1. HOME
  2. 施行間近の法改正と審議中の改正案 まとめ

施行間近の法改正と審議中の改正案 まとめ

改正資金決済法

平成29年4月1日施行

ポイント 仮想通貨や取扱業者への新規制を導入

▼改正資金決済法についてを詳しく知りたい方はコチラ
弁護士が解説!改正資金決済法と仮想通貨への影響まとめ

改正個人情報保護法

平成29年5月30日施行

ポイント① ビッグデータ活用のための匿名加工情報に関する規制

ポイント② トレーサビリティの確保

ポイント③ 個人情報データベース提供罪の新設

ポイント④ 外国の第三者提供に関する規制

個人情報保護委員会事務局 個人情報保護法の基本

▼改正個人情報保護法についてを詳しく知りたい方はコチラ
改正個人情報保護法とは?改正ポイントと対応方法を総解説

改正銀行法

平成29年3月3日 国会提出

平成29年5月26日 成立

ポイント① 電子決済等業者への登録制の導入

ポイント② 金融機関と電子決済等代行業者との連携・協働・接続に係る基準、オープンAPI

ポイント③公布の日から9カ月後までに、電子決済等代行業者との連携・協働に係る方針を作成し、公表しなければならない

金融庁「銀行法等の一部を改正する法律案」 に関する説明資料

改正金融商品取引法

平成29年3月3日 国会提出

平成29年5月17日 成立

主要部分は、公布から1年以内に施行

ポイント① 取引の高速化への対応

ポイント② 取引所グループ内の共通・重複業務の集約および外国取引所等への出資の柔軟化

ポイント③ 上場会社による公平な情報開示~フェア・ディスクロージャー・ルールの導入

金融庁「金融商品取引法の一部を改正する法律案」 に係る説明資料

債権法に関する改正民法

平成29年5月17日 成立

公布から3年以内に施行

ポイント① 債権の消滅時効

ポイント② 約款に契約としての効力

ポイント③ 公正証書を作成し意思表示をしないと保証は無効

ポイント④ 債権代位権を行使した場合でも債権を行使し弁済を受けることができる

ポイント⑤ 契約書で利率を定めない場合、法定利率が5%→3% 等

民法の一部を改正する法律

新着の記事
【連載】地方銀行における持続可能なビジネスモデルの再構築に向けた取組み

本稿では、地方銀行が持続可能なビジネスモデルを構築するために、進めていくべきポイントとなる経営統合・連携・店舗戦略などの課題に対する見直しから、持続可能なビジネスモデルを構築するための具体的な取組み(事業性融資・フィンテック・顧客本位の業務運営)についても解説していく。

デジタルトランスフォーメーション推進におけるデジタル人材育成のためのリスキルの在り方

デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に際し、効率化によって生まれた時間や人材を活用していくためには、新たな役割を定義し、新たなスキルを習得させた上で、付加価値の高い仕事に従事させる必要がある。本稿では、これまでと異なる仕事内容やスキルを習得させ、新たな仕事で活躍させるためにはどのように進めたらよいのか。 DX推進の裏で課題となっている「リスキル」のあるべき姿と推進アプローチについて、伊予銀行の事例を交えながら紹介する。

【連載】地方銀行のガバナンス態勢の課題と再構築に向けた取組み

人口減少、マイナス金利政策など金融機関にとっての経営環境は厳しい状況下にある。中でも、地方銀行の経営環境は厳しく、多くの銀行で減益、赤字となっている状況である。今回、The Financeでは地方銀行のガバナンスおよび持続可能性モデルについて全2回の連載をお届けする。本稿では、不適切融資の事例から見るガバナンス態勢の課題を分析し、態勢整備に向けた重要論点について解説する。

保険会社におけるテクノロジーを活用した顧客起点型ビジネスモデルの実現

保険業界は中長期的な視点で見ると、2つの大きなトレンドが考えられる。「顧客主導型のリスク対応」と「エコシステム主導型の保険販売」という、保険会社にとっての2つの主導権争いである。これらトレンドの進展状況によっては、保険会社はこれまで以上に顧客から選ばれる存在になることが求められるのである。 そのため、保険会社は、顧客起点でビジネスモデルそのものを抜本的に見直し、2つの主導権争いに対応していく必要がある。本稿では、顧客起点型ビジネスモデルの将来像仮説と、その実現に向けた鍵であるテクノロジーについて海外先進事例も交えながら概観する。

注目のセミナー すべて表示する