1. HOME
  2. 施行間近の法改正と審議中の改正案 まとめ

施行間近の法改正と審議中の改正案 まとめ

改正資金決済法

平成29年4月1日施行

ポイント 仮想通貨や取扱業者への新規制を導入

▼改正資金決済法についてを詳しく知りたい方はコチラ
弁護士が解説!改正資金決済法と仮想通貨への影響まとめ

改正個人情報保護法

平成29年5月30日施行

ポイント① ビッグデータ活用のための匿名加工情報に関する規制

ポイント② トレーサビリティの確保

ポイント③ 個人情報データベース提供罪の新設

ポイント④ 外国の第三者提供に関する規制

個人情報保護委員会事務局 個人情報保護法の基本

▼改正個人情報保護法についてを詳しく知りたい方はコチラ
改正個人情報保護法とは?改正ポイントと対応方法を総解説

改正銀行法

平成29年3月3日 国会提出

平成29年5月26日 成立

ポイント① 電子決済等業者への登録制の導入

ポイント② 金融機関と電子決済等代行業者との連携・協働・接続に係る基準、オープンAPI

ポイント③公布の日から9カ月後までに、電子決済等代行業者との連携・協働に係る方針を作成し、公表しなければならない

金融庁「銀行法等の一部を改正する法律案」 に関する説明資料

改正金融商品取引法

平成29年3月3日 国会提出

平成29年5月17日 成立

主要部分は、公布から1年以内に施行

ポイント① 取引の高速化への対応

ポイント② 取引所グループ内の共通・重複業務の集約および外国取引所等への出資の柔軟化

ポイント③ 上場会社による公平な情報開示~フェア・ディスクロージャー・ルールの導入

金融庁「金融商品取引法の一部を改正する法律案」 に係る説明資料

債権法に関する改正民法

平成29年5月17日 成立

公布から3年以内に施行

ポイント① 債権の消滅時効

ポイント② 約款に契約としての効力

ポイント③ 公正証書を作成し意思表示をしないと保証は無効

ポイント④ 債権代位権を行使した場合でも債権を行使し弁済を受けることができる

ポイント⑤ 契約書で利率を定めない場合、法定利率が5%→3% 等

民法の一部を改正する法律

新着の記事
BANK4.0時代の到来と国内金融機関への影響 (第1回)

Bank4.0への流れが加速している。この動きは金融機関を取り巻く環境を大きく変化させつつある。本稿では、Bank4.0に至るまでの変遷を振り返り、Bank4.0時代に浸透すると予想される価値観や金融業界への影響を解説していく。

改正入管法の概要と金融機関に求められる実務対応~外国人預金者の在留期間満了や 居住・就労実態把握の手段を確保~

2019年4月1日の改正入管法施行に伴い、今後、日本国内において在留外国人のさらなる増加が見込まれる。政府が外国人材の受け入れ環境整備についてまとめた「外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策」では、金融サービスを、外国人の生活サービス環境の改善などが必要な分野の1つと位置付けている。金融機関は口座開設に応える一方で、不正利用などの危険を軽減する取り組みも求められる。本稿では、改正入管法と在留外国人、そして彼らの金融機関口座に対する対応を取り巻く状況や課題について解説する。

インサイダー取引規制の動向取引推奨行為摘発の活発化

金商法の情報伝達・取引推奨規制が導入されてから6年経過するが、違反による課徴金報告は2019年10月末までに21件出されている。本稿では増加している課徴金勧告事案について、上場企業の対応上の課題、管理規定の見直しの必要性について解説する。

「適応型DLP」で電子メールの セキュリティリスクを自動排除 ~業務の流れは止めずに、機密情報の流出・流入を阻止

【PR】サイバー攻撃や内部不正など「電子メール」を介した情報漏えい事件が多発する中、企業には情報資産を守る適切な対策が求められている。そこで注目度が高まっているのが、情報漏えい対策ソリューションを提供するクリアスウィフトの「Clearswift SECURE Email Gateway」だ。独自のディープコンテンツ検査技術でセキュリティリスクを自動排除する同システムは、国内外の金融機関などで導入が相次いでいる。