1. HOME
  2. FinTech・IT
  3. APIとは?FinTechで加速するAPI公開とオープンイノベーション

APIとは?FinTechで加速するAPI公開とオープンイノベーション

FinTechへの関心の高まりとともに、「API」という言葉をよく聞くようになった。優れた仕組みを手軽に利用できるAPIは、利用者に大きなメリットをもたらすが、多大なコストをかけて開発した仕組みを公開することは、開発側の企業にいかなるメリットをもたらすのか。API公開とFinTechでの活用について、非エンジニア向けに分かりやすく説明する。

APIとは?FinTechで加速するAPI公開とオープンイノベーション
  1. APIとは?
  2. なぜAPIを公開するのか
  3. APIを使ったFinTechサービス事例
  4. まとめ
※本稿は株式会社インフキュリオンの許可を得て、転載・編集しています。

APIとは?

APIの定義

API(エーピーアイ)とは「Application Programming Interface(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)」の略。アプリケーションから、OS等のプラットフォームの機能を呼び出して利用するための、橋渡し(インターフェース)となる仕組みのことをAPIと呼ぶ。

例えばGoogleは「Google Maps API」というAPIを公開しており、これを使うことで、スマホアプリ等の製作者はGoogle Mapの機能を呼び出し、利用することができる。

このように、汎用性や利便性が高いプログラムをAPIとして公開することで、同様の機能をゼロから開発するためのコストが削減され、多くのサービスや製品の開発が促進される。

拡大するAPIの公開

APIという概念自体は新しくはない。だが、近年のクラウドやモバイルの急速な普及に後押しされ、様々なコンピュータシステムが相互に連携する機会が増え、API連携によるサービス提供の機会が過去5年間で爆発的に拡大した。

現在、12,000のAPIがWeb上で公開されていると言われ、これは2006年から30倍に増大している。

なぜAPIを公開するのか

なぜAPIを公開するのか

API公開のメリット

APIを公開すると、企業は、自社のITシステムが持つデータやサービスへの外部からのアクセスを許可したことになる。なぜFinTechに絡み、金融機関もAPIを公開すべきという議論がなされているのか。

一般に、API公開のメリットとしては、以下の2点が考えられる。

  • 自社が保有するデータやシステム機能を有償で提供することにより、既存ITシステムを収益源に変えることができる。
  • 自社のデータやシステム機能を組み込んだ新サービスを、外部者が創ってくれるようになるという、オープンイノベーション効果が狙える。

金融分野以外でのAPI公開

金融分野以外のAPI公開企業では、Google、Twitter、Facebook、Netflix、eBayなどが挙げられる。これらは、1日に10億回以上APIを呼び出し処理を行っている。先述のGoogle Maps APIもAPI公開の一例である。

金融分野のFinTechとAPI公開

金融分野では、例えば金融情報サービスのトムソンロイター。2015年に、同社のデータフィードやサービスにアクセスできるElektronという名のAPI群を公開している。

また、金融データフィードに関するFinTechスタートアップとしては米国Xignite社がAPIを公開している。

APIを使ったFinTechサービス事例

2016年5月に米国で開催されたFinovateSpring2016ではすでに、APIによる異業種リアルタイム連携を用いたサービスのデモがいくつか出ている。

FINOVA Financial

Finova Financial https://www.finovafinancial.com/

リアルタイム自動車担保融資。店舗来店不要でスマホ完結の自動車融資に、API連携を活用している。車両情報照会や審査をリアルタイムで実行することができる。

Roostify

Roostify https://www.roostify.com/

リアルタイムで住宅ローン。確定申告アプリとの連携で、スマホ上での住宅ローン申込を円滑に完了させ、リアルタイムで与信審査を行っている。

CUneXus

CUneXus http://cunexusonline.com/

モバイルバンキングを入口とする自動車購入と自動車ローン。ローン事前審査完了済の顧客による、自動車探しと購入、下取り、自動車保険購入までを、APIによるリアルタイム異業種連携で実現が可能となっている。

まとめ

金融サービス利用の裾野を広げ、金融業界を活性化させようという日本のFinTech。スマートフォンはその重要なチャネルだが、データ入力などは大きな障壁となっている。

今回紹介した3社は、異業種とのAPI連携で、スマホ操作の煩雑さを低減し、よりよいUX(ユーザーエクスペリエンス)を実現している。

外部の異業種とのAPI連携を活用したサービスも出現している海外FinTech。日本においても、今後のAPIによるオープンイノベーションに向けて、大きく動いていく年となりそうだ。

転載元:infcurion insight(株式会社インフキュリオン)

FinTech・ITカテゴリのオススメの記事
10年後に生き残るFinTech戦略~ビッグデータ統合社会に備えて

近い将来、家電や建物、道路などあらゆるモノから得たデータが統合され、人工知能(AI)が分析・活用する社会が訪れる。このビッグデータ統合社会においては、プラットフォームプレイヤーとしてビッグデータを握ることが勝利の鍵となる。本稿は全5回連載の第1回として、金融機関のFinTech戦略の向かうべき方向を示す。

国内最先端の金融機関から見るFintechの活用

2016年10月4日~10月7日の4日間、幕張メッセ(千葉県美浜区)にて「CEATEC JAPAN 2016」が開催された。最近注目を集めているAI、Fintech、ロボティクスなどの最先端技術の活用シーンごとにエリアを分け各企業が出展した。その中でThe Financeでは、金融機関で唯一出展した株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)のサービスについて紹介していく。

IoTが金融業界を変える?人と物のデータがFinTechを深化させる

近年、FinTechが大きな注目を集める中で、金融分野におけるIoTの活用は、現在、それほど進んではいない。しかし「ヒトとモノの物理的な事象に関わるデータ」を取得し活用するIoTは、大きなインパクトを金融業界に与える潜在的な力を持つ。本稿では、「IoT×金融」の理解を助けるわかりやすい事例を用い、その姿と可能性に迫る。

人工知能(AI)ビジネスに参入する前に!成功の3要素と勝負のツボ

人工知能(AI)の開発において日本は大きく出遅れた。今後、機械やロボティクスとの融合が進む中で、「ものづくり」が得意な日本はうまく巻き返せるのだろうか。本稿は人工知能の全2回連載の第2回目。日本の製造業が人工知能で勝ち抜くためのポイントに迫る。

【 編集 】

The Finance 編集部

The Finance をフォローする