1. HOME
  2. FinTech・IT
  3. オンライン型ファクタリング中小事業者向けが台頭

オンライン型ファクタリング中小事業者向けが台頭

近年、中小事業者向けにオンライン上で債権買い取りサービス提供を行う事例が増えている。オンライン型ファクタリングの特長は、AI(人工知能)などのテクノロジーを活用することで、小規模法人・個人事業主が保有する1,000万円以下の少額債権をカバーできるという点である。本稿では、国内初のオンライン完結型サービスの提供を開始したOLTAの武田氏がオンライン型ファクタリング概況について解説する。

オンライン型ファクタリング中小事業者向けが台頭
  1. 技術活用で少額債権をカバー
  2. 銀行はFinTech企業と提携
  3. 事業者の「市場育成」の動き

技術活用で少額債権をカバー

債権の流動化を目的としたファクタリングは以前から存在していたが、近年、中小事業者向けにオンライン上で債権買い取りサービス提供を行う事例が増えている。対面・オフラインの手続きを前提とする従来のファクタリングでは、費用対効果の観点から中堅企業以上が保有する億円規模以上の債権がその主たる対象だった。

オンライン型ファクタリングの特長は、AI(人工知能)などのテクノロジーを活用することで、小規模法人・個人事業主が保有する1,000万円以下の少額債権をカバーできるという点だ。米国では、日本に先駆け2012年ごろから同種のサービスが登場。代表格はBlue VineやFund boxなどのFinTech企業だ。欧州・アジアの各国でもそれぞれの商習慣に合わせ、様々なサービスが台頭している。

国内でも、2017年に筆者が副社長を務めるOLTAが国内初のオンライン完結型サービスの提供を開始したのを皮切りに、マネーフォワードグループのMFKESSAI、GMOペイメントゲートウェイ、フリーナンス、ヤップなどFinTech各社がサービスを提供している。

フリーナンスとヤップは、ともに個人事業主の資金繰りを支援するファクタリングを提供しているが、前者は保険などのサービスメニューで幅広くニーズに対応する。また後者は2020年7月に1.3億円の資金調達を行うなど今後の成長が期待される。

銀行はFinTech企業と提携

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、社会全体がDX(デジタルトランスフォーメーション)やオンライン化に向け急速に変化していくだろう。金融機関においても、こうしたDXやオンラインサービスへの移行が社会的に求められていくことが予想される。

筆者は特に、以下の3点がポイントになると考えている。

  • 短期・少額の運転資金ニーズ対応
  • 書類・印鑑文化からの脱却
  • 感染症拡大リスクの抑制

金融機関が、オンライン型ファクタリングを法人顧客向けの商品ラインアップに加えることで、小規模法人・個人事業主の運転資金ニーズに機動的に対応することが可能となる。書類や押印を伴わず、契約もオンライン完結であるサービスによって感染リスクも抑制できる。行員や顧客の感染リスクを抑制しながら、中小企業の資金調達支援ができるというわけだ。

実際、FinTech企業と提携する形でオンライン型ファクタリング事業に参入する金融機関の事例も増えている。OLTAでは、新生銀行、群馬銀行、十六銀行と国内初となるオンライン型ファクタリングの共同事業を提供しているほか、山陰合同銀行と実証実験を行うなど金融機関との提携が進んでいる。

またMFKESSAIも、福岡銀行と共同事業に向けた実証実験を始めたほか、広島銀行、静岡銀行とビジネスマッチング契約を締結するなど同じく金融機関との提携に積極的だ。

事業者の「市場育成」の動き

新しいカテゴリであるがゆえに、健全な市場形成に向け業界が一丸となって取り組んでいくことも必要だろう。2020年7月15日には、オンライン型ファクタリングを提供するFinTech各社が共同で「安心してご利用いただくための取り組み」を策定するなど、黎明期にある市場を支える企業の「市場育成」の意識も高い。

Fintech協会としては、FinTech企業はもとより金融機関も含めた会員企業各社に対し、情報交換などの機会を創出するなど、市場発展に向けた環境作りに協力していく考えだ。コロナ禍が続く中、DX・オンライン化の流れは止まらないだろう。今後さらに参入企業が増え、オンライン型ファクタリングの社会実装を通じて中小企業金融のDXが進むことを願う。

寄稿
OLTA
取締役副社長 CSO 兼
Fintech協会
幹事長
武田 修一 氏
2017年 OLTA株式会社に創業メンバーとして参画。
製造業・ゲーム/エンタメ業界での知見を活かし、
クラウドファクタリング普及に努める。
FinTech・ITカテゴリのオススメの記事
金融機関から見るSTO(Security Token Offering)の現状と課題

2020年はブロックチェーンを用いたデジタル証券、すなわちセキュリティトークンの発行実験の成果が相次いで公表された。野村総合研究所、大和証券、三井住友信託銀行などが代表的な事例であろう。本稿では、きっかけとなった昨年の金融商品取引法(金商法)改正と現状のスキーム、今後の展望について解説する。

2020年に情シスは何を頑張ったのか? IIJが実施したユニークな調査に注目!

2020年は新型コロナウイルス感染症により情報システム管理者ににとっては、「苦労の絶えない1年」となった。本稿では、インターネットイニシアティブが2020年11月に情報システム管理者に対して実施したアンケート調査より何に苦労し何に頑張たっかを紹介する。

4つの方式を比較――クラウドサービスの通信接続はどうすれば安定化できるか

クラウドサービスを利用する上でIT管理者を悩ませる課題に、通信負荷がある。ユーザーの利用頻度によっては “ネットワーク負荷を要因とするパフォーマンスダウン” が生じてしまう。通信負荷を回避する、あるいは軽減・分散する仕組みは不可欠である。本稿では、インターネットイニシアティブがまとめたホワイトペーパー「クラウドサービスの通信負荷を解消――4つの方式比較資料」から、通信負荷のボトルネックを解消するための方式として4つの選択肢を解説する。

資本市場のデジタル化と投資家の権利保全の両立

三菱UFJフィナンシャル・グループが証券と資金の決済を自動化する「Progmat(プログマ)」の開発に取り組んでいる。Progmat実現後に可能となることや、フラットフォームとしての特徴・展望について三菱UFJ信託銀行 経営企画部 FinTech推進室 調査役の齊藤達哉氏に話を聞いた。

【寄稿】
OLTA
取締役副社長 CSO 兼
Fintech協会
幹事長

武田 修一 氏