1. HOME
  2. 【開催レポート】Plug and Play Japan Batch1 EXPO「Insurtech」「Fintech」

【開催レポート】Plug and Play Japan Batch1 EXPO「Insurtech」「Fintech」

世界トップレクラスのグローバル・ベンチャーキャピタルであるPlug and Play Japan株式会社は、2018年9月5日、6日にPlug and Play Japan Batch1 EXPOを開催した。

今回開催された「Batch 1(※)」では、来場者数は1,200名を超え、IoT、Mobility、Fintech、Insurtechの4業界の国内外44社のスタートアップがピッチに参加した。当日は、各分野において3つの賞を設け、表彰された。賞の内容は、以下の通り。

  • EXPO Winner
    聴衆の投票により、最も得票を集めたスタートアップを表彰。
  • PnPJ Award
    国内スタートアップの中で、世界展開の可能性が高い企業を表彰。受賞社には、Plug andPlayシリコンバレー本社で、VC / 海外企業の前でのピッチ機会を無償提供。
  • Global Startup Award
    海外スタートアップの中で、日本市場への展開可能性が高い企業を表彰。

The Financeでは、9月6日に行われたFintech、Insurtech分野において表彰された企業を紹介する。

Batchとは
「ひとかたまり」や「一区切り」という意味。大きいかまどで“一括り”で小さいパンをいくつも焼く、ということからこの“一括り”をBatchと呼ぶ。Plug and Playでは12週間を一つのBatchとして年2回のプログラムを実施。

Insurtechスタートアップ 13社が登壇

InsurTechスタートアップ

【Global Startup Award】Eltropy

Eltropy https://www.eltropy.com/

Eltropyは人工知能を活用し、FacebookのメッセンジャーやLINEなどのSMSから顧客の関心を引き企業の営業支援ツールを提供する。

【PnP Award】justincas

justincase https://justincase.jp/

Justincaseは、保険の無駄を省き、保険をもっと身近に。テーマに、最新のテクノロジーを活用しリスクのスコア化、利用者に合わせた保険料の適正化を実現する。スマホで完結するスマホ保険、ケガ保険を提供している。今後は、旅行保険や家電保険のサービスを計画している。

【EXPO Winner】SQREEM

SQREEM https://sqreemtech.com/

SQREEMは、シンガポールに拠点を置く、デジタル広告プラットフォームを提供している。消費者行動を予測分析し、的確なタイミングで広告を掲載しターゲット顧客へのオンラインでのリーチを高精度し実現する。

InsurTech表彰

Fintechスタートアップ 11社が登壇

InsurTechスタートアップ

【Global Startup Award】Quantstamp

Quantstamp https://quantstamp.com/

Quantstampは米サンフランシスコに拠点を構え、スマートコントラクトの監視、および脆弱性を自動的に発見する次世代セキュリティ企業である。

【PnPJ Award】/【EXPO Winner】GINKAN

GINKAN http://ginkan.jp/

GINKANは、PnPAwardとEXPO Winneerのダブル受賞した。GINKANは、AIとトークンエコノミーを用いた全く新しいグルメ SNS「SynchroLife(シンクロライフ)」を運営しており、世界155か国のレストランに関する投稿に対応している。シンクロライフは、ブロックチェーンを活用し投稿された情報の正確性を担保する仕組みを使っている。

FinTech表彰

2019年3月にBatch 2を開催

Plug and Play Japan Batch2 EXPO

InsurTech/FinTechそれぞれのAwardが発表された後、Plug and Play Japan株式会社は2019年3月6~7日にBatch1同様、「IoT」「Fintech」「Insurtech」「Mobility」の4つのテーマを主軸とした「Plug and Play Japan Batch2 EXPO」を開催することを発表し、当日の参加募集も開始した。

新着の記事
デジタルトランスフォーメーション推進におけるデジタル人材育成のためのリスキルの在り方

デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に際し、効率化によって生まれた時間や人材を活用していくためには、新たな役割を定義し、新たなスキルを習得させた上で、付加価値の高い仕事に従事させる必要がある。本稿では、これまでと異なる仕事内容やスキルを習得させ、新たな仕事で活躍させるためにはどのように進めたらよいのか。 DX推進の裏で課題となっている「リスキル」のあるべき姿と推進アプローチについて、伊予銀行の事例を交えながら紹介する。

【連載】地方銀行のガバナンス態勢の課題と再構築に向けた取組み

人口減少、マイナス金利政策など金融機関にとっての経営環境は厳しい状況下にある。中でも、地方銀行の経営環境は厳しく、多くの銀行で減益、赤字となっている状況である。今回、The Financeでは地方銀行のガバナンスおよび持続可能性モデルについて全2回の連載をお届けする。本稿では、不適切融資の事例から見るガバナンス態勢の課題を分析し、態勢整備に向けた重要論点について解説する。

保険会社におけるテクノロジーを活用した顧客起点型ビジネスモデルの実現

保険業界は中長期的な視点で見ると、2つの大きなトレンドが考えられる。「顧客主導型のリスク対応」と「エコシステム主導型の保険販売」という、保険会社にとっての2つの主導権争いである。これらトレンドの進展状況によっては、保険会社はこれまで以上に顧客から選ばれる存在になることが求められるのである。 そのため、保険会社は、顧客起点でビジネスモデルそのものを抜本的に見直し、2つの主導権争いに対応していく必要がある。本稿では、顧客起点型ビジネスモデルの将来像仮説と、その実現に向けた鍵であるテクノロジーについて海外先進事例も交えながら概観する。

ゲノム・遺伝子ビジネスとは~法的諸問題と保険ビジネスへの影響を弁護士が解説

「ゲノム」「遺伝子」といった言葉を報道等で目にする機会が多くなってきた。社会構造を変革する技術としてAIと同様に、ゲノム関連技術も「生命の設計図」に関する技術として社会的に大きな注目を集めつつある。特にゲノム医療の進展はめざましく、がん細胞の遺伝子を調べて患者ごとに最適な治療法を探る「がん遺伝子パネル検査」や、ゲノムを解析して疾患リスクや体質に関する情報を提供する遺伝子検査サービスも、その普及とともに情報の利活用が進んでいる。一方で、ゲノム情報の利活用は、不当な差別につながらないかといった問題をはらんでおり、特に保険分野において議論されている。本稿では、ゲノム・遺伝子とは何かを簡単に解説した上で、ゲノム・遺伝子ビジネスの法的諸問題を概観する。

注目のセミナー すべて表示する