1. HOME
  2. 2017年9月に開催される金融政策会合等の予定とポイント

2017年9月に開催される金融政策会合等の予定とポイント

ユーロ圏、米国、日本の金融政策決定会合が注目されます。米国では2018年度予算の審議や連邦債務上限のための与野党協議が焦点となりそうです。

予定とポイント

① 9月7日開催 欧州中央銀行(ECB)理事会(欧州)

18年1月以降のテーパリング(量的緩和の縮小)が示唆される見通しです。金額や期間などの詳細の開示は10月と思われます。

ユーロ相場は強含んでいますが、当局がユーロ高に対する強い懸念を示すまでは主要通貨で強含む展開が続きそうです。

② 9月19~20日開催 連邦公開市場委員会(FOMC)(米国)

連邦公開市場委員会(FOMC)がバランスシートの縮小を9月に通知し、10月から開始する見通しです。

バランスシートの縮小に関する基本方針は6月にFOMCで公開されていることから、これに沿った通知内容であれば、市場への影響は限定的と見られます。

③ 9月5日 連邦議会の再開(米国)

焦点は以下の通りです。

  • 2018年度の歳出について何らかの合意にこぎつけ政府閉鎖を避けること
  • 政府債務上限の引き上げ

短期間とはいえ、政府機関の閉鎖が起こるリスクがあります。また、債務上限については最終的に引き上げられる公算が大きいと考えられます。

その他の開催予定

転載元:三井住友アセットマネジメント株式会社
(マーケットレポート・マーケット情報)
※本稿は三井住友アセットマネジメント株式会社の許可を得て、転載・編集しています。

ディスクレーマ ※
・当資料は、情報提供を目的として、三井住友アセットマネジメントが作成したものです。特定の投資信託、生命保険、株式、債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。
・当資料に基づいて取られた投資行動の結果については、当社は責任を負いません。
・当資料の内容は作成基準日現在のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
・当資料に市場環境等についてのデータ・分析等が含まれる場合、それらは過去の実績及び将来の予想であり、今後の市場環境等を保証するものではありません。
・当資料は当社が信頼性が高いと判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
・当資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。
・当資料に掲載されている写真がある場合、写真はイメージであり、本文とは関係ない場合があります。

新着の記事
銀行カードローンが危ない?総量規制の課題と関係機関の動向

多重債務問題の対策として貸金業法に導入された「総量規制」。だが現実には、総量規制の対象外である銀行カードローンが代用手段として利用されている。この状況に日弁連や金融庁が待ったをかけ、全銀協も対策を打ち出している。本稿では、貸金業法上の総量規制を概説し、銀行カードローン問題に対する関係機関の対応を紹介する。

【マイナンバー法改正】預貯金付番制度で変わる6つの実務対応

平成30年1月からマイナンバーと預貯金口座を紐づける「預貯金付番制度」が開始される。預貯金付番制度によって、社会保障制度や税務執行における資力調査や税務調査の実効性が高まると見込まれている。本稿では、預貯金付番制度の概要や背景から、金融機関の6つの実務対応までを弁護士が解説する。

キャッシュレス化が進む北欧諸国の最新動向とカード決済の今

北欧諸国でキャッシュレス化が進んでいる。デンマークでは小売店の支払いの80%がカード決済にて行われている。コンタクトレスカードも普及し、ATMでの現金引出回数も減少している。日本がキャッシュレス化を進める上で北欧諸国から学ぶことは多い。現地調査から見えた、北欧諸国のキャッシュレス化の取組と最新動向をレポートする。

RegTech(レグテック)とは?海外事例に見る規制×技術の可能性

RegulationとTechnologyを掛け合わせた造語「RegTech」。今、この概念が効果的・効率的な金融規制への対応を実現するとして注目を集めており、欧米を中心に新たなサービスが続々と生まれている。RegTechは後手に回っている金融犯罪対策の決め手となるだろうか。概念や背景を説明し、海外の事例を紹介する。