【詳しく知りたい人向け】ベンチャーキャピタルの投資先評価

【詳しく知りたい人向け】ベンチャーキャピタルの投資先評価

ベンチャーキャピタルは、未公開株式に投資を行い、投資先のキャピタルゲインを得ることを目的としている。投資先の適切な評価を行うことが重要論点である。本稿は、ベンチャーキャピタルの概要や会計処理等について説明する3回連載の3回目として、ベンチャーキャピタルにおける投資先評価の論点について公認会計士が解説する。

  • 事業戦略
  • 2017/04/21
10分でわかる自動車産業の今後とメガトレンド「MADE」の影響

10分でわかる自動車産業の今後とメガトレンド「MADE」の影響

技術革新が自動車産業に変革をもたらしている。MADE(メイド)と呼ばれる4つのメガトレンド、Mobility、Autonomous、Digitalized、Electrifiedが、既存の自動車産業を再構築していく。本稿では、MADEの全体像と、MADEが金融事業に与える影響について、自動車分野の第一線で活躍するコンサルタントが解説する。

  • 事業戦略
  • 2017/03/31
ベンチャーキャピタルとは?公認会計士が解説するVCの事業と特徴

ベンチャーキャピタルとは?公認会計士が解説するVCの事業と特徴

ベンチャーキャピタルやベンチャーキャピタルファンドは、ベンチャー企業によるイノベーションの促進や経済成長に対し、重要な役割を担っている。本稿は、ベンチャーキャピタルの概要や業種における特徴的な会計処理、内部統制、開示について説明する3回連載の1回目として、ベンチャーキャピタルの事業の概要を説明する。

  • 事業戦略
  • 2017/02/15
X-Tech時代到来!ベンチャー創業時に活用したい支援制度まとめ

X-Tech時代到来!ベンチャー創業時に活用したい支援制度まとめ

FinTechに代表される、IT技術を活用したベンチャー企業の創業が相次いでいる。政府もスタートアップ支援に多額の予算を充てており、創業時には補助金や融資制度などを活用できる。本稿では、ベンチャー企業のスタートアップ支援を手掛ける大江橋橋法律事務所ベンチャーチーム・リーダーの弁護士が、様々な支援制度を解説する。

  • 事業戦略
  • 2017/02/03
迫る変動証拠金規制の導入~地方銀行への調査から見る状況と課題

迫る変動証拠金規制の導入~地方銀行への調査から見る状況と課題

2017年3月1日に変動証拠金規制が完全導入となる。株式会社野村総合研究所が地方銀行中堅行を中心に昨秋ヒアリングを実施した結果、地方銀行は多くの課題と懸念が残されていることが判明した。本稿では、相対的に影響が大きいと思われる地方銀行に焦点を絞り、ヒアリングで得た対応状況や課題認識を整理する。

  • 事業戦略
  • 2017/01/24
注目の成長分野「シェアリングエコノミー」時代の金融機関の役割

注目の成長分野「シェアリングエコノミー」時代の金融機関の役割

シェアリングエコノミーは、その合理性や経済性が評価され、世界中で急速に普及している。2025年には約3,350億ドル規模の市場に成長する見込みであり、金融分野でもソーシャルレンディングなどの新たなシェアリングサービスが誕生している。本稿では、シェアリングエコノミー時代における金融機関の役割を予想する。

  • 事業戦略
  • 2017/01/13
二極化する欧米投資銀行のデリバティブ事業と今後導入される規制

二極化する欧米投資銀行のデリバティブ事業と今後導入される規制

欧米投資銀行のB/S内容は改善してきたが、今後導入が予定されるレバレッジ比率規制やトレーディング勘定の抜本的見直しは、デリバティブ事業拡大の足かせとなる可能性がある。これらを受け、投資銀行の取り組みは二極化が顕在化してきた。本稿では、デリバティブ事業をめぐる投資銀行の動きを概観する。

  • 事業戦略
  • 2016/12/13
アジアに対するインフラ輸出推進戦略は日本経済の切り札となるか

アジアに対するインフラ輸出推進戦略は日本経済の切り札となるか

経済成長に伴うインフラ整備の需要が、アジアを中心に高まってきている。日本政府も成長戦略の一環としてインフラ輸出を推進しており、受注実績も伸びてきている。中国やインドなどの新興国の参入による競争の激化や、民間資金の導入の必要性など、課題も残されている中、いかにインフラ輸出戦略を進めるのか。概要を読み解く。

