確定拠出年金(DC)とは?確定拠出年金改正の3つのポイント

確定拠出年金(DC)とは?確定拠出年金改正の3つのポイント

2016年5月24日、確定拠出年金(DC)制度の改正法が成立した。公的年金のスリム化が進む中、私的年金として補完的な役割を担う。今回の改正では、対象拡大や利便性向上、運用改善への取り組みなど、大幅な制度の見直しが行われた。一方で、加入者に対する投資教育についての課題も残されている。確定拠出年金はどう変わるのか、読み解く。

  • 金融法務
  • 2016/11/02
消費者契約法とは?消費者契約法改正のポイントと金融機関の対応

消費者契約法とは?消費者契約法改正のポイントと金融機関の対応

平成28年5月25日に、「消費者契約法の一部を改正する法律」(以下「本改正法」という)が成立し、同年6月3日に公布された。本改正法は、一部を除き平成29年6月3日から施行されるが(附則1条本文)、金融機関をはじめとする事業者としては、今回の改正を契機として、自社の勧誘方法や契約条項の内容について、改めて総点検することが重要であろう。本稿では、本改正法のポイントと対応について説明する。

  • 金融法務
  • 2016/10/26
改正金融商品取引法とは?弁護士が解説する適格機関投資家等特例業務制度改正の対応ポイント

改正金融商品取引法とは?弁護士が解説する適格機関投資家等特例業務制度改正の対応ポイント

平成28年3月1日に金融商品取引法が改正された(以下「本改正」という。)。本改正では、適格機関投資家等特例業務(いわゆるプロ向けファンド規制)について、届出における記載事項や添付書類が拡充されるほか、一般投資家の範囲の制限や行為規制の拡充なども行われている。本改正は多くのファンド事業者に影響を与えるため、対応方法を正しく理解する必要がある。従来の金融商品取引法から何が変わり、どのように対応すべきなのか、弁護士が実務に即して解説する。

  • 金融法務
  • 2016/10/13
ガス事業法改正で何が変わる?改正内容と小売事業者の義務の概要

ガス事業法改正で何が変わる?改正内容と小売事業者の義務の概要

2017年4月に改正ガス事業法の施行が予定されている。これまで事業許可・料金規制の対象となってきた小口向け小売供給が全面自由化され、ライセンス制度の導入・ガス製造事業の導入なども合わせて行われる。本稿では、ガス事業法の改正の概要と、ガス小売事業者に生じる義務の概要について解説する。

  • 金融法務
  • 2016/09/28
弁護士が解説する犯罪収益移転防止法の実務対応<総まとめ後編>

弁護士が解説する犯罪収益移転防止法の実務対応<総まとめ後編>

平成26年犯罪収益移転防止法改正の施行日である平成28年10月1日がいよいよ間近に迫ってきた。本稿は、犯罪収益移転防止法に対する金融機関の実務対応についての2回連載の第2回。実質的支配者の概念や判断枠組み、本人確認の厳格化などについて、詳説する。

  • 金融法務
  • 2016/08/31
ミャンマー進出と外資規制の最新動向~現地駐在弁護士が詳しく解説

ミャンマー進出と外資規制の最新動向~現地駐在弁護士が詳しく解説

民主化を経て急速に成長しているミャンマー。外資企業がビジネスチャンスを見出し、相次いで進出を始めている。一方、ミャンマーの外資規制は他の国々と大きく異なるため、これを押さえずしてミャンマービジネスを成功させることはできない。本稿では、ミャンマーの外資規制の基礎を学び、ミャンマー進出の参考とする。

  • 金融法務
  • 2016/08/10
弁護士が解説する農地法改正 – 農地法が農業ビジネスに与える影響

弁護士が解説する農地法改正 – 農地法が農業ビジネスに与える影響

農地法が平成28年4月1日に改正された。この改正により、企業の農地所有に対する規制が緩和された。今般の農地法改正では、構成員・議決権要件および役員要件の緩和が中心となっている。農地法改正の内容について詳しく変更点を解説し、企業の農業参入と日本のアグリビジネスの可能性を探る。

