1. HOME
  2. 施行間近の法改正と審議中の改正案 まとめ

施行間近の法改正と審議中の改正案 まとめ

改正資金決済法

平成29年4月1日施行

ポイント 仮想通貨や取扱業者への新規制を導入

▼改正資金決済法についてを詳しく知りたい方はコチラ
弁護士が解説!改正資金決済法と仮想通貨への影響まとめ

改正個人情報保護法

平成29年5月30日施行

ポイント① ビッグデータ活用のための匿名加工情報に関する規制

ポイント② トレーサビリティの確保

ポイント③ 個人情報データベース提供罪の新設

ポイント④ 外国の第三者提供に関する規制

個人情報保護委員会事務局 個人情報保護法の基本

▼改正個人情報保護法についてを詳しく知りたい方はコチラ
改正個人情報保護法とは?改正ポイントと対応方法を総解説

改正銀行法

平成29年3月3日 国会提出

平成29年5月26日 成立

ポイント① 電子決済等業者への登録制の導入

ポイント② 金融機関と電子決済等代行業者との連携・協働・接続に係る基準、オープンAPI

ポイント③公布の日から9カ月後までに、電子決済等代行業者との連携・協働に係る方針を作成し、公表しなければならない

金融庁「銀行法等の一部を改正する法律案」 に関する説明資料

改正金融商品取引法

平成29年3月3日 国会提出

平成29年5月17日 成立

主要部分は、公布から1年以内に施行

ポイント① 取引の高速化への対応

ポイント② 取引所グループ内の共通・重複業務の集約および外国取引所等への出資の柔軟化

ポイント③ 上場会社による公平な情報開示~フェア・ディスクロージャー・ルールの導入

金融庁「金融商品取引法の一部を改正する法律案」 に係る説明資料

債権法に関する改正民法

平成29年5月17日 成立

公布から3年以内に施行

ポイント① 債権の消滅時効

ポイント② 約款に契約としての効力

ポイント③ 公正証書を作成し意思表示をしないと保証は無効

ポイント④ 債権代位権を行使した場合でも債権を行使し弁済を受けることができる

ポイント⑤ 契約書で利率を定めない場合、法定利率が5%→3% 等

民法の一部を改正する法律

新着の記事
金融行政のこれまでの実践と今後の方針~金融実務における主なポイント【後編】

金融庁が公表した「変革期における金融サービスの向上にむけて~金融行政のこれまでの実践と今後の方針~(平成30事務年度)」。前編では、全体の構成と、平成30事務年度における金融行政の重点施策のうち「デジタライゼーションの加速的な進展への対応」、「家計の安定的な資産形成の推進」、「活力ある資本市場の実現と市場の公正性・透明性の確保」に関する金融実務上のポイントを解説した。本稿、後編ではその他の重点施策について、実務上重要なポイントを解説していく。

Kyash鷹取真一氏が描くキャッシュレス社会の姿とKyashにおける今後の展開

平成30年4月経済産業省は、日本のキャッシュレス社会を推進すべく「キャッシュレス・ビジョン」を公表した。また昨今、異業種の大企業が決済分野に参入するなどプレイヤーが乱立し、キャッシュレス社会に向けた動きが激化している。本稿では、2015年1月に創業しこれまでに総額10憶円を超える資金調達を行い、ウォレットアプリを提供している株式会社Kyash CEOの鷹取真一氏に同氏が描くキャッシュレス社会の姿とKyashにおける今後の展開についてインタビューを実施した。

急増する事業承継におけるM&A~金融機関担当者が押さえておくべき留意点を解説

中小企業における後継者難が顕在化するなか、事業承継を成功させるための有効な手段として、M&Aが考えられている。近年金融機関では、事業承継M&Aの支援を行う部署を新設するなど取組みを強化している。これまでM&Aのアドバイスをあまり行っていない地方金融機関等にとって、M&Aに対する理解・ノウハウを蓄積することは重要だが、事業承継M&Aにおける特有の留意点が存在する。本稿では、事業承継M&Aをサポートするうえで直面する機会が多い点について概観する。

金融行政のこれまでの実践と今後の方針~金融実務における主なポイント【前編】

金融庁は、過去の取組みや現状の課題と、金融行政の方針との関係性をより明確化し、PDCAサイクルに基づく業務運営を強化することを目的に、これまで公表してきた「金融レポート」と「金融行政方針」を一体化させ、平成30年9月26日に「変革期における金融サービスの向上にむけて~金融行政のこれまでの実践と今後の方針~(平成30事務年度)」公表した。本稿では、金融実務に関わるポイントを解説していく。