1. HOME
  2. 金融法務
  3. 日本企業の法的観点から見るBrexit対応の現状と留意点

日本企業の法的観点から見るBrexit対応の現状と留意点

英国が2020年1月31日にEUを離脱し、移行期間に入った。本連載の第2回目となる今回は、法的側面からBrexitに対する日本企業の対応のポイントについて、金久直樹氏が解説する。

日本企業の法的観点から見るBrexit対応の現状と留意点
  1. はじめに
  2. Brexitによる法的枠組みの変更
  3. 各業界の対応

はじめに

2020年1月31日に英国はEU(欧州連合)から離脱した。同年2月1日から移行期間となり(6月末までに延期が合意されない限り)、12月31日まで移行期間が継続し、現状の英EU関係が継続するため、この間はビジネス環境に変化はない。しかし、移行期間内にEUとの間で離脱後の英EU間の関係に関するFTA(自由貿易協定)などが締結されない限り、英国・EU間で関税発生など、「合意なき離脱」と同様の状況に陥るリスクは続く。

英国・欧州に拠点を有する日本企業は、これまでに合意なき離脱に備えた対応策を講じてきた企業も多いが、現状のリスクもふまえた日本企業のBrexit(英国のEU離脱)対応と留意点を解説する。

Brexitによる法的枠組みの変更

英国に適用される法律には、英国議会で制定された英国法と、EUで制定され英国にも適用されるEU法が存在し、移行期間中は従前通りEU法も適用される。移行期間後、原則ではEU法が適用されないことになるが、2018年に制定された英国のEU離脱法に基づき、当面の間は既存のEU法はそのまま英国の国内法として適用される。したがって、英国内の活動に適用される法律のコンプライアンス体制などについては、移行期間後も一定期間は大幅な変更が生じず、対応が不要である分野も多い。

(1)従業員の雇用

EU加盟国間においては人の移動の自由が保障され、EU国民であれば他の加盟国でビザ無しで就労することが可能である。しかし、移行期間後は英国で新たな移民政策が導入されるため、業種を限らず英国拠点でのEU国民の雇用およびEU拠点での英国民の雇用について対策が必要となる。すでに英国に居住しているEU国籍の従業員については一定の条件のもと、永住権の申請が可能であるが、それ以外のEU国民は移行期間後は新たに導入される移民手続きに従い、非EU国籍の従業員と同様のビザ手続きが必要になると考えられる。EU各国で就労している英国籍の従業員については、各国の要件を確認する必要がある。

(2)個人情報保護法制

英国内での個人情報保護法制について、移行期間後はGDPR(EU一般データ保護規則)の直接の適用はなくなるが、EU離脱法の下で同内容の「UK GDPR」が適用されることになる。ただし、英国がEUから見た第三国となることにより、英EU間の個人データの移転については変更が生じる可能性がある。

移行期間中に、EUが英国のデータ法制について十分性認定を行えば、従前通りEEA(欧州経済領域)から英国への個人データ移転が可能であるが、なされない場合は、英・EU拠点においてSCC(標準契約条項)の締結などが必要となる可能性がある。また場合によっては、EU拠点にGDPRに基づく代理人を任命しなければならない可能性がある。

一方、日本から英国へのデータ移転については、個人情報保護委員会の告示に基づき、また、英国から日本へのデータ移転については、十分性認定の効果を維持するための英国の関連法令の手続きの完了により、いずれも移行期間後も円滑な個人データ移転が確保されるため、Brexitによる影響はない。

各業界の対応

(1)製造業

英国に製造拠点を有する企業については、FTAの有無にかかわらず、移行期間終了後は英・EU間で通関手続きが発生するため物流や税関が混乱し、サプライチェーンが寸断されるリスクがある。そのため、在庫の積み増しを行うなど、物流ルートの変更を検討している企業も多い。自動車業界では、部品メーカーも含め英国からの撤退や事業の縮小を決定している企業も存在する。

FTAが締結されない場合、2021年1月以降は英EU間で関税が発生する。また移行期間中は、日EUのEPA(経済連携協定)は英国に適用され、日英に輸入される産品は同協定に基づく税率の適用対象となるが、移行期間期間終了までに日英のEPAを締結・発行できない場合は、関税の減免が受けられなくなる。関税発生も考慮の上、サプライチェーンなどの見直しが急務だ。

(2)金融業の対応

移行期間終了後は、英国で金融業のライセンスを有していればEU域内どこでも営業ができる「単一パスポート」が失われる可能性が高いが、多くの日系金融機関はフランクフルトやアムステルダムへの拠点移転やライセンスの取得を済ませ、事業が継続できる体制を整備している。

寄稿
渥美坂井法律事務所・外国法共同事務所
パートナー ロンドンオフィス代表
在英日本商工会議所理事
金久 直樹 氏
主な取引業務は、金融取引法務、金融規制法、FinTech、M&A、
クロスボーダー取引ほか。
金融法務カテゴリのオススメの記事
投資ファンドに関する最新の法改正動向

投資ファンドをめぐる法制は、投資ビークルとしての利便性の追求と、投資家保護を中心とした理由による規制の必要性との緊張関係から、頻繁に改正を繰り返してきている。今年になって、立て続けに法改正がなされ又はその方向性が定まり、実務に大きく影響する可能性があることから、いずれも未施行の段階ではあるものの紹介したい。

【金融事例から読み解く】内部通報制度活用と不祥事早期発見及び予防策

リーマンショック・LIBOR不正操作事件などを契機として、内外金融規制当局等は不祥事予防に向けた様々な提言を行い、これに対応して金融機関も多くの施策を実施してきた。しかしながら依然不祥事は繰り返されている。こうした状況下、「上場会社における不祥事予防のプリンシプル」などが公表された。この一方、不祥事早期発見の最有力な端緒である内部通報制度については、民間事業者向けガイドライン改正、認証制度創設、公益通報者保護法改正など、その実効性向上に向けた動きが顕著である。そこで、本稿では、金融機関等における不祥事の具体的事例を踏まえつつ、内部通報制度を活用した不祥事・不適切行為の早期発見とその予防策のポイントについて解説する。

金融サービス仲介業への参入の検討ポイントの整理

1つの登録で、銀行・貸金・証券・保険すべての分野のサービスが仲介可能となる新しい「金融サービス仲介業」(「新仲介業」)。2021年6月2日には、同年11月1日から施行されることが発表されるとともに、政令・内閣府令・監督指針等の内容が確定し、参入に向けた具体的な検討が可能な状況になってきた。そこで、本稿では、主に既存の仲介業(銀行代理業、保険募集人・保険仲立人、金融商品仲介業、貸金業)との差異に焦点を当てつつ、新仲介業を検討する際の留意点について簡潔に整理したい。(2021年6月25日 最新情報にアップデート)

令和3年4月施行電気通信事業法の改正と国外事業者に対する法執行の実効性の強化

令和3年4月1日に「電気通信事業法及び日本電信電話株式会社等に関する法律の一部を改正する法律」が施行された。本稿では特に、改正法による国外事業者が電気通信事業を営む場合の規定の整備等について取り上げ、そして、かかる改正と総務省の解釈変更による電気通信事業法の適用対象の拡大を通じた、国外事業者に対する法執行の実効性の強化について解説する。

【 寄稿 】
渥美坂井法律事務所・外国法共同事務所
パートナー ロンドンオフィス代表
在英日本商工会議所理事

金久 直樹 氏