  • 金融法務
  • 2016/08/02
弁護士が解説する犯罪収益移転防止法の実務対応<総まとめ前編>

弁護士が解説する犯罪収益移転防止法の実務対応<総まとめ前編>

犯罪収益移転防止法が2016年10月1日に改正される。特定取引の範囲が拡大される、外国PEPs等との特定取引がハイリスク取引に変更されるなど、金融機関の実務に与える影響は小さくない。本稿では、犯罪収益移転防止法に対する金融機関の実務対応について、前後編の2回にわたり詳しく説明する。

  • 金融法務
  • 2016/07/26
航空機ファイナンスの最新マーケット動向とリスク管理

航空機ファイナンスの最新マーケット動向とリスク管理

航空機ファイナンスマーケットが盛況である。魅力的な投融資の対象として参入の検討をしている金融機関も多いはずだ。航空機ファイナンスでは、案件の種類に応じ適切にリスク・リターンをコントロールすることが肝要だ。本稿では、航空機ファイナンスマーケットの動向と、参入にあたり理解しておくべきリスク分析について解説する。

  • 金融法務
  • 2016/07/20
コーポレートガバナンスとは?企業価値を高める仕組み 入門編

コーポレートガバナンスとは?企業価値を高める仕組み 入門編

コーポレートガバナンス・コードにより、コーポレートガバナンスは「会社が、株主をはじめ顧客・従業員・地域社会等の立場を踏まえた上で、透明・公正かつ迅速・果断な意思決定を行うための仕組み」へと進化した。正しいコーポレートガバナンスの運用はステークホルダー全体の利益に繋がる。今、注目のコーポレートガバナンスの全体像を解説する。

  • 金融法務
  • 2016/06/15
弁護士が解説する相続法改正 – 相続法の課題と5つの改正ポイント

弁護士が解説する相続法改正 – 相続法の課題と5つの改正ポイント

相続法の改正が法務省の法制審議会で議論されている。2016年6月には「民法(相続関係)等の改正に関する中間試案」が公表され、いくつかの検討項目が掲げられた。相続法が改正されれば、金融機関の業務への影響も無視できない。本稿では、相続法の概要と課題を概観し、相続法改正の考え方を整理する。

  • 金融法務
  • 2016/06/08
最新のオペレーショナルリスク規制とオペリスク所要自己資本

最新のオペレーショナルリスク規制とオペリスク所要自己資本

オペレーショナルリスク規制が抜本的に簡素化される。今後、先進的計測手法(AMA)が除外され、標準的手法(SMA)も大きく改定される。多くの金融機関にて、オペレーショナルリスク管理の高度化を再考する必要が出てくるだろう。本稿は、新たなオペリスク所要自己資本の算定方法について概説する。

  • 金融法務
  • 2016/04/06
金融庁が語る資産運用の高度化とフィデューシャリー・デューティー 後編

金融庁が語る資産運用の高度化とフィデューシャリー・デューティー 後編

金融庁 総括審議官 小野尚氏がフィデューシャリー・デューティーを語る、全2回連載の本シリーズ。現役総括審議官へのインタビューを通し、金融庁の考えに迫る。後編では、フィデューシャリー・デューティーが法律でない理由や、情報提供の必要性、アベノミクスとの関係などについて解説する。

  • 金融法務
  • 2016/03/30
金融庁が語る資産運用の高度化とフィデューシャリー・デューティー 前編

金融庁が語る資産運用の高度化とフィデューシャリー・デューティー 前編

金融庁 総括審議官 小野尚氏がフィデューシャリー・デューティーを語る、全2回連載の本シリーズ。現役総括審議官へのインタビューを通し、金融庁の考えに迫る。前編では、フィデューシャリー・デューティーの必要性から実践のための5つのテーマまでを解説する。

  • 金融法務
  • 2016/03/23
仮想通貨が貨幣になる – 資金決済法の改正と世界の最新動向

仮想通貨が貨幣になる – 資金決済法の改正と世界の最新動向

今国会に提出される予定の仮想通貨に関する法案で、金融庁により資金決済法が改正され、ビットコインに代表される仮想通貨を「貨幣」と定義する方向性が示された。それに伴い、仮想通貨取引所が登録制に、金融庁が監督官庁となる。仮想通貨を取り巻く国内外の最新動向をIT専門の弁護士が解説する。

  • 金融法務
  • 2016/03/15
The Financeについて

The Financeは、金融業界のビジネスマンのためのウェブマガジンです。

金融業界向けの講演を数多く手掛ける有名講師陣のご協力により、どこよりも実践的な情報を掲載して参ります。