1. HOME
  2. サイバーセキュリティ
  3. ファイルサーバは、どうすれば管理性を落とさずにクラウド化できるか

ファイルサーバは、どうすれば管理性を落とさずにクラウド化できるか

「ハードウェアの管理負荷を無くしたい。」「容量不足を何とかしたい。」こうした思いからファイルサーバのクラウド化を検討する企業が増えている。だが、ァイルサーバの運用管理は、権限管理やバックアップ等、想像以上に複雑である。本稿では、オンプレミスの管理性を維持したままクラウドへ移行したい。そんな希望を叶えるサービスとしてインターネットイニシアティブの提供する「SCCloud with IIJ/ファイルサーバサービス」を紹介する。

ファイルサーバは、どうすれば管理性を落とさずにクラウド化できるか

「ハードウェアの管理負荷を無くしたい。」「容量不足を何とかしたい。」こうした思いからファイルサーバのクラウド化を検討する企業が増えている。ただ、途中で検討がストップしてしまうケースは少なくない。

最たる理由は、管理性である。ファイルサーバの運用管理は想像以上に複雑だ。権限管理ひとつをとっても、組織が変化したり人員増があったりする場合にはその都度アクセス権限を変えなくてはならない。バックアップも煩雑で、ファイル消失のリスクを考慮すると数世代にわたってバックアップ管理する必要がある。多くのIT担当者は、ファイルサーバのクラウド化にあたり「慣れ親しんだ運用が変わるのは困る」と考えるはずだ。しかし、クラウドでは運用の在り方が変わるケースが多く、結果としてこのことが移行を躊躇する要因となってしまうわけだ。

オンプレミスの管理性を維持したままクラウドへ移行したい。そんな希望を叶えるサービスとして、本稿ではインターネットイニシアティブ(以下、IIJ)の提供する「SCCloud with IIJ/ファイルサーバサービス」を紹介する。

資料ダウンロードはこちら

手離れ良くいつもの運用管理でファイルサーバをクラウド化

SCCloud with IIJ/ファイルサーバサービスは、Windows Serverで構築したファイルサーバをクラウド上で利用するサービス。ファイルサーバだけでなく、Active Directoryで構築した認証サーバやWSUS(Windows Server Update Services)も同時にクラウド化することができ、相互連携も容易だ。

そんな同サービスは、「移行に手間がかからない」「運用も変わらない」ことを最大の強みに持つ。具体的には下記の4つの価値をもって、手離れ良くクラウド化を実現することができる。

  1. 使い慣れたファイルサーバをそのままクラウドで提供
  2. 死活監視など面倒なハードウェアの運用が不要
  3. 既存環境からの移行作業も支援
  4. クラウドまでのネットワークも任せられる

[1]でいえば、管理者はこれまで使い慣れたエクスプローラで操作が可能。クォータ管理やスナップショットなども、今までどおり利用できる。

[4]に挙げたネットワーク接続も、同サービスの大きな特徴だ。ファイルサーバのクラウド化に際しては、性能劣化を懸念する声も大きい。対して同サービスは、通信事業者であるIIJが、自社の持つノウハウをもとにネットワーク設計を行ってくれる。ネットワークを理由とする性能低下を最小化することができる点は、ユーザーにとって非常に心強い。

下のリンクからダウンロード資料できるでは、SCCloud with IIJ/ファイルサーバサービスの概要を紹介している。また、今述べた性能に関しても、WAN経由で同サービスへアクセスした際の体感値を測定した検証レポート、性能検証のための設定ガイドなどのエビデンスを公開している。ぜひご覧いただき、ファイルサーバのクラウド化を進めてほしい。

資料ダウンロードはこちら

サイバーセキュリティカテゴリのオススメの記事
ポストコロナ時代にデータセンターはどう活用すべきか

【PR】新型コロナウイルス感染症により、社会の在り方は大きく変わった。また、リモートワークの普及によって多くの企業がシステムのクラウド化を検討している。クラウドとデータセンター、双方の強みとシステムの特性を踏まえながら、基盤整備を進めていくことが求められる。では、データセンター活用の要諦はどこにあるのか。本稿ではColtデータセンターサービスがまとめたホワイトペーパー「ポストコロナにおけるデータセンターの活用方法」から、この点について一部を解説していく。

オープンバンキング時代を乗り切るアプローチ

ジャパンネット銀行は2000年10月の開業から、日本初のインターネット専業銀行として様々なセキュリティ対策を実施してきた。オープンバンキング時代に向けて、どのような備えが必要なのか。本連載の第3回目は、同行 IT統括部長 JNB-CSIRTリーダーの岩本俊二氏に聞いた。

金融業界横断的演習「Delta Wall Ⅳ」の狙いと今後

世界的に注目度の高いイベントは、サイバー攻撃の格好の標的だ。2018年の平昌冬季オリンピックでは、大会の準備期間に6億件、大会期間中に550万件の攻撃があったといわれ、開会式ではWi-Fiなど様々なシステムに障害が起きたと報道された。サイバー攻撃は、大手金融機関のみならず中小金融機関もターゲットになる恐れがある。本連載第2回目の今回は、金融庁総合政策局総合政策課サイバーセキュリティ対策企画調整室長の水谷剛氏に対策のポイントを聞いた。

2020年東京オリンピック・パラリンピック大会に向けた政府の取り組み

2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催が近づいてきた。世界的に注目度の高いイベントは、サイバー攻撃の格好の標的だ。政府や関係府省庁はサイバーセキュリティの確保の準備を進めており、事前対応・事後対応に磨きをかけている。重要インフラ事業者の一つである金融機関にも、一層のセキュリティ向上が求められている。本特集では内閣官房、金融庁、金融機関のそれぞれに取材し、日本のサイバーセキュリティの「2020年東京大会」とその後を考察する。第一回目の今回は、内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局参事官の山城瑞樹氏に、サイバーセキュリティを中心とした取り組み内容などを聞いた。

【 PR 】

インターネットイニシアティブ