改正保険業法とは?何が変わってどう対応するのか、実践マニュアル

改正保険業法とは?何が変わってどう対応するのか、実践マニュアル

改正保険業法が2016年5月29日に施行されるまで半年を切った。保険会社、金融機関を含めた保険代理店は「どのように変わるか」を正しく把握しなければならないが、誤解や過剰な反応も生じている。本稿では、保険業法に精通する弁護士が、関連政省令や金融庁の見解に基づき「改正保険業法とは何か」を詳説する。

  • 金融法務
  • 2016/01/20
反社会的勢力の排除に向けた金融機関の対応とグレーゾーン

反社会的勢力の排除に向けた金融機関の対応とグレーゾーン

反社会的勢力の排除が叫ばれるようになって久しい。金融機関は自らの判断で反社会的勢力を見分けて排除していく必要があるが、警察から情報提供を受けられない場合など、グレーゾーンを合理的に見極め、反社会的勢力と認定・排除することが求められる。本稿は、そうした判断の参考となるよう、事例を交え、反社会的勢力排除について説明する。

  • 金融法務
  • 2015/12/02
マイナンバーはこう収集する!個人番号の収集方法、最終チェック

マイナンバーはこう収集する!個人番号の収集方法、最終チェック

2016年1月から個人番号の利用が開始され、2018年には改正マイナンバー法の施行も控えている。顧客や従業員、扶養家族、取引先、株主、出資者など、金融機関では大量の個人番号を扱うことになるが、それぞれの収集方法について十分に整理できているだろうか。本稿では「個人番号収集の実務」について解説する。

  • 金融法務
  • 2015/11/11
情報漏えい事案に備えた情報管理措置と法的責任

情報漏えい事案に備えた情報管理措置と法的責任

近時、立て続けに大きな情報漏洩事件が起こっている。大手教育・情報企業、大手家電メーカー、日本年金機構の個人情報・営業機密の漏えい事件が記憶に新しい。これらの企業・組織は、情報セキュリティ、個人情報の管理で甚大な経済的な損失を受けた。情報漏洩インシデントは、企業もその役員個人も法的な責任を問われる。これらの法的責任を回避するために、金融機関はどう備えるべきなのか。改正個人情報保護法を踏まえ金融機関の対策に迫る。

  • 金融法務
  • 2015/10/14
改正犯収法で何が変わる?改正内容のポイントと金融機関の対応

改正犯収法で何が変わる?改正内容のポイントと金融機関の対応

マネーロンダリングをめぐる状況を受けて、犯罪収益移転防止法(犯収法)が改正された。2年以内の施行される見通しの改正犯収法に対し、金融機関はいかに備えるべきか。事務や帳票、システム等、金融機関の実務対応に迫る。

  • 金融法務
  • 2015/09/24
金融機関のマイナンバー対応とビジネスチャンス

金融機関のマイナンバー対応とビジネスチャンス

2015年10月からマイナンバー制度が導入される。特定個人情報に関する厳しい制限が課される一方、共通番号のマーケティング活用に期待が集まっている。本稿では、金融機関が効率的に制度対応するための事前検討事項と、金融機関ならではのビジネスチャンスをまとめて紹介する。

  • 金融法務
  • 2015/09/24
The Financeについて

The Financeは、金融業界のビジネスマンのためのウェブマガジンです。

金融業界向けの講演を数多く手掛ける有名講師陣のご協力により、どこよりも実践的な情報を掲載して参ります。