1. HOME
  2. 安全性の高いクラウド型コミュニケーションツール日本語版リリースへ【SYMPHONY社】

安全性の高いクラウド型コミュニケーションツール日本語版リリースへ【SYMPHONY社】

Symphony Communication Services(シンフォニー・コミュニケーション・サービシーズ:以下、シンフォニー)は、9月20日都内で記者会見を開き、月内にも日本語に対応した金融機関向けクラウド型コミュニケーション・プラットフォームの提供を開始することを発表した。

シンフォニーは2014年にグローバルに展開している金融機関15社により共同設立され、現在では25社(金融機関:24社、Google)が出資しており3億ドル以上の資金調達を行い、グローバルに10拠点を構えている。

シンフォニーが提供する金融機関向けクラウド型コミュニケーション・プラットフォームは、統合型メッセージング・ファイル共有・オーディオ/ビデオ会議・画面共有およびワークフローを自動化する機能を搭載しており、世界で340社、約35万人のユーザーに提供している。

最大の特徴は、堅牢な安全性と金融機関に求められる業務上のコンプライアンスに則って設計されているオープン・プラットフォームである。最新の暗号化技術を利用した情報セキュリティやデータ保護において強固な環境を構築している。また、プラットフォーム上から複数のシステムにアクセスすることが可能であり、各種ドキュメントをチャット上で参照することができる。情報管理やガバナンス等様々な面で厳格な金融機関が導入しており、国内ではメガバンク・大手証券会社が導入している。

今後、日本語版のリリースを機に金融機関のみならず、国内企業での導入の機会を広げていく。基本料金は1人当たり月20ドルで、導入企業の規模に応じた手数料を取るという。

新着の記事
異業種の金融参入・連携における成功実現の要諦

本連載の第1回では、国内市場における異業種連携の最新動向と、金融サービスの位置付け、連携の実現に向けて初期構想段階に検討すべきポイントなどについて解説した。第2回ではこれを踏まえ、具体的事例として日本郵船の電子通貨事業MarCoPayのCEO 藤岡敏晃様のお話を紹介した。最終回となる今回は、これらを踏まえて準備・実行フェーズにおける課題・ポイント、戦略・システム面での成功の要諦について解説していく。

異業種による金融参入事例〜MARCOPAYの実現に向けた日本郵船の取り組み

本連載の第1回では、国内市場における異業種連携の最新動向と、金融サービスの位置付け、連携の実現に向けて初期構想段階に検討すべきポイントなどについて解説した。第2回ではこれを踏まえ、具体的事例として日本郵船の電子通貨事業MarCoPayのCEO 藤岡敏晃様のお話を紹介していく。

機械学習モデルにおけるカテゴリ変数の数値化手法4選~扱い方から注意点

今回は「機械学習モデル」を使う上でポイントとなるカテゴリ変数の数値化手法に焦点を当て、代表的な4つの数値変換手法、①One hot Encoding、②Label Encoding、③Count Encoding、⑤Target Encodingについて解説するとともに、カテゴリ変数を扱う上での注意点についても解説する。

異業種連携の最新動向と金融サービスのポテンシャル

日本では近年、デジタル化・IoT化の進行などを背景に、産業の垣根の消失と異業種参入・連携が加速している。特に巨大な顧客基盤を持つ大手企業は、本業で得た消費者の嗜好データを活用し、需要の高い様々な業種のサービスを展開することで1つの“経済圏”を形成。従来には考えられなかったようなスピードで事業領域を拡大するとともに、トッププレイヤーとしての地位を複数市場分野で確立し、高度なコングロマリット経営を実現している。では企業は、この流れを活用し成長につなげるために、どのような手を打つべきなのだろうか?効果的な異業種参入・連携を実現し、顧客へこれまで以上の価値を提供するために求められる新たな発想・経営手法について解説していく。