国内外の活用事例からみる人工知能の先端動向と未来予測

国内外の活用事例からみる人工知能の先端動向と未来予測

人工知能という言葉は急速にビジネスパーソンにも認知されてきました。ただ、技術のもたらす変化は、まだほとんどの業界・企業において端緒についた段階です。人工知能はなぜこれだけ大きなインパクトをもって語られるべき技術なのか。現時点で何ができるのか。IoT/ビッグデータ/ロボットといったその他のITトレンドとどのような関係にあるのか。交通・製造・医療・金融・小売・農業といった個々の産業に今後どのような影響をもたらすのか。本セミナーでは、人工知能にかかわる国内外の事例・政策動向の基本的解説を行うとともに、人工知能を生かした事業構想を生業とする講演者独自の観点から先端動向、未来予測といったより発展的な内容までを網羅的に説明いたします。

  • 2017-04-21(金) 13:30~16:30
  • \34,280
本格化するアマゾンの金融事業戦略

本格化するアマゾンの金融事業戦略

~独自の経済圏構築を支える基盤拡大~

アマゾンは、EC(電子商店街)発で巨大な経済圏の形成を世界的に目指している。必然的に、EC事業を中核にして、様々な事業を展開し、その多角化動向は極めて顕著である。しかし、アジアにおいて思わぬライバルと伏兵に遭遇している。しかも、アマゾンとして手薄な金融事業において、ライバルと伏兵はネット総合金融戦略を展開している。躍進するライバル(アリババグループ)と伏兵(楽天グループ)との金融戦略の相違を明確にし、アマゾンの金融戦略の実像をアメリカと日本で確認する。相互に影響し合う競争戦略の性質を踏まえ、アマゾンの今後の日本における金融戦略展開も予測する。展開金融事業の競争力と他の金融業態への後発参入戦略の分析を通じて各金融業態への影響を推測し、今後の戦略に取り入れられる内容である。

  • 2017-04-20(木) 9:30~12:30
  • \34,480
金融監督指針、検査マニュアル等の読み方と有効な活用法 ≪基礎編≫

金融監督指針、検査マニュアル等の読み方と有効な活用法 ≪基礎編≫

平成16年以来、監督当局による「総合的な監督指針」、「検査マニュアル」をベースとした監督、検査が行われ、現在、抜本的な見直しも検討されているところです。そこで、本セミナーでは、あらためてこれら監督文書の体系、業法令や行政処分等の関係、知るべきポイントを整理し、有効かつあるべき取り組みを解説するものです。

  • 2017-04-12(水) 13:30~16:30
  • \34,100
資金決済ビジネスの最新法務

資金決済ビジネスの最新法務

金融サービスの重要な一つとして資金決済がある。近時のITの進化に伴い資金決済ビジネスが大きく変わる可能性がある。既になされた銀行法や資金移動法の改正のほか、平成28年12月27日金融審議会「金融制度ワーキング・グループ報告 ―オープン・イノベーションに向けた制度整備について―」をうけたさらなる立法も予想される。新たなビジネスを始めるにあたっては許認可・登録の要否、業法上の義務、他の法令との関係といった行政法的な側面を検討することが必要であることはもちろんであり、さらに私法的な視点から契約関係や債権債務関係を整理することも必要である。本セミナーではこれらを法的な観点から検討する。

  • 2017-04-11(火) 13:30~16:30
  • \35,240
海外プロジェクトファイナンスの実務≪重要テーマ編≫

海外プロジェクトファイナンスの実務≪重要テーマ編≫

~重要テーマを深く掘り下げる~

Array

  • 2017-04-07(金) 13:30~16:30
  • \33,500
2017年のFinTech業界で起こりうるシナリオ

2017年のFinTech業界で起こりうるシナリオ

金融とITの融合を目指すFinTech。国内での盛り上がりはいっこうに冷める気配がない。同講演ではFinTechの潮流はいつからどのように発生したのか、FinTechの歴史を紐解きながら国内外の最新動向、そして今後、起きうる変革に至るまでを丁寧に解説する。さらに、金融業界だけにとどまらない新たに生まれるビジネスチャンスについても触れ、近未来に起こりうるシナリオについて触れる。

  • 2017-03-23(木)  13:30~16:30
  • \34,330
金融機関におけるサイバーセキュリティの最新動向と対策

金融機関におけるサイバーセキュリティの最新動向と対策

~グローバルセキュリティ調査から導き出される日本の金融機関の課題~

金融業界ではFinTechやブロックチェーンといった新しい技術を活用した取り組みが始まっています。一方、日本ではインターネットバンキングの不正送金被害額が増加したり、コンビニATMから約14億円が引き出されたりした事件が発生しました。また、バングラデシュ中央銀行がハッカーの攻撃を受け、巨額の不正送金被害に遭った事件も発生しました。本セミナーでは、海外金融機関におけるサイバーセキュリティ動向や近年のサイバーセキュリティインシデント等を解説し、今後、日本の金融機関に求められるサイバーセキュリティ対策(組織体制、プロセス、テクノロジー)を解説します。

  • 2017-03-15(水) 13:30~16:30
  • \33,330
米国発:フィンテック最前線

米国発:フィンテック最前線

日本でもフィンテックがブームになりつつあるが、米国のフィンテックはさらにその先を進んでいる。今年の注目は、人工知能である。好むと好まざるとに関わらず、銀行業務の多くは、今後ロボ化していくだろう。また、IoTの普及により、冷蔵庫が銀行になる日もすぐそこまできている。 当セミナーでは、人工知能やブロックチェーンをはじめ、進化する米国フィンテックの情報をお伝えする。さらに、セミナー前週にNYで開催される貸出を中心としたフィンテックイベントであるLendItにおける最新情報もお伝えする予定である。

  • 2017-03-14(火) 9:30~12:30
  • \34,850
The Financeについて

The Financeは、金融業界のビジネスマンのためのウェブマガジンです。

金融業界向けの講演を数多く手掛ける有名講師陣のご協力により、どこよりも実践的な情報を掲載して参ります。