Real Estate Tech(不動産テック)とは?FinTechに続く大改革

Real Estate Tech(不動産テック)とは?FinTechに続く大改革

FinTechに続き、Real Estate Tech(不動産テック)が勃興しつつある。世界的に見てもデジタル化が遅れていた不動産業界にイノベーションが起ころうとしている。海外ではビッグデータ解析やAI(人工知能)などの先進的な技術を用いたReal Estate Techが大型の資金調達に成功している。Real Estate Techの現状と概要を知り、今後の展開を予測する。

  • FinTech・IT
  • 2016/04/13
最新のオペレーショナルリスク規制とオペリスク所要自己資本

最新のオペレーショナルリスク規制とオペリスク所要自己資本

オペレーショナルリスク規制が抜本的に簡素化される。今後、先進的計測手法(AMA)が除外され、標準的手法(SMA)も大きく改定される。多くの金融機関にて、オペレーショナルリスク管理の高度化を再考する必要が出てくるだろう。本稿は、新たなオペリスク所要自己資本の算定方法について概説する。

  • 金融法務
  • 2016/04/06
金融庁が語る資産運用の高度化とフィデューシャリー・デューティー 後編

金融庁が語る資産運用の高度化とフィデューシャリー・デューティー 後編

金融庁 総括審議官 小野尚氏がフィデューシャリー・デューティーを語る、全2回連載の本シリーズ。現役総括審議官へのインタビューを通し、金融庁の考えに迫る。後編では、フィデューシャリー・デューティーが法律でない理由や、情報提供の必要性、アベノミクスとの関係などについて解説する。

  • 金融法務
  • 2016/03/30
金融庁が語る資産運用の高度化とフィデューシャリー・デューティー 前編

金融庁が語る資産運用の高度化とフィデューシャリー・デューティー 前編

金融庁 総括審議官 小野尚氏がフィデューシャリー・デューティーを語る、全2回連載の本シリーズ。現役総括審議官へのインタビューを通し、金融庁の考えに迫る。前編では、フィデューシャリー・デューティーの必要性から実践のための5つのテーマまでを解説する。

  • 金融法務
  • 2016/03/23
仮想通貨が貨幣になる – 資金決済法の改正と世界の最新動向

仮想通貨が貨幣になる – 資金決済法の改正と世界の最新動向

今国会に提出される予定の仮想通貨に関する法案で、金融庁により資金決済法が改正され、ビットコインに代表される仮想通貨を「貨幣」と定義する方向性が示された。それに伴い、仮想通貨取引所が登録制に、金融庁が監督官庁となる。仮想通貨を取り巻く国内外の最新動向をIT専門の弁護士が解説する。

  • 金融法務
  • 2016/03/15
農協改革とTPPが変えるJAバンクの未来像

農協改革とTPPが変えるJAバンクの未来像

農協が史上稀にみる変動に遭遇している。農協改革とTPPの12ヵ国合意である。この大変動は、農協のみならずJAバンクにも多大な影響をもたらす。2012年に米韓FTAを発効させた韓国では大規模な農協改革が行われ、農協が中央会・経済持株会社・金融持株会社に分割された。これを受け、JAバンクが直面する課題と今後の業態選択について予測する。

  • 事業戦略
  • 2016/03/08
マイナンバーが鍵を握るFinTechと犯収法上の本人確認

マイナンバーが鍵を握るFinTechと犯収法上の本人確認

金融サービスを提供するFinTech企業が犯収法上の特定事業者に当たる場合、顧客の本人確認が必要となる。FinTech企業がオンラインで本人確認を行うためには、マイナンバーの公的個人認証サービスが有効だが、現時点でマイナンバーカードは十分に普及していない。本人確認をどう扱うべきか。FinTech協会監事が解説する。

  • 金融法務
  • 2016/02/17
ブロックチェーンとスマートコントラクトが創る未来の決済ビジネス

ブロックチェーンとスマートコントラクトが創る未来の決済ビジネス

ブロックチェーンとスマートコントラクトとIoTが未来の自動車を創る。自動車自身がリースや保険の契約を行い、決済情報をセキュアに管理し、給油の頃合と近隣のガソリンスタンドを提案し、飲食店を検索して予約・ナビ・支払いまで済ませる。事例をもとに決済の未来に迫る。

  • FinTech・IT
  • 2016/01/27
The Finance(ザファイナンス)について

The Financeは、金融業界のビジネスマンのためのウェブマガジンです。

金融業界向けの講演を数多く手掛ける有名講師陣のご協力により、どこよりも実践的な情報を掲載して参ります。