  • 事業戦略
  • 2016/10/06
インバウンド消費が変わる?爆買い終了とインバウンド観光の未来

インバウンド消費が変わる?爆買い終了とインバウンド観光の未来

2015年後半以降、訪日客によるインバウンド消費の減速感が強まっている。訪日客数が底堅く推移する一方、一人当たり支出の減少が顕著だ。この背景には、円安傾向の一服や免税対象品拡大などの政策効果の一巡がある。今後の一人当たり支出の底上げに向けて、買物だけでなくサービス消費の取り込みがカギとなる。

  • 事業戦略
  • 2016/10/04
スマート農業とは?IoT×農業が変えるアグリビジネスの未来

スマート農業とは?IoT×農業が変えるアグリビジネスの未来

スマート農業が日本の農業を救うかもしれない。通信機器と小型センサーで最適な時期を見極め自動で収穫をする収穫ロボットや、様々な地形で活躍する農業用ドローン、農地を自動で走る自動運転農機、温室を一定の環境に保つ環境制御技術など、スマート農業は農業の生産性に革命をもたらす技術となりえるのか。本稿は、その概要と課題に迫る。

  • 事業戦略
  • 2016/09/21
企業のためのデジタルマーケティングのすすめ-潮流と全体像を学ぶ

企業のためのデジタルマーケティングのすすめ-潮流と全体像を学ぶ

デジタルマーケティングは、ただホームページを構えるだけの時代から、顧客一人ひとりを認識し、その生涯価値を高めるツールへと進化した。オムニチャネルを活用してカスタマーエクスペリエンス・ジャーニーを創出し、ビッグデータを駆使して効率的な施策を実施する。本稿では、その全体像をわかりやすく解説する。

  • 事業戦略
  • 2016/09/15
欧米の大手医療機器メーカーに学ぶ勝ち続けるための海外展開戦略

欧米の大手医療機器メーカーに学ぶ勝ち続けるための海外展開戦略

医療産業は世界的に高い市場成長率を誇る一方、国内の医療機器メーカーは、欧米の強力なプレイヤーに水をあけられている。その差は、欧米の医療機器メーカーの優れた国際展開戦略により、生み出されている。本稿では、「対象国の課題解決を通じて、その国の市場に深く入り込む」欧米流の国際展開戦略を学ぶ。

  • 事業戦略
  • 2016/09/13
GPIFの5兆円損失は何が問題か。報道されない運用成果の中身とGPIFの目的

GPIFの5兆円損失は何が問題か。報道されない運用成果の中身とGPIFの目的

2015年度に5兆円の損失を出したとして注目を集めたGPIFが、8月26日に第1四半期の運用状況を公表した。5兆円の損失と言うと大問題に聞こえるが、140兆円の運用資産に占める割合は3.6%と低く、2012~2014年には計36兆円もの収益を上げている。GPIFの運用成果は本当に糾弾されるべきものなのだろうか。公表されたデータを踏まえ読み解く。

  • 事業戦略
  • 2016/09/08
地方銀行と第二地方銀行の経営指標分析とマイナス金利政策下の戦略

地方銀行と第二地方銀行の経営指標分析とマイナス金利政策下の戦略

マイナス金利政策の中、地方銀行はどのような戦略をとるべきなのか。本稿では全国地方銀行協会「地方銀行決算の概要」と第二地方銀行協会「第二地銀協地銀の決算の概要について」の資料をもとに、地方銀行および第二地方銀行における5年間(2011~2015年度)の主要経営指標の分析を行う。

  • 事業戦略
  • 2016/09/06
共通ポイントが熱い!ポイントプログラムに迫るマルチポイントの波

共通ポイントが熱い!ポイントプログラムに迫るマルチポイントの波

共通ポイントと呼ばれるポイントプログラムへの参入が相次いでいる。ポイントプログラムは顧客の囲い込みなど多くのメリットを持つ一方、利用者にとって魅力的でなければ成功はしない。そんな中、排他的契約をせず効率的に加盟店を増やしていくマルチポイント化が新たな流れを作りつつある。共通ポイントはどこへ向かうのか、読み解いていく。

  • 事業戦略
  • 2016/07/28
The Financeについて

The Financeは、金融業界のビジネスマンのためのウェブマガジンです。

金融業界向けの講演を数多く手掛ける有名講師陣のご協力により、どこよりも実践的な情報を掲載して参ります。