1. HOME
  2. 安全性の高いクラウド型コミュニケーションツール日本語版リリースへ【SYMPHONY社】

安全性の高いクラウド型コミュニケーションツール日本語版リリースへ【SYMPHONY社】

Symphony Communication Services(シンフォニー・コミュニケーション・サービシーズ:以下、シンフォニー)は、9月20日都内で記者会見を開き、月内にも日本語に対応した金融機関向けクラウド型コミュニケーション・プラットフォームの提供を開始することを発表した。

シンフォニーは2014年にグローバルに展開している金融機関15社により共同設立され、現在では25社(金融機関:24社、Google)が出資しており3億ドル以上の資金調達を行い、グローバルに10拠点を構えている。

シンフォニーが提供する金融機関向けクラウド型コミュニケーション・プラットフォームは、統合型メッセージング・ファイル共有・オーディオ/ビデオ会議・画面共有およびワークフローを自動化する機能を搭載しており、世界で340社、約35万人のユーザーに提供している。

最大の特徴は、堅牢な安全性と金融機関に求められる業務上のコンプライアンスに則って設計されているオープン・プラットフォームである。最新の暗号化技術を利用した情報セキュリティやデータ保護において強固な環境を構築している。また、プラットフォーム上から複数のシステムにアクセスすることが可能であり、各種ドキュメントをチャット上で参照することができる。情報管理やガバナンス等様々な面で厳格な金融機関が導入しており、国内ではメガバンク・大手証券会社が導入している。

今後、日本語版のリリースを機に金融機関のみならず、国内企業での導入の機会を広げていく。基本料金は1人当たり月20ドルで、導入企業の規模に応じた手数料を取るという。

新着の記事
【連載】自動運転の最前線~現状と法的課題

自動車メーカーをはじめIT企業など多くの企業が自動運転車の開発を進めている。自動運転技術が開発されても交通ルールや車両安全基準などの法整備を進めなくてはならない。The Financeでは、「自動運転の最前線」と題し、全4回にわたり、現在の自動運転の開発状況を紹介しながら、自動運転技術の実用化をにらんだ法整備の状況を解説していく。第一回目では、進展する自動運転技術とその影響を踏まえつつ、実用化に向けた法整備の現状について解説する。

「お得・便利・悩み解決」の3要素を押さえ ニッチなニーズを掘り起こす

サブスクリプション(以降、サブスク)とは、もともと雑誌や新聞の定期購読を指す言葉だったが、最近はモノやサービス、ソフトウェアやデジタルコンテンツなどを毎月一定額や従量で支払う契約全般を、サブスクリプションサービス/サブスクリプションビジネス(以降、サブスクビジネス)と呼ぶようになった。多様な業種が注目するサブスクビジネスのポイントや今後の展望について関係者に聞いた。

データサイエンティストの技術指標となるKaggle(カグル)とは~Kaggleを活用した新たなビジネス創出

ビッグデータ利活用の環境が整備されつつある中、その担い手となるデータサイエンティストが世界的に注目されて久しい。今や各国の政府が将来の国力を左右する材料として重視し、専門人材の育成に本腰を入れ始めた。データサイエンス人材に関する産官学の動きや、世界最高峰のデータサイエンティストが数多登録するプラットフォーム「Kaggle」などを関係者に聞いた。本稿では、データサイエンティストの技術力指標の一つとして使われている「Kaggle(カグル)」について焦点を当てKaggleの概要から活用事例を紹介しデータサイエンティストチームとの連携ポイントについて解説する。

RPAを最大限活用するための3つのポイントと副次的作用

RPAがコスト削減や業務効率化、或いは働き方改革の救世主として注目されて3年余り。多くの金融機関でも導入が進んだが、当初期待していた効果を得られなかったケースも多いのではないだろうか、今回「RPAブームから見る活用ポイントと次なる活用法」と題した全2回の特集をお届けする。第一回目では、この3年余りのRPAについて総括するともにRPAを最大限活用するためのポイントを大きく3つに分け解説する。

注目のセミナー すべて表示する