1. HOME
  2. 【開催レポート】Plug and Play Japan Batch1 EXPO「Insurtech」「Fintech」

【開催レポート】Plug and Play Japan Batch1 EXPO「Insurtech」「Fintech」

世界トップレクラスのグローバル・ベンチャーキャピタルであるPlug and Play Japan株式会社は、2018年9月5日、6日にPlug and Play Japan Batch1 EXPOを開催した。

今回開催された「Batch 1(※)」では、来場者数は1,200名を超え、IoT、Mobility、Fintech、Insurtechの4業界の国内外44社のスタートアップがピッチに参加した。当日は、各分野において3つの賞を設け、表彰された。賞の内容は、以下の通り。

  • EXPO Winner
    聴衆の投票により、最も得票を集めたスタートアップを表彰。
  • PnPJ Award
    国内スタートアップの中で、世界展開の可能性が高い企業を表彰。受賞社には、Plug andPlayシリコンバレー本社で、VC / 海外企業の前でのピッチ機会を無償提供。
  • Global Startup Award
    海外スタートアップの中で、日本市場への展開可能性が高い企業を表彰。

The Financeでは、9月6日に行われたFintech、Insurtech分野において表彰された企業を紹介する。

Batchとは
「ひとかたまり」や「一区切り」という意味。大きいかまどで“一括り”で小さいパンをいくつも焼く、ということからこの“一括り”をBatchと呼ぶ。Plug and Playでは12週間を一つのBatchとして年2回のプログラムを実施。

Insurtechスタートアップ 13社が登壇

InsurTechスタートアップ

【Global Startup Award】Eltropy

Eltropy https://www.eltropy.com/

Eltropyは人工知能を活用し、FacebookのメッセンジャーやLINEなどのSMSから顧客の関心を引き企業の営業支援ツールを提供する。

【PnP Award】justincas

justincase https://justincase.jp/

Justincaseは、保険の無駄を省き、保険をもっと身近に。テーマに、最新のテクノロジーを活用しリスクのスコア化、利用者に合わせた保険料の適正化を実現する。スマホで完結するスマホ保険、ケガ保険を提供している。今後は、旅行保険や家電保険のサービスを計画している。

【EXPO Winner】SQREEM

SQREEM https://sqreemtech.com/

SQREEMは、シンガポールに拠点を置く、デジタル広告プラットフォームを提供している。消費者行動を予測分析し、的確なタイミングで広告を掲載しターゲット顧客へのオンラインでのリーチを高精度し実現する。

InsurTech表彰

Fintechスタートアップ 11社が登壇

InsurTechスタートアップ

【Global Startup Award】Quantstamp

Quantstamp https://quantstamp.com/

Quantstampは米サンフランシスコに拠点を構え、スマートコントラクトの監視、および脆弱性を自動的に発見する次世代セキュリティ企業である。

【PnPJ Award】/【EXPO Winner】GINKAN

GINKAN http://ginkan.jp/

GINKANは、PnPAwardとEXPO Winneerのダブル受賞した。GINKANは、AIとトークンエコノミーを用いた全く新しいグルメ SNS「SynchroLife(シンクロライフ)」を運営しており、世界155か国のレストランに関する投稿に対応している。シンクロライフは、ブロックチェーンを活用し投稿された情報の正確性を担保する仕組みを使っている。

FinTech表彰

2019年3月にBatch 2を開催

Plug and Play Japan Batch2 EXPO

InsurTech/FinTechそれぞれのAwardが発表された後、Plug and Play Japan株式会社は2019年3月6~7日にBatch1同様、「IoT」「Fintech」「Insurtech」「Mobility」の4つのテーマを主軸とした「Plug and Play Japan Batch2 EXPO」を開催することを発表し、当日の参加募集も開始した。

新着の記事
【連載】自動運転の最前線~現状と法的課題

自動車メーカーをはじめIT企業など多くの企業が自動運転車の開発を進めている。自動運転技術が開発されても交通ルールや車両安全基準などの法整備を進めなくてはならない。The Financeでは、「自動運転の最前線」と題し、全4回にわたり、現在の自動運転の開発状況を紹介しながら、自動運転技術の実用化をにらんだ法整備の状況を解説していく。第一回目では、進展する自動運転技術とその影響を踏まえつつ、実用化に向けた法整備の現状について解説する。

「お得・便利・悩み解決」の3要素を押さえ ニッチなニーズを掘り起こす

サブスクリプション(以降、サブスク)とは、もともと雑誌や新聞の定期購読を指す言葉だったが、最近はモノやサービス、ソフトウェアやデジタルコンテンツなどを毎月一定額や従量で支払う契約全般を、サブスクリプションサービス/サブスクリプションビジネス(以降、サブスクビジネス)と呼ぶようになった。多様な業種が注目するサブスクビジネスのポイントや今後の展望について関係者に聞いた。

データサイエンティストの技術指標となるKaggle(カグル)とは~Kaggleを活用した新たなビジネス創出

ビッグデータ利活用の環境が整備されつつある中、その担い手となるデータサイエンティストが世界的に注目されて久しい。今や各国の政府が将来の国力を左右する材料として重視し、専門人材の育成に本腰を入れ始めた。データサイエンス人材に関する産官学の動きや、世界最高峰のデータサイエンティストが数多登録するプラットフォーム「Kaggle」などを関係者に聞いた。本稿では、データサイエンティストの技術力指標の一つとして使われている「Kaggle(カグル)」について焦点を当てKaggleの概要から活用事例を紹介しデータサイエンティストチームとの連携ポイントについて解説する。

RPAを最大限活用するための3つのポイントと副次的作用

RPAがコスト削減や業務効率化、或いは働き方改革の救世主として注目されて3年余り。多くの金融機関でも導入が進んだが、当初期待していた効果を得られなかったケースも多いのではないだろうか、今回「RPAブームから見る活用ポイントと次なる活用法」と題した全2回の特集をお届けする。第一回目では、この3年余りのRPAについて総括するともにRPAを最大限活用するためのポイントを大きく3つに分け解説する。

注目のセミナー すべて表示する