顧客情報の「保護」と「活用」の両立 ~データから価値を引き出す

顧客情報の「保護」と「活用」の両立 ~データから価値を引き出す

メットライフ生命保険は、「データガバナンス=顧客情報などのデータ品質の測定・管理、メンテナンス計画の策定・遂行」を、社内の専門組織が中心となって推進している。執行役員 チーフデータオフィサーの中山雄大氏に話を聞いた。

  • 事業戦略
  • 2020/07/08
外部プラットフォームと連携 利用機会・範囲の拡大へ(JR東日本)

外部プラットフォームと連携 利用機会・範囲の拡大へ(JR東日本)

2001年にIC乗車券としてサービスを開始した東日本旅客鉄道(JR東日本)の交通系ICカード「Suica」。2020年3月末時点の発行数は8,200万枚にのぼる。同社IT・Suica事業本部の小澤達氏に今後のサービス戦略を聞いた。

  • 事業戦略
  • 2020/07/07
日本のIFA業界の成長は投資一任スキームがカギ

日本のIFA業界の成長は投資一任スキームがカギ

近時、コロナ禍の中で資産運用アドバイスに対する需要が徐々に拡大している。本稿では、資産運用アドバイスを提供するIFA(独立系金融アドバイザー)の今後期待される役割や、投資一任スキームの可能性について考察していく。

  • 事業戦略
  • 2020/07/06
P2Pプラットフォーム構築で特定領域に特化した商品開発

P2Pプラットフォーム構築で特定領域に特化した商品開発

相互扶助の仕組みでリスクに備えるP2P保険に注目が集まっている。本稿では、Frich(フリッチ)代表取締役の富永源太郎氏にP2P保険のポイントやその開発の取組みについて話を聞いた。

  • 事業戦略
  • 2020/07/03
金融機関がデジタル化時代の波に乗るシステム開発アプローチ~攻めるテスト~

金融機関がデジタル化時代の波に乗るシステム開発アプローチ~攻めるテスト~

前回は金融機関のシステム開発におけるジレンマの解消法として、”守るテスト”の側面から解説してきた。第2回目の今回は、”攻めるテスト”の要諦について解説する。

  • 事業戦略
  • 2020/07/03
日銀のETF「年間12兆円」購入は2020年末まで継続する?

日銀のETF「年間12兆円」購入は2020年末まで継続する?

日本銀行の継続的な買い観測が浮上する「ETF(上場投資信託)」の注目度が高まり、取引残高も順調に伸びている。金融機関などの機関投資家や企業の投資対象としてのETFのトレンドや注目の商品、ポートフォリオに組み入れる際のポイントなどについて第一生命経済研究所 調査研究本部 経済調査部 主任エコノミスト 藤代 宏一氏に聞いた(記事内容は2020年5月15日現在)。

  • 事業戦略
  • 2020/06/30
金融機関が抱えるシステム開発のジレンマの解消~守るテスト~

金融機関が抱えるシステム開発のジレンマの解消~守るテスト~

日本の金融機関が今、システム開発において大きなジレンマに直面している。今回の連載では、「守るテスト」と「攻めるテスト」の2つの領域で改革の鍵となるポイントについて全2回にわたって解説していく。

  • 事業戦略
  • 2020/06/26
全社横断的な取り組みでデジタル時代に対応

全社横断的な取り組みでデジタル時代に対応

データ保護・個人情報管理の厳格化は世界的な潮流だ。日本でも、個人情報保護法の改正法案が議論されている。今後の方向性について、データを安全に管理・活用・保護しながら、その価値を企業の持続的成長に生かす「データガバナンス」をキーワードに考察する。

