者が解説する
日本生命保険におけるRPAの活用と今後の展望

講演内容

2016年4月「日生ロボ美ちゃん」という愛称でRPAが働きはじめ、「入社式」まで行われメディアで話題になった日本生命保険。

本セッションでは日本生命が導入した「Biz Robo!」の作り方、事務システム面での導入メリット、導入方式等の基本的な仕様の解説を始め、日本生命保険において、実際に日々活用されている事例と、実体験から導き出されたRPA導入・運用時におけるポイントについて紹介する。

また、今後の展開として、AI技術を活用した文字認識、点検事務の自動化等、紙事務のフロー全体をRPAで支援する取組の試験実施についても触れる。

講師

宮本 豊司 氏

日本生命保険相互会社
企業保険契約部
主任専門課長

1990年日本生命入社。95年全国に分散した事務の集約化PT参画。99年ニッセイ情報テクノロジー出向。

日本生命以外のマーケットへの業務効率化コンサルティング、新規ソリューション企画を担当。BPO事業立上げ、RPA導入等を推進。

2013年~日本生命でRPA導入推進。17年~企業保険部門の事務工程改革担当。

当日のプログラム

1.RPA(ロボットによる業務自動化)の概要

(1)RPAとは ~RPAテクノロジーズ株式会社HP抜粋
(2)「BizRobo!」とは
(3)「BizRobo!」導入のメリット~事務・システム面
(4)「BizRobo!」でできること~事例:公的照会(社内システムの検索・照会)
(5)「BizRobo!」導入前後の事務の変化
(6)「BizRobo!」の導入方式
(7)日本生命における1PC1ライセンス方式の活用事例
(8)「BizRobo!」が読み取れるファイル
(9)「BizRobo!」の起動指示と処理結果
(10)ロボットの作り方

2.RPAの導入形態

3.日本生命におけるRPA導入事例

(1)導入台数と活用業務数
(2)RPA導入の背景と課題
(3)部門A課題:大量のハンド事務の効率化①
(4)部門A課題:大量のハンド事務の効率化②
(5)人とロボの連携による作業イメージ~前頁の受付証跡管理
(6)部門A 課題:業務ピークに対し、要員追加による対処の限界
(7)部門B 課題:大規模投資による効率化を図っても減らない事務量~少量多品種事務
(8)部門B なぜ事務は増えるのか~構造課題
(9)部門B なぜシステムの画面(帳票)は増えるのか
(10)部門B 対応の方向性
(11)部門B RPA導入の狙い
(12)部門B RPA導入後の理想の事務設計の形
(13)RPA導入への社内調整・外部調査【参考情報】
(14)RPA導入の効果

4.日本生命におけるRPA導入・運用に当っての検討事項

(1)全体要約
(2)オリックス・ビジネスセンター沖縄株式会社の取組 【自社開発体制の構築】
(3)日本生命でのトライアル実施内容とスケジュール
(4)日本生命でのトライアル(システムとの親和性の評価)
(5)日本生命でのトライアル(事務削減効果の評価)
(6)ロボの開発方式(通常のシステム開発との違い)
(7)プロジェクトリスクと対策
(8)ロボ標準設計書の導入
(9)ロボ標準設計書(プロセスマップ)
(10)ロボ標準設計書(BPMN事務フロー)【参考】プロセスとフロー図の作成単位(Lv5~Lv7)
(11)ロボ開発保守体制

5.今後の展望

(1)紙事務の自動化に向けたRPA技術活用研究
(2)机上検証結果
(3)eFLOWの機能概要
(4)eFLOWの導入可否検証
(5)eFLOWの機能(OCR-2011年との比較)
(6)従来のOCRと最新のAI技術の差異
(7)AIの学習機能のイメージ(ex.診断書)
(8)AI技術の公開性と最新技術を活用できる条件
(9)最新の文字認識技術
(10) OCR精度向上の工夫
(11) 人による補正(データ確定)

6.質疑応答

補足事項

※ 録音・ビデオ撮影・PCの使用等はご遠慮下さい。

主催企業

株式会社セミナーインフォ

お申し込み

開催情報

開催日時

2017-10-10(火) 13:30~16:30

参加費

34,000円 (定価 35,000円)

会場

株式会社セミナーインフォ カンファレンスルーム

〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F