1. HOME
  2. FinTech・IT
  3. APIとは?FinTechで加速するAPI公開とオープンイノベーション

APIとは?FinTechで加速するAPI公開とオープンイノベーション

FinTechへの関心の高まりとともに、「API」という言葉をよく聞くようになった。優れた仕組みを手軽に利用できるAPIは、利用者に大きなメリットをもたらすが、多大なコストをかけて開発した仕組みを公開することは、開発側の企業にいかなるメリットをもたらすのか。API公開とFinTechでの活用について、非エンジニア向けに分かりやすく説明する。

APIとは?FinTechで加速するAPI公開とオープンイノベーション
  1. APIとは?
  2. なぜAPIを公開するのか
  3. APIを使ったFinTechサービス事例
  4. まとめ
※本稿は株式会社インフキュリオンの許可を得て、転載・編集しています。

APIとは?

APIの定義

API(エーピーアイ)とは「Application Programming Interface(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)」の略。アプリケーションから、OS等のプラットフォームの機能を呼び出して利用するための、橋渡し(インターフェース)となる仕組みのことをAPIと呼ぶ。

例えばGoogleは「Google Maps API」というAPIを公開しており、これを使うことで、スマホアプリ等の製作者はGoogle Mapの機能を呼び出し、利用することができる。

このように、汎用性や利便性が高いプログラムをAPIとして公開することで、同様の機能をゼロから開発するためのコストが削減され、多くのサービスや製品の開発が促進される。

拡大するAPIの公開

APIという概念自体は新しくはない。だが、近年のクラウドやモバイルの急速な普及に後押しされ、様々なコンピュータシステムが相互に連携する機会が増え、API連携によるサービス提供の機会が過去5年間で爆発的に拡大した。

現在、12,000のAPIがWeb上で公開されていると言われ、これは2006年から30倍に増大している。

なぜAPIを公開するのか

なぜAPIを公開するのか

API公開のメリット

APIを公開すると、企業は、自社のITシステムが持つデータやサービスへの外部からのアクセスを許可したことになる。なぜFinTechに絡み、金融機関もAPIを公開すべきという議論がなされているのか。

一般に、API公開のメリットとしては、以下の2点が考えられる。

  • 自社が保有するデータやシステム機能を有償で提供することにより、既存ITシステムを収益源に変えることができる。
  • 自社のデータやシステム機能を組み込んだ新サービスを、外部者が創ってくれるようになるという、オープンイノベーション効果が狙える。

金融分野以外でのAPI公開

金融分野以外のAPI公開企業では、Google、Twitter、Facebook、Netflix、eBayなどが挙げられる。これらは、1日に10億回以上APIを呼び出し処理を行っている。先述のGoogle Maps APIもAPI公開の一例である。

金融分野のFinTechとAPI公開

金融分野では、例えば金融情報サービスのトムソンロイター。2015年に、同社のデータフィードやサービスにアクセスできるElektronという名のAPI群を公開している。

また、金融データフィードに関するFinTechスタートアップとしては米国Xignite社がAPIを公開している。

APIを使ったFinTechサービス事例

2016年5月に米国で開催されたFinovateSpring2016ではすでに、APIによる異業種リアルタイム連携を用いたサービスのデモがいくつか出ている。

FINOVA Financial

Finova Financial https://www.finovafinancial.com/

リアルタイム自動車担保融資。店舗来店不要でスマホ完結の自動車融資に、API連携を活用している。車両情報照会や審査をリアルタイムで実行することができる。

Roostify

Roostify https://www.roostify.com/

リアルタイムで住宅ローン。確定申告アプリとの連携で、スマホ上での住宅ローン申込を円滑に完了させ、リアルタイムで与信審査を行っている。

CUneXus

CUneXus http://cunexusonline.com/

モバイルバンキングを入口とする自動車購入と自動車ローン。ローン事前審査完了済の顧客による、自動車探しと購入、下取り、自動車保険購入までを、APIによるリアルタイム異業種連携で実現が可能となっている。

まとめ

金融サービス利用の裾野を広げ、金融業界を活性化させようという日本のFinTech。スマートフォンはその重要なチャネルだが、データ入力などは大きな障壁となっている。

今回紹介した3社は、異業種とのAPI連携で、スマホ操作の煩雑さを低減し、よりよいUX(ユーザーエクスペリエンス)を実現している。

外部の異業種とのAPI連携を活用したサービスも出現している海外FinTech。日本においても、今後のAPIによるオープンイノベーションに向けて、大きく動いていく年となりそうだ。

転載元:infcurion insight(株式会社インフキュリオン)

FinTech・ITカテゴリのオススメの記事
シンギュラリティとは?シンギュラリティ時代における法務戦略

シンギュラリティ(技術的特異点)が目前に迫ってきた。シンギュラリティにより既存の仕組みは破壊され、再定義を経て飛躍的な成長を迎える。本稿では、シンギュラリティ大学院の数少ない修了生である弁護士が、シンギュラリティが与えるインパクトと今後の法務サービスについて、予想を交え説明する。

FinTechと将来の監査業務~AIとビッグデータが変える監査業務

監査は将来、AI監査としてデータから監査対象企業の取引の傾向等を分析し、テスト条件を提示して自動的に異常な取引を識別することが可能と考えられる。本稿では全5回連載の第4回として、FinTechの監査への影響と、テクノロジーを活用した監査自体の将来像について考察する。

ブロックチェーンの応用が解決するサプライチェーンの課題

FinTech分野の中で大きく注目を集めるブロックチェーン技術。多くの金融機関が実証実験を実施し、本格化が見えてきている状況だ。また、金融分野だけでなくさまざまな領域でも注目を集め始めている。本稿では全5回連載の第3回として、ブロックチェーンの可能性からサプライチェーンプラットフォームの構築、課題、解決策を紹介する。

IoTが変える金融機関の在り方~金融サービスの10年後

IoTがより進化する10年後、金融機関は物理的優位性やブランド名による優位性を失い、デジタルの世界で顧客やAIに選ばれることが必要になる。そのとき、預金や決済、融資、資産運用などのリテール金融はどうあるべきか。本稿は全5回連載の第2回として、IoT時代の生き残りをかけた金融機関の差別化戦略について語る。

【 編集 】

The Finance 編集部

The Finance をフォローする