まとめ

DXの推進や働き方の多様化が進んできた現代において、より一層のセキュリティレベルの向上が求められるようになりました。情報が大きな価値を持つ現在では、情報流出などの事件・事故が発生してしまった場合、社会的な信用は著しく低下してしまいます。また、DXによる業務の変革は、高度なセキュリティなしでは語れません。

こうしたセキュリティレベルの向上の解決の糸口になりうるのが、「ゼロトラスト」と言えるでしょう。近年ではゼロトラストを実現するための製品も増え、多くの業界で活用事例も増えてきました。

中でも高度な情報を取り扱う金融機関においては、高いセキュリティレベルが求められます。現在の金融機関においてゼロトラストの導入や検討は少ないのが実情ですが、

今後もゼロトラストの考え方を理解した上で、自社に適したセキュリティのあり方を検討していくことが重要であると考えられます。