1. HOME
  2. セミナー
  3. 金融機関における外部委託管理

金融機関における外部委託管理

~クラウドサービス利用時の留意点を中心に~
クラウドサービスのメリットとリスクを明確にしておきたい方にオススメ
金融機関における外部委託管理

講演内容

近年のICT(情報通信技術)の発展は、多くのビジネス環境や情報システムの在り方に変革をもたらしており、特に金融業界においては、クラウドサービスの利活用によるITコストの削減やシステム対応の柔軟性にかかる議論が行われてきました。更に現在注目を集めるFintechのような戦略的な取組みにおいてもクラウドサービスの活用を前提としているものもあり、今後この流れはますます加速することが予想されます。

このようにクラウドサービスの利活用による期待が広がる一方で、多くの金融機関においては、クラウドサービスのメリットを理解しつつも、必ずしもそのサービスを積極的に活用するに至っていない状況が見受けられます。

本講座では、金融機関におけるクラウドサービス利活用の一助となるよう、クラウドサービスのメリットとリスクを明確にし、企業が検討すべき観点を体系的に整理、解説します。また、金融当局や関連団体、海外規制の動向、及びクラウドベンダーの対応等、様々な角度から企業が留意すべきポイントも合わせて解説します。

講師

加藤 俊直 氏

PwCあらた有限責任監査法人
システム・プロセス・アシュアランス部
パートナー

主として金融機関向けにIT関連の幅広い業務を提供しております。

主な実績としてSOX法監査、米国上場企業に対するSOX法監査、同法に基づくアウトソーシング先監査、顧客情報管理態勢評価・構築、システムリスク管理態勢構築、数多くの業務委託先に対する外部委託先監査(SSAE16監査)、各種金融機関システム委託先のサービスレベルマネジメントスキームの構築、マイナンバー関連各種評価・構築等が挙げられます。

PwC参画前は大手外資系コンサルティング会社において、全国規模のチェーンストア業界を中心とした多くの経営基盤整備、業務改革、システム設計・開発・導入・保守運用に携わっており、その後国内系コンサルティング会社立ち上げを経て、現職に至ります。

講師

桒野 拓麿 氏

PwCあらた有限責任監査法人
システム・プロセス・アシュアランス部
シニアマネージャー

主として金融機関向けにIT関連の幅広い業務を提供しております。

主な実績としてシステム監査、業務委託先に対する外部委託先監査(SSAE16)、IFRS導入に係る影響調査等のアドバイザリー業務、システムリスク管理態勢にかかる高度化支援、大規模システム開発プロジェクトにかかる第三者評価等が挙げられます。

2011年から14年にわたり、金融庁検査局に退職出向し、システムリスクモニタリングにかかる専門検査官として検査局と監督局を併任し、オンオフ一体の金融行政に携わりました特に監督局においては、11年7月のシステムリスクの総点検、および14年4月の情報セキュリティにかかる一斉点検等をはじめ、システムリスクにかかる多数のモニタリング業務や監督指針・検査マニュアルの改正等に従事しておりました。

当日のプログラム

1.クラウドコンピューティングの状況

(1)クラウドの定義と特性
(2)クラウドの分類
(3)クラウドに係る金融当局の動向
(4)海外の規制動向

2.クラウドサービス利用におけるリスク

(1)クラウドサービスの特徴
(2)クラウドサービス特有のリスク
(3)クラウドサービス利用におけるリスク

3.クラウドサービスと外部委託先管理

(1)クラウド利用に係る経営者の役割
(2)クラウド利用のライフサイクルにおけるコントロール上のポイント
(3)リスク評価アプローチの具体例
(4)リスク対策の事例紹介

4.クラウド事業者のリスク対策

(1)クラウドに係る各種評価・認証制度
(2)各種認証制度の動向
(3)各種評価・認証制度の留意点

5.クラウド利用事例紹介

(1)クラウド導入の背景
(2)懸念事項
(3)対応のポイント

6.質疑応答

補足事項

※ 録音・ビデオ撮影・PCの使用等はご遠慮下さい。

主催企業

株式会社セミナーインフォ

お申し込み

開催情報

開催日時

2016-12-07(水) 13:30~16:30

参加費

35,100円円 (定価 36,100円)

会場

エムワイ貸会議室お茶の水

〒101-0062 東京都千代田区 神田駿河台2丁目1-20 お茶の水 ユニオン ビル 4F