1. HOME
  2. 【開催レポート】Plug and Play Japan Batch1 EXPO「Insurtech」「Fintech」

【開催レポート】Plug and Play Japan Batch1 EXPO「Insurtech」「Fintech」

世界トップレクラスのグローバル・ベンチャーキャピタルであるPlug and Play Japan株式会社は、2018年9月5日、6日にPlug and Play Japan Batch1 EXPOを開催した。

今回開催された「Batch 1(※)」では、来場者数は1,200名を超え、IoT、Mobility、Fintech、Insurtechの4業界の国内外44社のスタートアップがピッチに参加した。当日は、各分野において3つの賞を設け、表彰された。賞の内容は、以下の通り。

  • EXPO Winner
    聴衆の投票により、最も得票を集めたスタートアップを表彰。
  • PnPJ Award
    国内スタートアップの中で、世界展開の可能性が高い企業を表彰。受賞社には、Plug andPlayシリコンバレー本社で、VC / 海外企業の前でのピッチ機会を無償提供。
  • Global Startup Award
    海外スタートアップの中で、日本市場への展開可能性が高い企業を表彰。

The Financeでは、9月6日に行われたFintech、Insurtech分野において表彰された企業を紹介する。

Batchとは
「ひとかたまり」や「一区切り」という意味。大きいかまどで“一括り”で小さいパンをいくつも焼く、ということからこの“一括り”をBatchと呼ぶ。Plug and Playでは12週間を一つのBatchとして年2回のプログラムを実施。

Insurtechスタートアップ 13社が登壇

InsurTechスタートアップ

【Global Startup Award】Eltropy

Eltropy https://www.eltropy.com/

Eltropyは人工知能を活用し、FacebookのメッセンジャーやLINEなどのSMSから顧客の関心を引き企業の営業支援ツールを提供する。

【PnP Award】justincas

justincase https://justincase.jp/

Justincaseは、保険の無駄を省き、保険をもっと身近に。テーマに、最新のテクノロジーを活用しリスクのスコア化、利用者に合わせた保険料の適正化を実現する。スマホで完結するスマホ保険、ケガ保険を提供している。今後は、旅行保険や家電保険のサービスを計画している。

【EXPO Winner】SQREEM

SQREEM https://sqreemtech.com/

SQREEMは、シンガポールに拠点を置く、デジタル広告プラットフォームを提供している。消費者行動を予測分析し、的確なタイミングで広告を掲載しターゲット顧客へのオンラインでのリーチを高精度し実現する。

InsurTech表彰

Fintechスタートアップ 11社が登壇

InsurTechスタートアップ

【Global Startup Award】Quantstamp

Quantstamp https://quantstamp.com/

Quantstampは米サンフランシスコに拠点を構え、スマートコントラクトの監視、および脆弱性を自動的に発見する次世代セキュリティ企業である。

【PnPJ Award】/【EXPO Winner】GINKAN

GINKAN http://ginkan.jp/

GINKANは、PnPAwardとEXPO Winneerのダブル受賞した。GINKANは、AIとトークンエコノミーを用いた全く新しいグルメ SNS「SynchroLife(シンクロライフ)」を運営しており、世界155か国のレストランに関する投稿に対応している。シンクロライフは、ブロックチェーンを活用し投稿された情報の正確性を担保する仕組みを使っている。

FinTech表彰

2019年3月にBatch 2を開催

Plug and Play Japan Batch2 EXPO

InsurTech/FinTechそれぞれのAwardが発表された後、Plug and Play Japan株式会社は2019年3月6~7日にBatch1同様、「IoT」「Fintech」「Insurtech」「Mobility」の4つのテーマを主軸とした「Plug and Play Japan Batch2 EXPO」を開催することを発表し、当日の参加募集も開始した。

新着の記事
金融業界の変革を妨げる業務プロセスの分断をどう解決するか?

【PR】金融業界は長年にわたって膨大なシステム群を構築してきた。その連携不足によって生じる業務プロセスの“分断”は、生産性向上を阻み、顧客サービスの提供スピードや品質でFinTech企業に評価を奪われる要因となっている。この課題を解決するには、既存のシステム群やデータベース群を連携させ、顧客からリクエストを受けてから、要求の実現やサービスの提供を行うまでの業務プロセスがエンド・ツー・エンドで完結するような業務プラットフォームを構築するのが有効となる。金融業界向けに特化し、ベストプラクティスを盛り込んだ業務連携のためのプラットフォームについて解説する。

金融機関から見るSTO(Security Token Offering)の現状と課題

2020年はブロックチェーンを用いたデジタル証券、すなわちセキュリティトークンの発行実験の成果が相次いで公表された。野村総合研究所、大和証券、三井住友信託銀行などが代表的な事例であろう。本稿では、きっかけとなった昨年の金融商品取引法(金商法)改正と現状のスキーム、今後の展望について解説する。

金融機関のためのスモールスタートから始めるリスク管理体制の構築

リスクには、大きく2つに分けることができる。①自分である程度コントロールできるリスク、②自分ではコントロールが難しいリスクである。近年は、自分ではコントロールが難しいリスク(経済ショックリスク、災害リスク、パンデミックリスク)に対する管理体制の構築が重要な課題となっている。本稿では、リスク管理構築のポイントを大きく2つに分け解説する。

『脱・銀行化』に向けたビジネスモデルの構築 ~「つながる」時代に向けた変革の論点~

今から10年後には、60代までの大多数と、70代の多くがスマートフォンを使いこなす時代が到来する。その社会における個人や企業・組織の活動は、入口がデジタルであり、商品・サービスの提供は、「デジタルが主、リアルが従」でデザインされることになるだろう。データを介して「つながる」社会におけるバンキングはどのような姿になっているだろうか。

注目のセミナー すべて表示する