1. HOME
  2. FinTech・IT
  3. ITコンサルティングやアプリケーション開発で日本企業の「デジタル化」を強力にサポート

ITコンサルティングやアプリケーション開発で日本企業の「デジタル化」を強力にサポート

【PR】コグニザントジャパンは2008年の設立以来、外資系企業の日本法人や内外の多国籍企業にITコンサルティングやアプリケーション開発などを提供している。同社代表取締役社長の竹内友章氏は、「今後はAI(人工知能)サービスに注力していく」と語る。

ITコンサルティングやアプリケーション開発で日本企業の「デジタル化」を強力にサポート

顧客ニーズにきめ細やかに対応

コグニザントジャパンは、米国に本社を構えるグローバルなソリューションプロバイダーのコグニザントの日本法人として誕生以来、保険業界と製薬業界を中心にビジネスを拡大し、2020年2月12日現在では、約750人の社員と約60社の顧客を抱える企業に成長した。

同社代表取締役社長の竹内友章氏は、「生命保険会社は全世界トップ10のうち7社と取引があります。国内の社員の半数以上が外国人というグローバルな環境の中、個々の力を最大限に生かして、お客様のニーズにきめ細やかに対応できることが強みと考えます」と語る。

業務内容は、ITコンサルティングやアプリケーション開発、手組みのメインフレームやサーバー環境、AWS(アマゾン・ウェブ・サービス)やマイクロソフトのアジュール上のクラウドソリューションのほか、企業が所有するメインフレームやサーバーの運用管理、BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)サービスなど、企業のIT関連はほぼ網羅している。

「人口減少などの影響で国内市場の縮小は避けられないと見ています。多くの日本企業はアジアなど海外市場に活路を見出して取り組みを進めていますが、現地の商習慣に即したデジタル技術やITサービスを備えていなければ、想定していた結果を得るのは難しいかもしれません。コグニザントは、世界35の国と地域に営業拠点を構え、約28万人の社員が100カ所以上にわたる開発・デリバリーセンターで様々なサービスを提供しています」(竹内氏)

2017年には、大阪に本社を置くモバイルアプリケーションの開発を得意とするITサービス企業のブリリアントサービス社を買収し、デジタル技術をベースにした企業への提案の幅がさらに広がった。

「2020年2月からはAIに関連したデジタル化のサポートに一層注力していく方針です」(竹内氏)変化が速いAI時代のビジネス展開には、知見と人材と実績を兼ね備えたプロフェッショナルが欠かせない。コグニザントジャパンは、日本企業の頼れるパートナーになるだろう。

コグニザントのグローバルな拠点ネットワーク AIでビジネスの成長と成功を加速する
コグニザントジャパン株式会社
〒102-0083 東京都千代田区麹町2-1 PMO半蔵門
電話:03-4563-8300
URL:https://www.cognizant.com/ja-jp/
Email:info@cognizant.co.jp
コグニザントジャパン株式会社
FinTech・ITカテゴリのオススメの記事
金融機関から見るSTO(Security Token Offering)の現状と課題

2020年はブロックチェーンを用いたデジタル証券、すなわちセキュリティトークンの発行実験の成果が相次いで公表された。野村総合研究所、大和証券、三井住友信託銀行などが代表的な事例であろう。本稿では、きっかけとなった昨年の金融商品取引法(金商法)改正と現状のスキーム、今後の展望について解説する。

2020年に情シスは何を頑張ったのか? IIJが実施したユニークな調査に注目!

2020年は新型コロナウイルス感染症により情報システム管理者ににとっては、「苦労の絶えない1年」となった。本稿では、インターネットイニシアティブが2020年11月に情報システム管理者に対して実施したアンケート調査より何に苦労し何に頑張たっかを紹介する。

4つの方式を比較――クラウドサービスの通信接続はどうすれば安定化できるか

クラウドサービスを利用する上でIT管理者を悩ませる課題に、通信負荷がある。ユーザーの利用頻度によっては “ネットワーク負荷を要因とするパフォーマンスダウン” が生じてしまう。通信負荷を回避する、あるいは軽減・分散する仕組みは不可欠である。本稿では、インターネットイニシアティブがまとめたホワイトペーパー「クラウドサービスの通信負荷を解消――4つの方式比較資料」から、通信負荷のボトルネックを解消するための方式として4つの選択肢を解説する。

オンライン型ファクタリング中小事業者向けが台頭

近年、中小事業者向けにオンライン上で債権買い取りサービス提供を行う事例が増えている。オンライン型ファクタリングの特長は、AI(人工知能)などのテクノロジーを活用することで、小規模法人・個人事業主が保有する1,000万円以下の少額債権をカバーできるという点である。本稿では、国内初のオンライン完結型サービスの提供を開始したOLTAの武田氏がオンライン型ファクタリング概況について解説する。

【 インタビュー 】
コグニザントジャパン株式会社
代表取締役社長

竹内 友章 氏