1. HOME
  2. 事業戦略
  3. 企業の総務部・人事部の「事業主証明」廃止へ

企業の総務部・人事部の「事業主証明」廃止へ

老後生活の長期化に伴って、公的年金を補完する役割としての私的年金の重要性が増している。一方、ビジネスパーソンの間では、私的年金のひとつである個人型確定拠出年金(iDeCo=イデコ)の注目度が高まっている。2020年5月の年金改革法成立を受け、2022年10月からほぼ全会社員が加入できるようになるイデコの概要と注意点について、NPO法人確定拠出年金教育協会 理事 大江氏に話を聞いた。

企業の総務部・人事部の「事業主証明」廃止へ
  1. 普及阻む企業の手続き負担も2022年10月をメドに緩和へ

普及阻む企業の手続き負担も2022年10月をメドに緩和へ

イデコ加入時に必要な企業側の手続きも、イデコ普及の課題となっている。現行制度では、イデコに加入を希望する場合、企業に「事業主証明」と呼ばれる書類の作成を依頼し、運営管理機関(以下、運管)経由でイデコ実施主体である国民年金基金連合会(以下、国基連)に提出することになっている。NPO法人確定拠出年金教育協会理事の大江加代氏は、この手続きが「国基連、運管、企業、加入を希望する社員の全員に負担をかけている」と指摘する。

イデコには掛け金の上限が定められているが、この上限額は企業型DCや確定給付型年金(DB)に加入しているか否かでも変わる。そのため国基連は、加入時および年1回、企業に現況証明をしてもらう形で加入者の他の年金制度の併用状況を管理している。

大江氏によれば、この証明書類には事業所印を押印する必要があることから、企業が何かの責任を負わされるのではと、担当者が手続きに躊躇してしまうケースもあるという。加えて、そもそも企業の担当者が年金制度のことをよく理解していないことも多く、書類の記入ミスで、何度も書類を運管と往復するケースも散見され、担当者や加入者だけでなく、運管にも負担を強いている。

さらに、事業主証明は転職の都度、転職先企業に作成を依頼する必要があり、イデコの加入後も煩雑な手続きが付きまとう。

そこで厚生労働省は、2020年7月9日に開催した社会保障審議会企業年金・個人年金部会で、全会社員にイデコ利用が拡大する2022年10月を目標に、事業主証明を撤廃する案を示した。DBや企業型DCの記録管理会社と国基連の間で情報を連携してもらい、企業の証明を必要としなくとも加入者のイデコ掛け金の上限が分かるようにする予定だ。同部会に出席した大江氏は、「ネット証券の勃ぼっ興こうや世間のニーズを背景に、2019年からイデコの加入申し込みがネット上でできないかという議論はあった。ネット上での加入手続きは2021年1月から徐々に開始するが、事業主証明がネックになっていた」と議論の背景を語る。

大江氏によれば、事業主証明撤廃には、国基連やDC、DB受託金融機関の大規模なシステム改修など実現までに解消すべき課題が多い。だが大江氏は、「こうした運営面の改革を通じて“普通の人が普通に使える制度”になればいい」と期待を膨らませる。

事業戦略カテゴリのオススメの記事
東証新上場区分が株主優待に与える示唆

2021年2月、東証プライム市場の上場基準が発表された。旧東証1部と大きく異なる部分として、株主数基準が挙げられる。本稿では、東証プライム市場上場基準の注目点から株主優待制度に焦点をあて解説する。

『脱・銀行化』に向けたビジネスモデルの構築 ~「つながる」時代に向けた変革の論点~

今から10年後には、60代までの大多数と、70代の多くがスマートフォンを使いこなす時代が到来する。その社会における個人や企業・組織の活動は、入口がデジタルであり、商品・サービスの提供は、「デジタルが主、リアルが従」でデザインされることになるだろう。データを介して「つながる」社会におけるバンキングはどのような姿になっているだろうか。

サステナブル・ファイナンスはメインストリームになるか

持続可能な社会の実現を金融面でサポートする手法として、「サステナブル・ファイナンス」が注目されている。欧州や米国における地球温暖化防止や気候変動への取り組み拡大、日本では菅首相の2050年の「カーボン・ニュートラル宣言」(排出する二酸化炭素を吸収する二酸化炭素の量以内とし、二酸化炭素の増加を抑制するとの宣言)などを背景に、サステナブル・ファイナンスの市場は拡大しており、2020年の組成額は全世界で前年比倍増の5,443億米ドルに到達した。2021年は、既存事業の脱炭素化に要する資金を調達する「トランジション・ファイナンス」といった新たな切り口も登場し、今後一段と広がりを見せそうだ。本稿では、サスティナブル・ファイナンスがメインストリームになるか考察する。

コグニザントジャパン 村上申次新社長に聞く顧客の事業を起点とするDX推進~強みは〝マルチナショナル人材〟

コグニザントジャパンでは1月4日付で村上申次氏が新社長に就任した。今後はIT業界で30年以上にわたりマネージドサービス、モバイル通信、事業開発、市場参入戦略を統括してきた経験を生かし、コグニザントが世界の中でも成長市場と位置付ける日本での事業をけん引していく。日本の保険会社に対しては、特にデジタルトランスフォーメーション(DX)とカスタマーエクスペリエンス(CX)に注力し、同社ならではの「顧客の事業を起点としたデジタル改革」を推進していく方針だという。同氏に就任の所感や今後の計画について聞いた。

【インタビュー】
NPO法人確定拠出年金教育協会
理事

大江 加代 氏