1. HOME
  2. セミナー
  3. ヘルスケア産業に押し寄せるデジタル化の波と対応すべき課題

ヘルスケア産業に押し寄せるデジタル化の波と対応すべき課題

ヘルスケア産業におけるデジタル化の最新事例から未来像を紹介する
ヘルスケア産業に押し寄せるデジタル化の波と対応すべき課題

講演内容

医療・介護サービスの大半を公的保険で賄う日本においては、少子高齢化の進展や経済成長の鈍化により、公的保険財政の持続可能性が不安視されている。この状況の打開策の一つとして、医療現場の効率化や医療の質の向上をもたらすデジタル化に期待が集まっている。その期待は、医療従事者のみならず、製薬企業・医療機器メーカー・医療情報システムベンダー・商社や、果てはヘルスケア産業にこれまで関わりが無かった民間企業などの様々な主体から寄せられている。

近年では、センサーやコンピュータの小型化によるIoTの進展や、AIの登場などの新しい動きも加わり、ヘルスケア産業にデジタル化の波が押し寄せることは間違いない。しかし一方で、日本のヘルスケア産業のデジタル化は先進諸国と比べ出遅れている状況である。

本セミナーでは、ヘルスケア産業の各局面でのデジタル化の現状や将来の見立てについて、先進事例などを交えつつ解説を行い、将来もたらされる希望や、あるいは対応が不可避な環境変化について言及する。

講師

横内 瑛 氏

株式会社野村総合研究所
消費サービス・ヘルスケアコンサルティング部
副主任コンサルタント

主たる業務として社会保障政策研究(主に地域医療、医療・介護連携等)、医療・介護関連事業の経営戦略・事業戦略の立案、実行支援などに従事。

講師

池田 真紀 氏

株式会社野村総合研究所
消費サービス・ヘルスケアコンサルティング部
コンサルタント

主たる業務としてヘルスケア新規事業戦略の立案、医療政策支援などに従事。

講師

下松 未季 氏

株式会社野村総合研究所
消費サービス・ヘルスケアコンサルティング部
コンサルタント

主たる業務としてヘルスケア新規事業戦略の立案、医療政策支援などに従事。

当日のプログラム

1.ヘルスケア産業におけるデジタル化の必要性

(1)デジタル化が求められる背景と課題
(2)日本におけるデジタル化の現状と出遅れの原因

2.医療介護現場のデジタル化~IoTやAIを活用した医療・介護現場の将来像~

(1)医療介護現場を取り巻くIT化の現状と期待
(2)院内ソリューションシステムが可能にする高品質医療
(3)調剤薬局におけるデジタル化の現状と今後の見立て
(4)これからの地域医療連携システムが支える地域完結型医療

3.遠隔医療が切り開く未来

(1)日本の遠隔医療の現状と課題および海外の遠隔医療の状況
(2)遠隔医療の普及に向けて必要な対応とは

4.デジタル化に伴う新規サービスの登場

(1)PHR(Personal Health Record)の可能性と普及の方向性
(2)医療オンデマンドサービスの国内・海外事例
(3)日本のモバイルヘルスサービスに向けた課題と打ち手

5.デジタル化に向けた留意点~ヘルスケア分野における個人情報保護~

(1)ヘルスケアのデジタル化に関する政策動向
(2)個人情報保護法の改正による影響
(3)次世代医療基盤法によるデータ共有の促進
(4)医療等IDにおるデータ共有基盤の整備

6.総括~デジタル化がもたらす未来~

7.質疑応答

補足事項

※ 録音・ビデオ撮影・PCの使用等はご遠慮下さい。

主催企業

株式会社セミナーインフォ

お申し込み

開催情報

開催日時

2017-10-11(水) 13:30~16:30

参加費

34,080円 (定価 35,080円)

会場

株式会社セミナーインフォ カンファレンスルーム

〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F