1. HOME
  2. マーカスエバンズ主催「CFO Japan Summit 2019」

マーカスエバンズ主催「CFO Japan Summit 2019」

マーカスエバンズは2019年12月11・12日の2日間ホテル椿山荘東京で、9回目となる「CFO Japan Summit2019」を開催した。CFO Japan Summitは、日本を代表する企業の財務部門統括責任者の方々を招待し、有識者による講演やパネルディスカッションで日本の財務部門が直面している課題に対し最適な解決策を討論する場である。また、財務・経理関連のソリューションを持つ企業との「One-to-One Meeting」が用意されており、参加者は経営課題の解決をはかるソリューションに効率的に出会うことができる。

今年のCFO Japan Summitでは、以下の7つの課題について議論された。

  • ビジネスパートナーとしての財務・経理
    財務・経理部門の役割を再考し、経営の意思決定により一層踏み込み、企業に提供できる付加価値を広げる
  • 明確な計画立案への糸口
    企業の変革を導くために、次のステップへの精度の高い明確な計画を立案し、CFOならではの課題解決への糸口を探る
  • 確固たる組織と管理形態のあり方
    仕組みや体制を見直し、経営基盤を更なる強固なものに確立し、グループ経営強化に繋げる
  • 組織変革から生産性の向上へ
    働き方改革が推進され人員不足に直面する中、ITやシステムの導入・人材育成・組織構築を図り、生産性向上を目指す
  • グローバリゼーションへの追い風
    海外市場の巨大化による環境の変化に対応し、オペレーションを強化すると共に、更なる強固なガバナンスの確立を目指す
  • 変化する制度への対応
    制度改正の荒波を乗り切るため管理体制を見直し、企業間の課題を共有し、新たな付加価値を考察する
  • 未来のCFO育成
    絶えず時代が変化を遂げる中で、現場を動かす力や柔軟性を備え、経営の意思決定に入っていくCFO人材の育成に励む

開会基調講演では、青山学院大学 名誉教授/首都大学東京 大学院経営学研究科 特任教授 の北川哲雄氏が「グローバル経営の実践:CFOの役割の拡大と企業の挑戦」と題し、①ガバナンス革命の今後の方向性②サスティナビリティ経営で重要なもの③攻めのガバナンスと事業再構成④ダイナミックな投資・資金調達・資金使途について講演した。

閉会講演では、KDDI株式会社 理事 コーポレート統括本部 経営管理本部長 最勝寺奈苗氏による「テクノロジー時代における経営管理の要諦」と題し、①経営管理の役割と業務改革の取組み②経営管理におけるデジタル・トランスフォーメーション③グループ経営管理体制の強化に向けた更なる取組みについて講演した。

2日間にわたり全10セッションの講演とOne-to-One Meetingやネットワーキングランチなどで日本を代表する財務・経理部門の責任者たちは課題解決に向けた熱い議論され非常に満足した様子だった。

2020年12月にホテル椿山荘東京で第10回目となる「CFO Japan Summit」の開催を予定している。

新着の記事
BANK4.0時代の到来と国内金融機関への影響 (第1回)

Bank4.0への流れが加速している。この動きは金融機関を取り巻く環境を大きく変化させつつある。本稿では、Bank4.0に至るまでの変遷を振り返り、Bank4.0時代に浸透すると予想される価値観や金融業界への影響を解説していく。

改正入管法の概要と金融機関に求められる実務対応~外国人預金者の在留期間満了や 居住・就労実態把握の手段を確保~

2019年4月1日の改正入管法施行に伴い、今後、日本国内において在留外国人のさらなる増加が見込まれる。政府が外国人材の受け入れ環境整備についてまとめた「外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策」では、金融サービスを、外国人の生活サービス環境の改善などが必要な分野の1つと位置付けている。金融機関は口座開設に応える一方で、不正利用などの危険を軽減する取り組みも求められる。本稿では、改正入管法と在留外国人、そして彼らの金融機関口座に対する対応を取り巻く状況や課題について解説する。

インサイダー取引規制の動向取引推奨行為摘発の活発化

金商法の情報伝達・取引推奨規制が導入されてから6年経過するが、違反による課徴金報告は2019年10月末までに21件出されている。本稿では増加している課徴金勧告事案について、上場企業の対応上の課題、管理規定の見直しの必要性について解説する。

「適応型DLP」で電子メールの セキュリティリスクを自動排除 ~業務の流れは止めずに、機密情報の流出・流入を阻止

【PR】サイバー攻撃や内部不正など「電子メール」を介した情報漏えい事件が多発する中、企業には情報資産を守る適切な対策が求められている。そこで注目度が高まっているのが、情報漏えい対策ソリューションを提供するクリアスウィフトの「Clearswift SECURE Email Gateway」だ。独自のディープコンテンツ検査技術でセキュリティリスクを自動排除する同システムは、国内外の金融機関などで導入が相次いでいる。