国内フィンテック市場拡大への課題と市場拡大へ導くニッポンのポテンシャルとは

国内フィンテック市場拡大への課題と市場拡大へ導くニッポンのポテンシャルとは

フィンテック・スタートアップ企業は、グローバル金融の様々な分野で影響力を拡大しつつあるが、日本はこれまでのところ、成長・投資額の両面で世界主要市場に遅れを取っている。しかし今後、その役割が社会構造変革の牽引役へとシフトする中で、日本は革新的金融テクノロジーの一大発信地となる可能性がある。本稿では、フィンテックにおける日本の現状と今後の可能性について解説する。

  • FinTech・IT
  • 2019/03/12
活用が進むクラウドコンピューティングにおける今後のバンキングサービスの行方

活用が進むクラウドコンピューティングにおける今後のバンキングサービスの行方

銀行のスマートバンキング化の動きが加速している。銀行やフィンテック企業は、最新テクノロジーを活用することによって新サービスを創出し、消費者のお金の使用・管理・運用に変革をもたらそうとしている。本稿では、クラウドコンピューティングに焦点を当て銀行の基幹システムの歴史を振返り、今後のクラウドコンピューティングを活用したバンキングサービスの行方について解説する。

  • FinTech・IT
  • 2019/01/11
情報銀行とは~情報銀行ビジネスの動向と今後の展望

情報銀行とは~情報銀行ビジネスの動向と今後の展望

情報銀行の社会実装が進むことで、従来、情報提供元となる企業に分散管理されていた個人情報が、統合・一元データとして活用されることで、データの付加価値が向上し、企業のマーケティングの高度化、新規サービスの創出等、様々な便益の向上が期待されている。また、2020年までに約1,000億円超の規模に成長するとも言われている。本稿では、情報銀行の概要から今後の展望について解説していく。

  • 事業戦略
  • 2018/12/26
AI・アナリティクスを活用したデータ駆動型バンキングサービス

AI・アナリティクスを活用したデータ駆動型バンキングサービス

銀行のスマートバンキング化の動きが加速している。スマートバンキングはキャッシュレスなどの物理的な利便性に焦点を当てられがちだが、AIやデータアナリティクス、ディープラーニングと組み合わせることで、顧客体験に革命を起こすことができる。スマートバンキングとAIがもたらす銀行とITの未来を読み解く。

  • FinTech・IT
  • 2018/10/15
急拡大するグリーンボンドとは~メリット、要件、国内事例を総解説

急拡大するグリーンボンドとは~メリット、要件、国内事例を総解説

グリーンボンドの市場が急拡大している。2017年の世界での発行額は1,555億米ドルにも上り、国内法人でも100億円規模での発行事例が見られるようになってきた。グリーンボンドは発行する企業にも投資家にもメリットがあり、世界が注目していると言えよう。本稿では、2018年6月に公表されたばかりの2018年版グリーンボンド原則(Green Bond Principles)の内容も含め、全体像をわかりやすく解説する。

  • 事業戦略
  • 2018/07/09
【連載スマートバンキング】サイバーセキュリティの分類と対策

【連載スマートバンキング】サイバーセキュリティの分類と対策

近年、テクノロジーが著しく発展している中、銀行業界もテクノロジーを活用し大きく変貌しようとしている。The Financeでは「スマートバンキング化を支える6つのテクノロジー」と題した連載を開始する。第一回目では、サイバーセキュリティに焦点を当てサイバーセキュリティの分類からテクノロジーを活用した対策について解説する。

  • FinTech・IT
  • 2018/06/26
キャッシュレス化が進む北欧諸国の最新動向とカード決済の今

キャッシュレス化が進む北欧諸国の最新動向とカード決済の今

北欧諸国でキャッシュレス化が進んでいる。デンマークでは小売店の支払いの80%がカード決済にて行われている。コンタクトレスカードも普及し、ATMでの現金引出回数も減少している。日本がキャッシュレス化を進める上で北欧諸国から学ぶことは多い。現地調査から見えた、北欧諸国のキャッシュレス化の取組と最新動向をレポートする。

  • 事業戦略
  • 2017/10/12
地銀再編を読み解く3つのキーワード ~二極化する地銀と未来の姿

地銀再編を読み解く3つのキーワード ~二極化する地銀と未来の姿

地銀再編の動きが活発になっている。既存ビジネスの収益力減少などを背景に地銀の再編が進み、早ければ2020年には総資産20兆円の金融機関が20行の時代が訪れる。どの金融機関の動きが地銀再編に影響を及ぼすのか。本稿では、地銀再編を読み解く重要キーワドを通し、地銀の行方と未来の姿を占う。

