1. HOME
  2. セミナー
  3. 金融機関におけるテクノロジーを活用した内部監査の高度化

金融機関におけるテクノロジーを活用した内部監査の高度化

~ガバナンス・リスク・コンプライアンスの統合とスリーラインディフェンス態勢構築~
テクノロジー活用の課題とプロセスを解説
金融機関におけるテクノロジーを活用した内部監査の高度化

講演内容

近年、テクノロジーの進展はめざましく、今後のビジネスのあり方に大きな影響を与える可能性があります。内部監査においても、これらのテクノロジーの活用により、業務の効率化や高度化が進展することが期待されています。

本セミナーでは、内部監査におけるテクノロジー利用方法を広くご紹介し、実際に活用していくための方向性をご説明いたします。

講師

熊田 清志 氏

PwCビジネスアシュアランス合同会社
シニア・マネージャー

国内大手システム会社にて国内の銀行、証券に対し、リスク管理、コンプライアンス領域のソリューションの企画、販売、コンサルティング、AIサービスのソリューションを推進。

wC入所後、データ・アナリティクスを用いたGRC、内部監査のソリューションの企画や導入に向けたコンサルティングに従事。

当日のプログラム

1.内部監査におけるテクノロジーに対する期待

(1)ビジネスの変革と内部監査機能への期待の高まり
(2)内部監査の高度化に向けた国内外の最新動向
(3)期待されるテクノロジーの効果と課題(AI、RPA、GRC等)

2.内部監査におけるデータの可視化

(1)ダッシュボードによる静的なデータの可視化
(2)プロセス・マイニングによる動的なデータの可視化
(3)探索型分析による異常値の検知

3.内部監査プロセスの自動化

(1)データ分析に向けたデータガバナンス
(2)RPAを用いた事務プロセスの自動化
(3)AIを用いた判断プロセスの自動化

4.GRCを活用したガバナンス・リスク・コンプライアンスの統合管理と態勢整備

(1)統合管理による内部監査とスリーラインディフェンスとのアライメント
(2)GRCツールの導入事例

5.モニタリング業務のプラットフォーム化

(1)継続的モニタリングのプラットフォーム化
(2)プラットフォームを用いた業務のシェアド・サービス化

6.テクノロジー導入に向けて

(1)テクノロジー導入にあたっての留意点
(2)導入アプローチ例

7.質疑応答

補足事項

※ 録音・ビデオ撮影・PCの使用等はご遠慮下さい。
※ 講師とご同業にあたる方からのお申し込みはお断りさせていただく場合がございますので、ご了承ください。

主催企業

株式会社セミナーインフォ

お申し込み

開催情報

開催日時

2019-02-14(木) 13:30~16:30

参加費

34,640円 (定価 35,640円)

会場

株式会社セミナーインフォ カンファレンスルーム

〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-3 九段プラザビル2F