1. HOME
  2. 事業戦略
  3. IFRS第17号の修正に関する公開草案の解説

IFRS第17号の修正に関する公開草案の解説

国際会計基準審議会(以下、IASB)は2019年6月26日、IFRS第17号「保険契約」(以下、IFRS第17号)の修正を提案する公開草案(以下、本公開草案)を公表した。本公開草案は、2017年5月に公表されたIFRS第17号に対して、利害関係者から寄せられた要望や懸念点などを再検討した結果、的を絞った修正を行うこととし、利害関係者からのコメントを得る目的で公表されたものである。本稿では、公表に至るまでの背景と、提出された修正提案における8つの論点を図解で分かりやすく解説する。

IFRS第17号の修正に関する公開草案の解説
  1. 本公開草案公表までの背景
  2. Next Step

本公開草案公表までの背景

IASBは、IFRS第17号のスムーズな導入を支援するため、最終基準化後も移行リソース・グループを設置し適用上の疑問点を検討するなどの活動を行ってきた。この過程でIASBは、IFRS第17号の修正候補として25項目の論点を認識した。修正にあたりIASBは、①情報の有用性を大きく損なう結果にならないこと②既に進められている導入プロセスを過度に混乱させないこと③IFRS第17号の発効日を不当に遅延させないことという要件を設定し、それに沿って審議した結果、8つの論点について修正することとした。本公開草案は、当該8論点に加え、定義や用語の修正も含んだ内容となっている。

Next Step

本公開草案は90日間のコメント募集期間に付され、コメント募集期限は2019年9月25日となっている。IASBに寄せられたコメントを踏まえ、修正後の最終基準であるIFRS第17号が2020年半ばに公表される予定となっている。

25項目の修正候補から8項目に絞った提案であることから、今回の提案以外の項目にもコメントが寄せられることが予想される。

事業戦略カテゴリのオススメの記事
コグニザントジャパン 村上申次新社長に聞く顧客の事業を起点とするDX推進~強みは〝マルチナショナル人材〟

コグニザントジャパンでは1月4日付で村上申次氏が新社長に就任した。今後はIT業界で30年以上にわたりマネージドサービス、モバイル通信、事業開発、市場参入戦略を統括してきた経験を生かし、コグニザントが世界の中でも成長市場と位置付ける日本での事業をけん引していく。日本の保険会社に対しては、特にデジタルトランスフォーメーション(DX)とカスタマーエクスペリエンス(CX)に注力し、同社ならではの「顧客の事業を起点としたデジタル改革」を推進していく方針だという。同氏に就任の所感や今後の計画について聞いた。

バイデン政権誕生で注目される気候変動リスクの開示とSEC委員長にゲンスラー氏を指名

本稿では、バイデン政権誕生により注目されている、企業に対する非財務情報の開示の中でも、特に気候変動リスクに関する情報開示について、証券取引委員会(SEC)のトップに指名されたゲイリー・ゲンスラー氏がどのように考えているかを中心に考察する。

ポストコロナ社会における東京国際金融都市構想の展望

東京都が2017年11月にとりまとめた「国際金融都市・東京」構想を契機に2019年4月に発足され一般社団法人東京国際金融機構(通称FinCity.Tokyo)。本稿では、法人設立準備段階から参画したFinCity.Tokyoのシニアマネジャーの濱川氏がこれまでの取り組みと今後の展望について解説する。

「地銀再編」の先にあるビジネスモデル再構築

独禁法の特例、日銀の支援制度、政府から補助金支給、という3つの施策から地方銀行の再編は不可避な状況下にある。本稿では、地方銀行再編の行く末を考えるとともに、地方銀行が生き残るための戦略について考察する。

【 寄稿 】
有限責任
あずさ監査法人

三輪 登信 氏

【 寄稿 】
有限責任
あずさ監査法人

渡辺 伸哉 氏

The Finance をフォローする
注目のセミナー すべて表示する