1. HOME
  2. セミナー
  3. 金融機関における内部監査態勢の高度化≪実践編≫

金融機関における内部監査態勢の高度化≪実践編≫

内部監査部門、企画部門の担当者必須!!
金融機関における内部監査態勢の高度化≪実践編≫

講演内容

コーポレートガバナンスコード導入等の動きの中で、金融機関において内部監査機能の重要性が高まっている。

本講義では、内部監査態勢の高度化について国内外での内部監査態勢にかかる最新の動向もまじえつつ、(1)経営に資する内部監査態勢(2)リスク変化への感応度ある内部監査態勢(3)経営戦略や本部施策を対象とする内部監査実施上の留意点(4)内部監査報告上の留意点等について、実務に即し具体的に説明を行う。

本講義は、内部監査部門の役職者、企画担当者ないしは実際に内部監査業務に従事している担当者を対象に、今後の実務に携わるうえでの前提知識の習得、若しくは、知識の再確認とレベルアップに資することを目的とする。

講師

石塚 岳 氏

有限責任監査法人トーマツ
シニアマネジャー

1979年京都大学法学部卒業、大手邦銀に入行。

市場国際部門、英国証券現地法人及び本邦証券子会社で引受業務、デリバティブ商品等開発・営業に従事する等投資銀行業務を長く経験。その後内部監査部門で本部・関連会社監査態勢整備のプロジェクト担当、本部関連会社監査を長く経験。

2005年にトーマツ入社後は、特に大手行や地域金融機関へのコンプライアンス態勢支援や、内部監査の品質評価・構築支援を担当

著書として『内部監査高度化のすべて』(共著、金融財政事情研究会、2010年)。公認内部監査人(CIA)。

当日のプログラム

1.経営に資する内部監査態勢

(1)経営陣の「監査ニーズ」をリスク・アセスメントや内部監査計画に取込むための工夫(マクロアプローチ手法)
(2)従来のリスク・アセスメントとマクロアプローチ手法

2.リスク変化への感応度のある内部監査態勢

(1)オフサイト・モニタリングの整備
(a)本部監査のためのモニタリング
(b)営業店監査のためのモニタリング
(2)内部監査の機動性向上とテーマ別監査
(a)「テーマ別監査」と「部署別監査」の特徴
(b)「テーマ別監査」と「部署別監査」の重複解消に向けた工夫

3.経営戦略や本部施策を対象とする内部監査の実施

(1)経営戦略は内部監査の対象となるのか?
(2)戦略策定プロセス監査実施の留意点

4.内部監査報告

(1)内部監査部門から取締役会への報告のあり方
(2)監査結果報告書の記載上のポイント

5.内部監査部門の人材強化

(1)内部監査部門の人材充足状況の把握
(2)人材強化策の整理

6.内部監査態勢の品質評価

7.質疑応答

補足事項

※ 録音・ビデオ撮影・PCの使用等はご遠慮下さい。
※ご希望の方に「受講証明書」を発行させていただきます。

主催企業

株式会社セミナーインフォ

お申し込み

開催情報

開催日時

2016-12-09(金) 9:30~12:30

参加費

34,500円 (定価 35,500円)

会場

株式会社セミナーインフォ カンファレンスルーム

〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F