  • 事業戦略
  • 2020/06/25
独自の信用スコアとOne to Oneの提案で小規模事業者のキャッシュニーズに対応

独自の信用スコアとOne to Oneの提案で小規模事業者のキャッシュニーズに対応

飲食店や美容室など小規模事業者向けサービスを提供するUSEN-NEXT GROUPが、新生銀行グループと共同で、金融サービスを手掛ける新会社「USEN-NEXTフィナンシャル」を設立した。同社代表取締役社長の佐藤知洋氏と取締役の竹石祐也氏に、サービスの特徴や展望を聞いた。

  • 事業戦略
  • 2020/06/24
真のキャッシュレス社会到来のための社会インフラ構築

真のキャッシュレス社会到来のための社会インフラ構築

スマートフォンからインターネット上で日用品を購入する消費者は増加の一途をたどっている。プラットフォームが持つ利便性や網羅性が利用者獲得の大きな理由の一つだ。連載第2回目となる今回は、社会全体でキャッシュレス化を進展させるヒントをアビームコンサルティング 金融・社会インフラビジネスユニット プリンシパルの小山元氏に聞いた。

  • 事業戦略
  • 2020/06/24
マーケットメイク制度で流動性向上商品性改善へ金融機関にヒアリング

マーケットメイク制度で流動性向上商品性改善へ金融機関にヒアリング

日本銀行の継続的な買い観測が浮上する「ETF(上場投資信託)」の注目度が高まり、取引残高も順調に伸びている。金融機関などの機関投資家や企業の投資対象としてのETFのトレンドや注目の商品、ポートフォリオに組み入れる際のポイントなどについて東京証券取引所 株式部 株式総務グループ ヘッド・オブ・ETF・セカンダリー・トレーディングの岡崎 啓 氏に聞いた(記事内容は2020年5月15日現在)。

  • 事業戦略
  • 2020/06/19
金融サービスのワンストップ提供と既存サービス勢力図に与える変化

金融サービスのワンストップ提供と既存サービス勢力図に与える変化

金融庁は、保険やローン、投資信託といった金融商品をワンストップで消費者に提供できるよう、新しい金融仲介サービスに向けた整備を進めている。本連載の第1回目となる今回は、このような動きから今後の金融業界の方向性について考察する。

  • 事業戦略
  • 2020/06/12
変革のロードマップ(2)リソース・シフトとワーク・シフト

変革のロードマップ(2)リソース・シフトとワーク・シフト

本連載の第1回では、デジタルトランスフォーメーション(DX)をつうじたディスラプションの現状を検証するとともに、次なるステージの取り組みが求められる背景について解説した。そして第2回では、その具体的アプローチと組織・人材戦略、特にその第1段階となるオペレーティングモデル・シフトについて話してきた。今回は変革に向けたロードマップの中で第2・3の領域となるリソース・シフトとワーク・シフトについて解説していく。

  • 事業戦略
  • 2020/06/03
変革へのロードマップ(1)オペレーティングモデル・シフト

変革へのロードマップ(1)オペレーティングモデル・シフト

本連載の第1回では、デジタルトランスフォーメーション(DX)をつうじたディスラプションの現状を検証するとともに、次なるステージの取り組みが求められる背景について解説した。第2回となる今回は、その具体的アプローチと組織・人材戦略、特に第1の領域となるオペレーティングモデル・シフトについて解説していく。

  • 事業戦略
  • 2020/05/27
ディスラプションの進行と金融業界に求められる新モデル

ディスラプションの進行と金融業界に求められる新モデル

デジタルトランスフォーメーション(DX)のより一層の進展とともに、金融業界は従来と異なった組織運営や人材活用の改革に迫られている。本連載の第1回目は、デジタルテクノロジーの進展に伴う金融業界の環境の変化を把握し、次のステージにおいて不可欠となるDX人材戦略を探っていく。

  • 事業戦略
  • 2020/05/20
The Financeについて

The Financeは、金融業界のビジネスマンのためのウェブマガジンです。

金融業界向けの講演を数多く手掛ける有名講師陣のご協力により、どこよりも実践的な情報を掲載して参ります。

注目のセミナー すべて表示する