【オンライン受講】明治安田生命保険における内部監査の成熟化に向けたチャレンジ

【オンライン受講】明治安田生命保険における内部監査の成熟化に向けたチャレンジ

~Trial and Error (トライアル・アンド・エラー)と新しいアプローチ~

金融機関が持続可能なビジネスモデルを展開させるためには、ガバナンス、リスクマネジメント、コントロールが有効に機能することが重要です。そのためには、内部監査部門が、組織体の価値を高め、保全するという内部監査の使命を適切に果たしつつ、内部監査を成熟化させることが求められています。監査部門として、内部監査の成熟化に向けてTrial and Error (トライアル・アンド・エラー)により、「新しいアプローチ」に取り組んでいます。 本セミナーでは、スーパーバイザー業務の専任者が、監査実務の立場から具体的に解説いたします。 ※当社は、2018年 日本内部監査協会 会長賞 を受賞いたしました。

  • 2021-02-04(木) 13:30~16:30
  • \35,570
キャッシュレス政策とキャッシュレス社会

キャッシュレス政策とキャッシュレス社会

~キャッシュレスの普及に重要な役割を担うキャッシュレス政策の概略と効果、得られる示唆~

セミナーインフォにて2020年9月28日に実施した「決済サービス入門」セミナー、11月5日に実施する上級編セミナーの続編。 国は「成長戦略」や「未来投資戦略」にキャッシュレスを掲げて推進。「マイナポイント事業」や「キャッシュレス・ポイント還元事業」で消費者へ特典を提供したり、「自治体モニター事業」や「面的キャッシュレス・インフラの構築支援事業」でキャッシュレス・インフラの整備にも取り組む。一方で、セキュリティの高い決済サービスとセキュリティの低い決済サービスを加盟店手数料だけで比較し、手数料さえ安ければよいかのような誤解を招きかねない推進も見受けられ、不正チャージや不正引出などが社会問題化して厳しい目が向けられる。決済サービスには、僅かなほころびが大きな社会不安にまで発展しかねないデリケートな潜在リスクが数多くある。 本講演では、6月に終了した「キャッシュレス・ポイント還元事業」の示唆、「マイナポイント事業」に主要カード会社が参加しない事情、「JPQR普及事業」の利用が伸び悩む事情など、キャッシュレス政策と決済事業のズレに焦点を当てて課題を読み解き、我が国のキャッシュレス決済比率向上に欠かせない公的分野のキャッシュレス推進策を中心にキャッシュレス社会の実現像を展望する。

  • 2020-12-17(木) 13:30~16:30
  • \36,420
【オンライン受講】FATF第4次対日相互審査再延期を踏まえたAML/CFT対策

【オンライン受講】FATF第4次対日相互審査再延期を踏まえたAML/CFT対策

~対応必須なミニマムスタンダードと対応が期待される機能~

FATF第4次対日相互審査の総会が2021年2月に再延期されたものの、法規制強化やマネー・ローンダリング/テロ資金供与対策(AML/CFT)プログラムの高度化要請は引き続き確実視されています。前回2019年4月のAML/CFTガイドライン改訂から1年半が経過し、欧米・アジアのAML/CFT先進国における法規制強化や、AML/CFTプログラムに求められるミニマムスタンダード引き上げの趨勢からの遅れが顕著化しているためです。 本セミナーではFATF第4次相互審査が完了した国・地域の結果を踏まえ、FATF第4次対日相互審査の指摘事項を考察します。また近年諸外国で発生した制裁金課徴事例や日本固有の事業環境リスクを紐解きながら、今後のAML/CFTプログラムに求められる強化点を検証します。加えてAML/CFTシステムの高度化に当たり、ミニマムスタンダードとして対応が必須な機能と対応が期待される機能に分類した上で具体的な対応策を検討するとともに、一部G-SIBsへ導入され始めた先進的なAML/CFTシステムをご紹介します。

  • 2020-12-15(火) 9:30~12:30
  • \35,170
【オンライン受講】金融機関・保険会社が対応すべき改正個人情報保護法への具体的実務対応

【オンライン受講】金融機関・保険会社が対応すべき改正個人情報保護法への具体的実務対応

~施行までのシステム実装も見据えた対策を~

2020年6月12日に改正個人情報保護法が公布されましたが、改正項目が多岐にわたり、かつ、条文解釈が不明確な点も残る一方で、施行予定は2022年春頃と少し先であるため、具体的な実務対応に二の足を踏む企業も多いように思われます。しかしながら、特に金融機関や保険会社等、多数の個人顧客を抱える企業においては、本改正法へのシステム対応等が必要になることも想定され、施行までの実務対応に向けたタイムラインは思いのほかタイトになり、現時点から順次の対応を進める必要性は高いと思われます。本セミナーでは、金融機関や保険会社における改正個人情報保護法のポイントやデータ利活用事例との関係を解説するとともに、施行までのシステム実装も見据えた実務対応の進め方をご提示します。なお、金融機関・保険会社以外の業界においても、個人情報を取り扱う企業様にとってはご参考としていただけるような内容になりますので是非ご参加ください。

  • 2020-12-11(金) 13:30~16:30
  • \35,760
【オンライン受講】金融当局の最新動向を踏まえた内部監査の実務

【オンライン受講】金融当局の最新動向を踏まえた内部監査の実務

~リスクベース監査の基本と実務プロセスおよびテレワーク下での監査実務~

2019年6月に「金融機関の内部監査の高度化に向けた現状と課題」が公表され、金融機関における内部監査は準拠性監査からの脱却とリスクベース監査への転換が求められている。こうした中、直近の金融庁の動向および今後のモニタリングの方向性を解説したうえで、リスクベース監査の基本と実務プロセスを詳説する。当日にテレワークの監査チェックリストのサンプルも配布します。

  • 2020-12-08(火) 9:30~12:30
  • \35,590
【オンライン開催】第一生命のITプラットフォーム戦略

【オンライン開催】第一生命のITプラットフォーム戦略

~第一生命グループを支えるホームクラウド基盤の構築~

【第一部】第一生命におけるITプラットフォーム戦略 当社はICTを活用し、お客さまの健康維持・増進とQoL(Quality of Life)向上を実現するため、「ホームクラウド」と名付けたクラウド基盤の構築プロジェクトを進めている。本基盤を中心とした当社のプラットフォームの仕組みは金融庁の「基幹系システム・フロントランナー・サポートハブ」の支援案件にも決定している。本講演では当社におけるITプラットフォーム戦略と構築プロジェクトについて、その概要をご紹介する。 【第二部】第一生命のホームクラウド基盤の構築 2019年4月よりMicrosoft Azure上へ金融機関における本格的なクラウド活用の基盤となるホームクラウド基盤開発に着手し、2019年9月には第一段となるアプリケーションを本稼働させた。その後もホームクラウド基盤のレベルアップ開発・基盤運用、アプリケーション開発を継続していく中で得た経験・知見・課題を、ホームクラウド基盤の開発・運用を通して解説する。

  • 2020-12-03(木) 13:30~16:30
  • \35,940
The Financeについて

The Financeは、金融業界のビジネスマンのためのウェブマガジンです。

金融業界向けの講演を数多く手掛ける有名講師陣のご協力により、どこよりも実践的な情報を掲載して参ります。