1. HOME
  2. セミナー
  3. 金融機関におけるデジタル時代の新たなリスク管理とITガバナンス構築の実務

金融機関におけるデジタル時代の新たなリスク管理とITガバナンス構築の実務

テクノロジーが進展する中で見直しが必要とされる新時代における「ITガバナンス」構築のあり方を多角的論点で解説
金融機関におけるデジタル時代の新たなリスク管理とITガバナンス構築の実務

講演内容

デジタライゼーションが進展する中、金融機関は新技術を活用したイノベーションやビジネスプロセスのデジタル化による効率化・高度化への投資を活発化させるとともに、それを実現するための組織・人材の変革への取り組みを進めています。しかしながら、デジタライゼーションにより各企業にとっての真の価値を創出し、持続的な成長につなげるためには、ビジネスとITとの関係性、IT戦略やIT投資の管理プロセス、新技術の活用にともなうリスクの管理プロセス等のITガバナンスのあり方を、体系的に各企業のデジタライゼーションに適合させる必要があります。

本セミナーでは、主にリスク管理部門、内部監査部門の方を対象に、デジタル化が進展するなかでのITガバナンスの全体像、リスク管理のポイント、第2・第3のディフェンスラインとしての役割について解説します。

講師

福島 雅宏 氏

有限責任監査法人トーマツ
リスクアドバイザリー事業本部
ファイナンシャルインダストリー
パートナー

金融機関のIT部門勤務を経て、当監査法人に入所。

主に金融持株会社・銀行・証券・保険・ノンバンク等に対するIT監査、JSOX支援、システムリスク管理態勢評価、経営統合に係るリスク管理態勢評価、情報セキュリティ監査、ITガバナンス態勢構築支援業務、内部監査高度化支援、内部監査品質評価業務等に従事。

主な著書・寄稿に「内部監査入門」(共著、金融財政事情研究会)、「ITガバナンス概論」(金融財政事情研究会)、「ステークホルダーへの価値創出を目指したITガバナンス」(企業リスク) システムリスク管理、ITガバナンスに関するセミナー講師多数。

当日のプログラム

1.デジタル時代の新たなITガバナンス

(1)ITガバナンスとは
(2)デジタル時代の環境変化(「働き方」「資源」「テクノロジー」の変化)
(3)環境変化を踏まえたITガバナンスのあり方
(4)当局の動向 (金融制度改革、金融行政方針)

2.ITガバナンス構築における主要論点

(1)戦略管理(デジタル戦略実現のための体系的な計画化とモニタリング)
(2)組織構造(デジタル組織の発展のステージに応じた組織構造・機能配置)
(3)人材管理(デジタル時代の人材像と確保戦略)
(4)投資管理(俊敏な意思決定のための投資管理)

3.新技術や環境変化に対応したリスク管理のポイント

(1)RPA(ブラックボックス化や分散化への対応)
(2)AI(IT が生み出すコンダクトリスクへの対応)
(3)オープンAPI(セキュリティ管理、接続業者の管理)
(4)クラウド(クラウドコンピテンシーセンターとしての役割と管理)
(5)アジャイル開発(アジリティと品質とのバランスの管理)
(6)外部委託先管理(スタートアップやフィンテック事業者のリスク管理)

4.今後のリスク管理態勢のあり方

(1)リスク管理態勢のあり方
(2)内部監査のあり方

5.質疑応答

補足事項

※ 録音・ビデオ撮影・PCの使用等はご遠慮下さい。

主催企業

株式会社セミナーインフォ

お申し込み

開催情報

開催日時

2018-11-21(水) 9:30~12:30

参加費

34,350円 (定価 35,350円)

会場

株式会社セミナーインフォ カンファレンスルーム

〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F