  • 事業戦略
  • 2017/09/26
イランビジネスと米国経済制裁 ~注意点と対策まとめ

イランビジネスと米国経済制裁 ~注意点と対策まとめ

2016年1月に経済制裁が緩和され、中東における新たな投資先として注目を集めているイラン。しかし米国の経済制裁は未だ残っているため、イラン進出の際には十分な知識が必要となる。本稿では、現地法律事務所での経験を有する筆者が、米国経済制裁の現状と、イランビジネスの基礎知識と注意すべき点を解説をする。

  • 事業戦略
  • 2017/05/22
【詳しく知りたい人向け】ベンチャーキャピタルの投資先評価

【詳しく知りたい人向け】ベンチャーキャピタルの投資先評価

ベンチャーキャピタルは、未公開株式に投資を行い、投資先のキャピタルゲインを得ることを目的としている。投資先の適切な評価を行うことが重要論点である。本稿は、ベンチャーキャピタルの概要や会計処理等について説明する3回連載の3回目として、ベンチャーキャピタルにおける投資先評価の論点について公認会計士が解説する。

  • 事業戦略
  • 2017/04/21
10分でわかる自動車産業の今後とメガトレンド「MADE」の影響

10分でわかる自動車産業の今後とメガトレンド「MADE」の影響

技術革新が自動車産業に変革をもたらしている。MADE(メイド)と呼ばれる4つのメガトレンド、Mobility、Autonomous、Digitalized、Electrifiedが、既存の自動車産業を再構築していく。本稿では、MADEの全体像と、MADEが金融事業に与える影響について、自動車分野の第一線で活躍するコンサルタントが解説する。

  • 事業戦略
  • 2017/03/31
ベンチャーキャピタルとは?公認会計士が解説するVCの事業と特徴

ベンチャーキャピタルとは?公認会計士が解説するVCの事業と特徴

ベンチャーキャピタルやベンチャーキャピタルファンドは、ベンチャー企業によるイノベーションの促進や経済成長に対し、重要な役割を担っている。本稿は、ベンチャーキャピタルの概要や業種における特徴的な会計処理、内部統制、開示について説明する3回連載の1回目として、ベンチャーキャピタルの事業の概要を説明する。

  • 事業戦略
  • 2017/02/15
X-Tech時代到来!ベンチャー創業時に活用したい支援制度まとめ

X-Tech時代到来!ベンチャー創業時に活用したい支援制度まとめ

FinTechに代表される、IT技術を活用したベンチャー企業の創業が相次いでいる。政府もスタートアップ支援に多額の予算を充てており、創業時には補助金や融資制度などを活用できる。本稿では、ベンチャー企業のスタートアップ支援を手掛ける大江橋橋法律事務所ベンチャーチーム・リーダーの弁護士が、様々な支援制度を解説する。

  • 事業戦略
  • 2017/02/03
迫る変動証拠金規制の導入~地方銀行への調査から見る状況と課題

迫る変動証拠金規制の導入~地方銀行への調査から見る状況と課題

2017年3月1日に変動証拠金規制が完全導入となる。株式会社野村総合研究所が地方銀行中堅行を中心に昨秋ヒアリングを実施した結果、地方銀行は多くの課題と懸念が残されていることが判明した。本稿では、相対的に影響が大きいと思われる地方銀行に焦点を絞り、ヒアリングで得た対応状況や課題認識を整理する。

  • 事業戦略
  • 2017/01/24
注目の成長分野「シェアリングエコノミー」時代の金融機関の役割

注目の成長分野「シェアリングエコノミー」時代の金融機関の役割

シェアリングエコノミーは、その合理性や経済性が評価され、世界中で急速に普及している。2025年には約3,350億ドル規模の市場に成長する見込みであり、金融分野でもソーシャルレンディングなどの新たなシェアリングサービスが誕生している。本稿では、シェアリングエコノミー時代における金融機関の役割を予想する。

  • 事業戦略
  • 2017/01/13
The Financeについて

The Financeは、金融業界のビジネスマンのためのウェブマガジンです。

金融業界向けの講演を数多く手掛ける有名講師陣のご協力により、どこよりも実践的な情報を掲載して参ります。

注目のセミナー すべて表示する