1. HOME
  2. FinTech・IT
  3. 【連載インシュアテック】保険×ITの市場・分類・技術

【連載インシュアテック】保険×ITの市場・分類・技術

テクノロジーの進化が産業に与えるインパクトは計り知れない。それは、保険業界にも当てはまることだ。The FinanceではインシュアテックとブロックチェーンのスタートアップであるiChainの後藤氏による「インシュアテックを加速させるテクノロジー」と題した連載を開始する。本稿では、日本における保険市場からインシュアテックを加速させるテクノロジーを紹介する。

【連載インシュアテック】保険×ITの市場・分類・技術
  1. インシュアテック(保険×IT)の台頭
  2. 日本の保険市場
  3. インシュアテックのカテゴリー
  4. インシュアテックをとりまくテクノロジー
  5. インシュアテックの進む方向性

インシュアテック(保険×IT)の台頭

2017年はFinTechがバズワードとなり市民権を得た。これは一時的なムーブメントではなく、監督官庁である金融庁を巻き込み業界全体でオープンテクノロジーへのトランスフォーメーションが行われたことで、多くのベンチャー企業も参加することが可能になった。

2018年も折り返し地点になるが、今年に入ってから保険事業者およびスタートアップベンチャーなどによる保険事業のITトランフォーメーションであるインシュアテック(保険 ✕ IT)が動き始めており多くのメディアに取り上げられている。

日本の保険市場

日本在住の18歳から69歳の8割以上が生命保険に加入している。このような中で生命保険文化センターが行った「平成28年度 生活保障に関する調査」にて「日常生活や将来の生活や健康に対して不安に感じていること」としてアンケートをとったところ、自分自身に関する不安については、「自分が病気や事故にあうこと」が58.5%で最も高く、次に「自分の介護が必要となること」がなんと47.6%にのぼっている。このように保険はリスクヘッジの大きな手段となっている。

日本の保険市場(iChain社独自調査)

多くの保険加入者により形成される日本の保険市場の市場規模は莫大な規模である。2016年,2017年の保険事業者の決算を総合してみるとなんとその市場規模は42兆円超。これは2016年タイ王国の名目GDPに匹敵する規模なのである。また年間の新規契約数は損保だけ見ても1億3000万件超であり、日本の保険市場の巨大さがわかる。しかもこの数字に共済や日本郵政の保険は入っておらず、それらを含めると想像を超える市場規模となる。

インシュアテックのカテゴリー

これまでの生命保険のイメージは外交員が将来のリスクの相談に乗りマッチする保険を提案してきた。また、傷害保険についてもクレジットカード会社などから商品案内が郵送され、それを元に選定することなく加入していたのではないだろうか。インシュアテックにより保険商品の選定や保険事業者の業務プロセスが変革されようとしている。

Financial Technology Partnersのカテゴライズ

Financial Technology Partners発行の2017 InsurTech AlmanacによるとInsurTech Landscapeと称してインシュアテックをカテゴライズしている。

1.オンラインディストリビューテクノロジー

保険加入のプロセスがオンラインにトランスフォーメーションしている。単純にオンラインからの加盟だけではなく、オンライン代理店やオンラインでのファイナンシャル・プランナーなどWebベースで保険商品の選定や申込みが実現できる。

2.データ&アナリティクス

ビッグデータを元にしたデータ解析である。多くの保険事業者の保険証券の分析を実現することで、自分にマッチした保険商品や保険加入者の統計情報が得られる。

3.保険証券管理&保険金支払い

これまで保険事業者の社内システムとしてデータセンター内で運用されてきた業務システムを、セキュリティの担保されたSaaS形式にて提供することで、初期コスト、ランニングコストを抑えることが実現できる。

インシュアテックをとりまくテクノロジー

インシュアテックサービスに適用されるテクノロジー(要素技術)は多方面にわたるであろう。

1.IoT・テレマティクス

自動車・ヘルスケア・ホームオートメーションなど、物によるインターネット + 高速モバイルデータ通信が多くの保険商品とコネクティングが可能になる。

2.AI(人工知能)

日本の保険業法上でどこまで応用できるかが鍵ではあるが、AIチャットボットによる保険商品のリコメンデーションや保険事業者の問い合わせ窓口のチャットボット化など、保険加入者と保険事業者をコネクトするおおきなチャネルになるであろう。

3.ブロックチェーン

保険証券は改ざんの許されないデータであることから、ブロックチェーンを利用しての保険証券管理に向いている。また保険料の収納や保険金請求・支払い管理プロセスについてもブロックチェーンが寄与していくであろう。

4.アナリティクス

複数の保険事業者の保険証券を解析することで、保険事業者に対してマーケティングデータを提供することができるであろう。また。加入保険の保険金請求プロセスのパターンのAI解析により不正請求などを検知することが可能になる。

インシュアテックの進む方向性

このようにインシュアテックによる保険業界へのメリットは計り知れないが、保険加入者(コンシューマー)向けに利便性の高い保険および保険関連サービスを提供するためには、日本のインシュアテックは立ち上がったばかりである。生保、損保、少額短期そしてスタートアップなど事業分野にとらわれず保険業界に関わるステークホルダーのコンソーシアムを組成し金融庁を動かしていく必要がある。

FinTech・ITカテゴリのオススメの記事
金融機関から見るSTO(Security Token Offering)の現状と課題

2020年はブロックチェーンを用いたデジタル証券、すなわちセキュリティトークンの発行実験の成果が相次いで公表された。野村総合研究所、大和証券、三井住友信託銀行などが代表的な事例であろう。本稿では、きっかけとなった昨年の金融商品取引法(金商法)改正と現状のスキーム、今後の展望について解説する。

2020年に情シスは何を頑張ったのか? IIJが実施したユニークな調査に注目!

2020年は新型コロナウイルス感染症により情報システム管理者ににとっては、「苦労の絶えない1年」となった。本稿では、インターネットイニシアティブが2020年11月に情報システム管理者に対して実施したアンケート調査より何に苦労し何に頑張たっかを紹介する。

4つの方式を比較――クラウドサービスの通信接続はどうすれば安定化できるか

クラウドサービスを利用する上でIT管理者を悩ませる課題に、通信負荷がある。ユーザーの利用頻度によっては “ネットワーク負荷を要因とするパフォーマンスダウン” が生じてしまう。通信負荷を回避する、あるいは軽減・分散する仕組みは不可欠である。本稿では、インターネットイニシアティブがまとめたホワイトペーパー「クラウドサービスの通信負荷を解消――4つの方式比較資料」から、通信負荷のボトルネックを解消するための方式として4つの選択肢を解説する。

オンライン型ファクタリング中小事業者向けが台頭

近年、中小事業者向けにオンライン上で債権買い取りサービス提供を行う事例が増えている。オンライン型ファクタリングの特長は、AI(人工知能)などのテクノロジーを活用することで、小規模法人・個人事業主が保有する1,000万円以下の少額債権をカバーできるという点である。本稿では、国内初のオンライン完結型サービスの提供を開始したOLTAの武田氏がオンライン型ファクタリング概況について解説する。

【 寄稿 】
iChain株式会社
取締役 COO

後藤 康成 氏