1. HOME
  2. 業務効率化
  3. 場所を選ばず生産性の高いワーク環境を実現する、デジタルワークプレイス構築のススメ

場所を選ばず生産性の高いワーク環境を実現する、デジタルワークプレイス構築のススメ

テレワークを初めとして、オフィスなどの場所に捉われない働き方の整備を推進する企業が増えている。ただ、実態としては種突貫工事的に環境整備を強いられた企業が多く、本来目的とすべき「生産性向上」の観点を忘れてはならない。そんな空間をデジタル上に設ける、「デジタルワークプレイス(DWP)」と呼ばれる環境の構築が、ニューノーマル時代のオフィス環境として不可欠である。本稿では、インターネットイニシアティブがまとめた、DWPの構築には何が必要か、どんな視点を持ってソリューションやパートナーを選定する必要があるかを解説する。

場所を選ばず生産性の高いワーク環境を実現する、デジタルワークプレイス構築のススメ

ニューノーマル時代を迎えたいま、テレワークを初めとして、オフィスなどの場所に捉われない働き方の整備を推進する企業が増えている。ただ、実態としては新型コロナウイルス感染症対応で、ある種突貫工事的に環境整備を強いられた企業が多い。そのため、生産性向上の観点から十分に考慮した上で「場所を問わずに働ける環境」を準備した企業というのは、多くないはずだ。

ビジネスチャットやWeb会議ツールの導入、既存システムの社外アクセス対応などは、あくまで緊急時に対応するためのテレワーク整備である。本来目的とすべき「生産性向上」の観点を忘れてはならない。リアルなオフィスでも、あるいはテレワークでも、生産性を損なわず変わらずに業務が行える。そんな空間をデジタル上に設ける、「デジタルワークプレイス(DWP)」と呼ばれる環境の構築が、ニューノーマル時代のオフィス環境として不可欠だ。

本稿では、インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)がまとめたホワイトペーパーから、DWPの構築には何が必要か、ここにあたりどんな視点を持ってソリューションやパートナーを選定する必要があるかを解説していこう。

資料ダウンロードはこちら

カギとなるのは、セキュリティと運用負担の軽減

DWPの構築にあたっては、企業内にある業務システムのクラウド化したり、社外からのアクセスへ対応するなどが不可欠だ。場合によっては既存システムを一から見直すケースもあるだろう。さらに、これと並行して目を配らせなければならないのが、セキュリティだ。

既述のように、DWPの構築にあたっては業務システムのクラウド化が進められることとなる。必然的に企業で利用されるシステムが社内外に散在することとなり、くわえて完全テレワーク下ではシステムへアクセスするデバイスも、社外のあらゆる場所に分散する形となる。このため、従来のように「ファイヤーウォールの内側と外側」という管理区分ではなく、たとえ外側にあるシステムであってもセキュリティが担保できる仕組みが必要だ。

また、DWPを整備する上で留意してほしいことがある。構築だけでなくその後の運用も含めて計画を進めるということだ。管理や監視対象が大きく広がるため、DWPの運用は担当者への負荷が膨大にかかる。現体制のままDWPを運用しようとすると、人的リソースがパンクしてしまうだろう。

生産性の高いデジタルワークプレイスを構築するには

IT人材不足が叫ばれる中、IT担当者を増員することは現実的とは言えない。DWPの整備には日々の監視・運用管理を簡略化するための方法論が求められる。では、どんな方法が考えられるのか。

IIJが推奨するDWPは、今述べた方法論が織り込まれたものだ。同社はホワイトペーパーの中で、DWPを「企業規模を問わず、システム管理者に負担を強いることなく、誰もが・どこでも・どんなデバイスでも『セキュアかつ快適』に仕事ができる環境」と定義。同環境で必要となる主要コンポーネントとして、以下の5つを挙げている。

  1. 各種クラウドサービスの特性を踏まえた柔軟かつ安定した接続環境
  2. DWPを快適に利用するための専用のプライベートバックボーン、リモートアクセス環境
  3. DWPの機能要素となるサービス群
  4. 情報漏えいリスクを低減するセキュリティ及び認証機能
  5. システムの監視や運用管理を代行して負担軽減するための高品質なマネージドサービス

生産性に直結するネットワーク性能を健全に保つ。ゼロトラストの考え方をもって厳格にセキュリティを監視する。これらが高度に実現できるプラットフォーマーとマネージメントパートナーを選定するのが、DWP整備の肝と言えるだろう。

資料ダウンロードはこちら

業務効率化カテゴリのオススメの記事
コロナ影響でVDIの導入傾向は変わったのか? IIJがVDI利用状況に関する調査レポートを公開

新型コロナウイルス感染症への対応でテレワークの歩みは全国的に広がり、クラウドで仮想デスクトップ(VDI)を提供するDaaSの登場でコスト課題も解消されつつある。VDIに関わる企業の取り組み状況は、この1年で大きく変わったと言えるだろう。本稿では、2020年8月、情報システム管理者と利用者の双方を対象にして、VDIに対する意識調査を実施した調査結果を紹介する。

テレワーク活用時のリスクと留意点

テレワークは、近年、働き方改革の一環として、場所や時間に捉われない柔軟な働き方を志向する企業で導入が進められている。背景には、今後労働人口が減少していく中で、「優秀な人材の確保」が各社の重要な経営課題となっているほか、昨今の自然災害やウイルス対応などで「緊急時のリスク管理対応」の重要性が大きくなっていることが挙げられる。しかし、テレワークの実施にあたっては必ずしもメリットばかりではなく、「情報漏洩の危険性・生産性の低下・労務管理の難しさ・コミュニケ―ション不足」など、様々なデメリットが指摘されている。そこで、以下ではテレワーク活用にあたり、特に意識すべきリスクおよび留意点を解説する。

「ワークスタイル変革」 柔軟で生産性の高い働き方へ

りそな銀行を中核とするりそなグループは、2013年から柔軟で生産性の高い働き方を目指してきた。りそなホールディングス 人材サービス部 グループリーダーの渋谷恒一氏に、取り組みと新型コロナウイルス感染拡大対応を聞いた。

「ワークスタイルイノベーション」で 変化の激しいVUCA時代を乗り越える

損害保険ジャパンは、多様な人材が生産性高く活躍することを目指し、テレワークやシフト勤務をベースにした「ワークスタイルイノベーション」を推進している。人事部企画グループ 主任の奥田麻実氏に取り組み内容を聞いた。

【 PR 】

インターネットイニシアティブ

The Finance をフォローする
注目のセミナー すべて表示する