1. HOME
  2. 安全性の高いクラウド型コミュニケーションツール日本語版リリースへ【SYMPHONY社】

安全性の高いクラウド型コミュニケーションツール日本語版リリースへ【SYMPHONY社】

Symphony Communication Services(シンフォニー・コミュニケーション・サービシーズ:以下、シンフォニー)は、9月20日都内で記者会見を開き、月内にも日本語に対応した金融機関向けクラウド型コミュニケーション・プラットフォームの提供を開始することを発表した。

シンフォニーは2014年にグローバルに展開している金融機関15社により共同設立され、現在では25社(金融機関:24社、Google)が出資しており3億ドル以上の資金調達を行い、グローバルに10拠点を構えている。

シンフォニーが提供する金融機関向けクラウド型コミュニケーション・プラットフォームは、統合型メッセージング・ファイル共有・オーディオ/ビデオ会議・画面共有およびワークフローを自動化する機能を搭載しており、世界で340社、約35万人のユーザーに提供している。

最大の特徴は、堅牢な安全性と金融機関に求められる業務上のコンプライアンスに則って設計されているオープン・プラットフォームである。最新の暗号化技術を利用した情報セキュリティやデータ保護において強固な環境を構築している。また、プラットフォーム上から複数のシステムにアクセスすることが可能であり、各種ドキュメントをチャット上で参照することができる。情報管理やガバナンス等様々な面で厳格な金融機関が導入しており、国内ではメガバンク・大手証券会社が導入している。

今後、日本語版のリリースを機に金融機関のみならず、国内企業での導入の機会を広げていく。基本料金は1人当たり月20ドルで、導入企業の規模に応じた手数料を取るという。

新着の記事
資本市場のデジタル化と投資家の権利保全の両立

三菱UFJフィナンシャル・グループが証券と資金の決済を自動化する「Progmat(プログマ)」の開発に取り組んでいる。Progmat実現後に可能となることや、フラットフォームとしての特徴・展望について三菱UFJ信託銀行 経営企画部 FinTech推進室 調査役の齊藤達哉氏に話を聞いた。

みずほフィナンシャルグループが推進する顧客視点のDX戦略

個人の生活にデジタル技術やメディアが浸透する中、潜在顧客に適切な働きかけをするうえではサービスやマーケティングのDX(デジタルトランスフォーメーション)が欠かせなくなっている。本稿では、みずほフィナンシャルグループが推進するDX戦略について話を聞いた。

地域金融機関におけるデジタル化の進展

【PR】世界最大級のITインフラ企業Dell Technologiesは2020年4月24日、インテルの協賛で金融機関向けにデジタル化戦略に関するオンラインセミナーを配信した。新型コロナウイルス感染拡大で金融機関でも在宅ワークが広がる中、同社常務執行役員の本間氏は「こういう時だからこそ情報を提供し、DX(デジタルトランスフォーメーション)、ワークスタイル改革に貢献する」と力を込めた。先進的なデジタル化への取り組みが説明されたセミナーの内容を紹介する。

顧客情報の「保護」と「活用」の両立 ~データから価値を引き出す

メットライフ生命保険は、「データガバナンス=顧客情報などのデータ品質の測定・管理、メンテナンス計画の策定・遂行」を、社内の専門組織が中心となって推進している。執行役員 チーフデータオフィサーの中山雄大氏に話を聞いた。

注目のセミナー すべて表示する