1. HOME
  2. FinTech・IT
  3. Fintechベンチャーが注目される3つの理由と求められる視点

Fintechベンチャーが注目される3つの理由と求められる視点

Fintechの特徴は、そのテクノロジーの主要な担い手がベンチャー企業だというところにある。スピード感のある自由なベンチャー企業が牽引し、消費者が主導権を握る世界が作られる中、金融サービスには明確さとシンプルさが求められている。

Fintechベンチャーが注目される3つの理由と求められる視点
  1. Fintechベンチャーに注目が集まる3つの理由
  2. Fintech時代の金融業界に求められる視点
  3. マネーフォワードのFintechへの取り組み
※本稿の一部で、株式会社マネーフォアードのサービスを紹介しております。

Fintechベンチャーに注目が集まる3つの理由

2015年、Fintechは金融ビジネスにおける一大テーマとして取り上げられ始めた。

以前からテクノロジーは、情報産業である金融サービスの重要な側面でもあり、多額の投資が行われてきた領域であった。しかしながら、その担い手としてシステムインテグレーターから、ベンチャー企業に焦点が移っていることが、今時の動きの特徴である。

ベンチャー企業に着目が集まっているのには複数の背景がある。

①PDCAサイクルを早く回せる

第一に、様々なサービスの理解や比較、わかりやすいデザインといった点において、PDCAサイクルを短期に回すことができる点が重要である。消費者はスマートフォンを手にし、より速く直感的なサービス設計や、情報の組み合わせを求めている中、サービス提供側は様々な施策を試し、正解を見つけていく必要がある。このようなサイクルは、あるサービスの断面に着目し、身軽でリスクを取りやすい組織が必要であり、ベンチャー企業が向いているという側面がある。

②収益性・成長性の高い領域に自由に参入できる

第二に、既存サービスの制約にとらわれず、収益性・成長性の高い領域に入ることができる「後発者のメリット」がベンチャーにはある。ベンチャーは効率性の高い一領域から参入を行うことが可能であるため、カニバリゼーションや、初期的な教育コストなどを意識せずに、サービス展開を行うことが可能なプレーヤーである。

③消費者に対して中立的なポジションを取れる

第三に、米国などで顕著な傾向であるが、近年の消費者は金融サービスを含めて、極めて中立的で低額のソリューションを求めるようになってきている。価格比較サイトや、口コミサイトなどの利用を通じて、サービスを消費する際の価格や受けられるメリットに対して、非常に厳しい評価を下すようになってきている。金融においても、インターネットの力を使った「消費者の味方」という立場を貫きやすい新興企業が、市場において大きなシェアを握る構造が生まれ始めている。

日本・米国での「Fintech」検索回数

Fintech時代の金融業界に求められる視点

Fintech時代の金融業界に求められる視点

消費者にとって明確でシンプルであること

ベンチャー中心の展開が進む中で、今後の金融サービス産業に求められる視野とは何なのだろうか。

「金融教育」という言葉に表されるように、金融サービスの商品はその必要性や機能を理解することが難しい。ある程度ニーズが自身で理解できていても、投資や保険といった商品の契約の詳細に至る中では、ある程度ブランドやそれに伴う安心感によって、その購入が担保されてきた側面を持っている。

Fintechサービスを通じて、消費者がより主導権を握る世界では、ニーズや取引・商品の理解がより明確で、シンプルとなることが求められていくと考えられる。

明確さ・シンプルさをいかに取り込むか

このような明確さ、シンプルさを、金融機関の店舗サービスやオンラインチャネルにおいて、協業や出資、買収などの選択肢の中でいかに取り込んでいくかが、金融機関のFintechにおける課題である。

スペインの銀行BBVAなどは、自らをソフトウェア会社になるものと宣言した上で、アプリ型の銀行業態において目覚ましい動きを見せるなど、既に大きな舵切りを行っている。

Fintechの主な領域

海外でも、住宅ローンの借り換え(レンディング・プラットフォーム)や、自動低コスト運用(ロボ・アドバイザリー)などの領域は、既に消費者ニーズが明確であるがゆえ、スピード感をもって発展した市場といえる。現在、Fintechが発展している主な領域は以下の6種に分類される。

  • 貸付(P2P、ビッグデータ):個人・中小法人向け貸付
  • PFM・会計サービス:金融取引・資産管理の自動化・分析
  • 資産運用:インデックス・自動リバランス運用
  • 決済:スマホカード決済・EC決済・個人間決済
  • 銀行インフラ:アプリや便利機能を提供
  • 要素技術:新しい技術を用いて既存のシステムを効率化

マネーフォワードのFintechへの取り組み

マネーフォワードのFintechへの取り組み

マネーフォワードは、B2C、B2Bの両面において、お金の流れの可視化と、その先の人生や経営の改善するサービスを運営している。様々な金融機関のデータとの自動連携を行い、情報をユーザーにいかに直感的にわかりやすくするか、また、ソリューションに至るまでのラグ・距離を短縮できるかという点を重視している。

これらは、従来は従属的な立場にあったかもしれない「金融情報」の「自分ゴト化」ともいえる動きであり、より合理的・効率的な意思決定を下せるプレーヤーが一人でも増えることを狙いとしている。

データ連携のさらなる進化を目指して、金融機関や様々なサービス間のAPI連携が重要なものと捉えている。このような動きは、2016年度以降も政策的な検討が進められていく予定であり、今後も動向が注目される。

マネーフォワードのB2C・B2B向けサービス
FinTech・ITカテゴリのオススメの記事
2020年に情シスは何を頑張ったのか? IIJが実施したユニークな調査に注目!

2020年は新型コロナウイルス感染症により情報システム管理者にとってにとっては、「苦労の絶えない1年」となった。本稿では、インターネットイニシアティブが2020年11月に情報システム管理者に対して実施したアンケート調査より何に苦労し何に頑張たっかのかを紹介する。

4つの方式を比較――クラウドサービスの通信接続はどうすれば安定化できるか

クラウドサービスを利用する上でIT管理者を悩ませる課題に、通信負荷がある。ユーザーの利用頻度によっては “ネットワーク負荷を要因とするパフォーマンスダウン” が生じてしまう。通信負荷を回避する、あるいは軽減・分散する仕組みは不可欠である。本稿では、インターネットイニシアティブがまとめたホワイトペーパー「クラウドサービスの通信負荷を解消――4つの方式比較資料」から、通信負荷のボトルネックを解消するための方式として4つの選択肢を解説する。

オンライン型ファクタリング中小事業者向けが台頭

近年、中小事業者向けにオンライン上で債権買い取りサービス提供を行う事例が増えている。オンライン型ファクタリングの特長は、AI(人工知能)などのテクノロジーを活用することで、小規模法人・個人事業主が保有する1,000万円以下の少額債権をカバーできるという点である。本稿では、国内初のオンライン完結型サービスの提供を開始したOLTAの武田氏がオンライン型ファクタリング概況について解説する。

資本市場のデジタル化と投資家の権利保全の両立

三菱UFJフィナンシャル・グループが証券と資金の決済を自動化する「Progmat(プログマ)」の開発に取り組んでいる。Progmat実現後に可能となることや、フラットフォームとしての特徴・展望について三菱UFJ信託銀行 経営企画部 FinTech推進室 調査役の齊藤達哉氏に話を聞いた。

瀧 俊雄 氏 【 寄稿 】
株式会社マネーフォワード
Fintech 研究所長

瀧 俊雄 氏

The Finance をフォローする
注目のセミナー すべて表示する