1. HOME
  2. 【開催レポート】Plug and Play Japan Batch1 EXPO「Insurtech」「Fintech」

【開催レポート】Plug and Play Japan Batch1 EXPO「Insurtech」「Fintech」

世界トップレクラスのグローバル・ベンチャーキャピタルであるPlug and Play Japan株式会社は、2018年9月5日、6日にPlug and Play Japan Batch1 EXPOを開催した。

今回開催された「Batch 1(※)」では、来場者数は1,200名を超え、IoT、Mobility、Fintech、Insurtechの4業界の国内外44社のスタートアップがピッチに参加した。当日は、各分野において3つの賞を設け、表彰された。賞の内容は、以下の通り。

  • EXPO Winner
    聴衆の投票により、最も得票を集めたスタートアップを表彰。
  • PnPJ Award
    国内スタートアップの中で、世界展開の可能性が高い企業を表彰。受賞社には、Plug andPlayシリコンバレー本社で、VC / 海外企業の前でのピッチ機会を無償提供。
  • Global Startup Award
    海外スタートアップの中で、日本市場への展開可能性が高い企業を表彰。

The Financeでは、9月6日に行われたFintech、Insurtech分野において表彰された企業を紹介する。

Batchとは
「ひとかたまり」や「一区切り」という意味。大きいかまどで“一括り”で小さいパンをいくつも焼く、ということからこの“一括り”をBatchと呼ぶ。Plug and Playでは12週間を一つのBatchとして年2回のプログラムを実施。

Insurtechスタートアップ 13社が登壇

InsurTechスタートアップ

【Global Startup Award】Eltropy

Eltropy https://www.eltropy.com/

Eltropyは人工知能を活用し、FacebookのメッセンジャーやLINEなどのSMSから顧客の関心を引き企業の営業支援ツールを提供する。

【PnP Award】justincas

justincase https://justincase.jp/

Justincaseは、保険の無駄を省き、保険をもっと身近に。テーマに、最新のテクノロジーを活用しリスクのスコア化、利用者に合わせた保険料の適正化を実現する。スマホで完結するスマホ保険、ケガ保険を提供している。今後は、旅行保険や家電保険のサービスを計画している。

【EXPO Winner】SQREEM

SQREEM https://sqreemtech.com/

SQREEMは、シンガポールに拠点を置く、デジタル広告プラットフォームを提供している。消費者行動を予測分析し、的確なタイミングで広告を掲載しターゲット顧客へのオンラインでのリーチを高精度し実現する。

InsurTech表彰

Fintechスタートアップ 11社が登壇

InsurTechスタートアップ

【Global Startup Award】Quantstamp

Quantstamp https://quantstamp.com/

Quantstampは米サンフランシスコに拠点を構え、スマートコントラクトの監視、および脆弱性を自動的に発見する次世代セキュリティ企業である。

【PnPJ Award】/【EXPO Winner】GINKAN

GINKAN http://ginkan.jp/

GINKANは、PnPAwardとEXPO Winneerのダブル受賞した。GINKANは、AIとトークンエコノミーを用いた全く新しいグルメ SNS「SynchroLife(シンクロライフ)」を運営しており、世界155か国のレストランに関する投稿に対応している。シンクロライフは、ブロックチェーンを活用し投稿された情報の正確性を担保する仕組みを使っている。

FinTech表彰

2019年3月にBatch 2を開催

Plug and Play Japan Batch2 EXPO

InsurTech/FinTechそれぞれのAwardが発表された後、Plug and Play Japan株式会社は2019年3月6~7日にBatch1同様、「IoT」「Fintech」「Insurtech」「Mobility」の4つのテーマを主軸とした「Plug and Play Japan Batch2 EXPO」を開催することを発表し、当日の参加募集も開始した。

新着の記事
活用が進むクラウドコンピューティングにおける今後のバンキングサービスの行方

銀行のスマートバンキング化の動きが加速している。銀行やフィンテック企業は、最新テクノロジーを活用することによって新サービスを創出し、消費者のお金の使用・管理・運用に変革をもたらそうとしている。本稿では、クラウドコンピューティングに焦点を当て銀行の基幹システムの歴史を振返り、今後のクラウドコンピューティングを活用したバンキングサービスの行方について解説する。

情報銀行とは~情報銀行ビジネスの動向と今後の展望

情報銀行の社会実装が進むことで、従来、情報提供元となる企業に分散管理されていた個人情報が、統合・一元データとして活用されることで、データの付加価値が向上し、企業のマーケティングの高度化、新規サービスの創出等、様々な便益の向上が期待されている。また、2020年までに約1,000億円超の規模に成長するとも言われている。本稿では、情報銀行の概要から今後の展望について解説していく。

金融行政のこれまでの実践と今後の方針~金融実務における主なポイント【後編】

金融庁が公表した「変革期における金融サービスの向上にむけて~金融行政のこれまでの実践と今後の方針~(平成30事務年度)」。前編では、全体の構成と、平成30事務年度における金融行政の重点施策のうち「デジタライゼーションの加速的な進展への対応」、「家計の安定的な資産形成の推進」、「活力ある資本市場の実現と市場の公正性・透明性の確保」に関する金融実務上のポイントを解説した。本稿、後編ではその他の重点施策について、実務上重要なポイントを解説していく。

Kyash鷹取真一氏が描くキャッシュレス社会の姿とKyashにおける今後の展開

平成30年4月経済産業省は、日本のキャッシュレス社会を推進すべく「キャッシュレス・ビジョン」を公表した。また昨今、異業種の大企業が決済分野に参入するなどプレイヤーが乱立し、キャッシュレス社会に向けた動きが激化している。本稿では、2015年1月に創業しこれまでに総額10憶円を超える資金調達を行い、ウォレットアプリを提供している株式会社Kyash CEOの鷹取真一氏に同氏が描くキャッシュレス社会の姿とKyashにおける今後の展開についてインタビューを実施した。