1. HOME
  2. セミナー
  3. 平成30事務年度「金融行政方針」と「金融検査・監督の考え方と進め方(検査・監督基本方針)」等が保険会社・保険代理店に及ぼす影響

平成30事務年度「金融行政方針」と「金融検査・監督の考え方と進め方(検査・監督基本方針)」等が保険会社・保険代理店に及ぼす影響

平成30事務年度「金融行政方針」について解説する
平成30事務年度「金融行政方針」と「金融検査・監督の考え方と進め方(検査・監督基本方針)」等が保険会社・保険代理店に及ぼす影響

講演内容

平成30年6月29日に、「金融検査・監督の考え方と進め方(検査・監督基本方針)」が策定され、パブリックコメントの結果も公表されました。また、「コンプライアンス・リスク管理に関する検査・監督の考え方と進め方(コンプライアンス・リスク管理基本方針)」(案)も平成30年7月13日に公表されています(※平成30年8月13日までパブリックコメント手続きに付されています)。このように、金融庁・財務局による保険会社・保険代理店に対する検査・監督の方法・目線は、大きな変化を迎えています。

また、平成30事務年度「金融行政方針」で新たな目線が示されることも想定されます。本セミナーでは、金融庁検査官の経験を有し、金融行政・金融実務に精通した弁護士が、平成30事務年度「金融行政方針」と「金融検査・監督の考え方と進め方(検査・監督基本方針)」等が保険会社・保険代理店に及ぼす影響について解説します。

講師

吉田 桂公 氏

のぞみ総合法律事務所
パートナー弁護士/公認不正検査士(CFE)

2002年11月司法試験合格。03年3月東京大学法学部卒業。04年10月のぞみ総合法律事務所入所。06年4月~07年3月日本銀行出向(決済企画担当)、07年4月~09年3月金融庁出向(検査官として、金融機関の立入検査の業務等に従事)。09年4月のぞみ総合法律事務所復帰。

主要取扱業務は、金融レギュレーション対応(保険業法、銀行法、金融商品取引法等)、企業のコンプライアンス態勢構築支援、内部監査支援、訴訟・金融ADR対応、調査委員会活動等。保険会社(生保、損保)、保険代理店、保険仲立人、銀行等のコンプライアンス態勢(内部規程、組織体制等)の構築支援等を多数手がける。

著書等として、「新しい保険募集と販売ルールまるわかり 募集ルール編」(近代セールス社)、「改正保険業法における保険代理店の実務対応上の留意点」(金融法務事情2021号~2024号、2026号)、「営業店のためのよく分かるフィデューシャリー・デューティー」(全国地方銀行協会)、「全面改訂 コンプライアンス実践コース 第1分冊~第3分冊」(全国地方銀行協会)ほか多数。保険会社・保険代理店・保険仲立人・銀行等の社内研修も多数担当しており、金融庁での研修実績も有する(検査官向けに、改正保険業法について解説)。

当日のプログラム

1.「金融検査・監督の考え方と進め方(検査・監督基本方針)」の解説

(1)「3つの手法」
(a)最低基準の遵守状況を確認する「最低基準検証」
(b)持続的な最低基準充足を確保するための「動的な監督」
(c)ベスト・プラクティスのための「見える化と探究型対話」
(2)保険会社・保険代理店に対する検査・監督における「3つの手法」の実践例

2.「コンプライアンス・リスク管理に関する検査・監督の考え方と進め方(コンプライアンス・リスク管理基本方針)」の解説

(1)「経営・ガバナンスに関する着眼点」、「リスクベースの発想への視野拡大に関する着眼点」
(2)上記着眼点を踏まえた、保険会社・保険代理店の態勢構築のあり方

3.平成30事務年度「金融行政方針」の解説

~平成30事務年度「金融行政方針」の内容に則して、保険会社・保険代理店に対する検査・監督の目線を中心に解説
※本セミナー時点で公表されていない場合は、内容を変更する場合がございます。

4.今後の保険会社・保険代理店に対する金融モニタリングの着眼点

※今後金融庁から発信される情報等を踏まえ、参加者の方々の関心に沿うように、講演内容を追加・修正します。

5.質疑応答

補足事項

※ 録音・ビデオ撮影・PCの使用等はご遠慮下さい。
※ 講師とご同業にあたる方からのお申し込みはお断りさせていただく場合がございますので、ご了承ください。

主催企業

株式会社セミナーインフォ

お申し込み

開催情報

開催日時

2018-11-07(水) 9:30~12:30

参加費

35,840円 (定価 36,840円)

会場

株式会社セミナーインフォ カンファレンスルーム

〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F