1. HOME
  2. セミナー
  3. 縮小するリース業界での勝ち組と負け組

縮小するリース業界での勝ち組と負け組

~ターニングポイント後の戦略で明暗~
戦略の成功則と失敗則を解明する
縮小するリース業界での勝ち組と負け組

講演内容

2008 年のリース会計変更は、リース業界を揺るがすターニングポイントになった。この後、リース各社のパラダイム(会社の成長・存続を考える枠組み)により選択された戦略は、大きく異なる。厳しい市場淘汰の結果により業界再編成に繋がり、勝ち組と負け組を鮮明にしている。

本セミナーは、パラダイムを大きく3 タイプに分け、戦略の成功則と失敗則を解明し、同時にブレイクスルー(突破口)の可能性にも言及する。今後におけるリース会社ごとの成長戦略に取り入れられる内容にしている。リース会社は、独立系・銀行系・総合商社系を中心に分けられるため、これらに関係する業界の方にも参考になるように配慮している。

講師

丹羽 哲夫 氏

経営企画研究所
代表

1971 年関西大学法学部卒。長銀総合研究所 主席研究員を経て現在経営企画研究所代表。建設省、通産省の委員会委員歴任。

著書として「図解でわかるMBO」、「持株会社がわかる本」、「経営計画の立て方・つくり方」、「経営企画部」など多数。

専門分野は戦略経営・新事業開発・流通革新。

当日のプログラム

1.ターニングポイント後の市場構造変化

(1)2008 年のリース会計変更
(2)縮小する市場規模
(3)減少する設備投資
(4)代替ビジネスモデルの急成長
(5)低迷する利鞘

2.影響されて起きた業界の激変

(1)プレイヤーの減少
(2)売却される企業の増加
(3)経営統合で規模拡大する企業の増加
(4)独自戦略で成長する企業の存在

3.企業ごとのパラダイムの相違

(1)パラダイムA
(2)パラダイムB
(3)パラダイムC
(4)パラダイムに応じた戦略の違い
(5)トレンドによる市場の淘汰

4.負け組の戦略と失敗則

(1)パラダイムAでの戦略展開の限界
(2)該当企業の主要事例
(3)失敗則
(4)ブレイクスルーの可能性

5.暗中模索の総合商社と類似する戦略

(1)パラダイムBでの戦略展開で成長不十分
(2)該当企業の主要事例
(3)展開難の原因
(4)ブレイクスルーの可能性

6.勝ち組の戦略と成功則

(1)パラダイムCによる戦略展開で成長
(2)該当企業の主要事例
(3)成功則
(4)更なる成長の可能性

7.新たなターニングポイントの予測

(1)新たな会計変更
(2)市場機会

8.質疑応答

補足事項

※ 録音・ビデオ撮影・PCの使用等はご遠慮下さい。

主催企業

株式会社セミナーインフォ

お申し込み

開催情報

開催日時

2017-10-31(火) 9:30~12:30

参加費

34,400円 (定価 35,400円)

会場

株式会社セミナーインフォ カンファレンスルーム

〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F