1. HOME
  2. 【連載】新たなフェーズに入った新型コロナウィルスとの戦い~ウィズ・コロナ時代の医療提供のロールモデル

【連載】新たなフェーズに入った新型コロナウィルスとの戦い~ウィズ・コロナ時代の医療提供のロールモデル

  1. 新型コロナ専門病院都立広尾病院での体験
  2. ウィズ・コロナ時代の医療・看護の態勢整備を急げ

新型コロナ専門病院都立広尾病院での体験

新型コロナ発症後、4日目にホテル収容された。その翌日、症状が悪化。酸素飽和度が85に低下し、深夜、都立広尾病院に救急搬送された。そこで、コロナ患者となってはじめて、医療・看護の提供を受けたと実感した。

救急チームの医師が、面前で症状の経過を丁寧に聞いてくれた。採血、心電図、CT(頭部、肺部)、レントゲン(肺部)と検査が行われた。約1時間で結果が出て、アビガン、レムデシビル、ステロイド剤の投与方針が決まり、リスクの説明も受けた。

病床に運ばれると、担当の医師、看護師は、全員、防護服を着て、フェース・シールド、マスク、手袋をしているが、聴診、検温、酸素飽和度のチェック、点滴、投薬など、私の体に触れ、文字通り「手当て」をしてくれた。

小型の無線端末で、24時間、酸素飽和度、脈拍を計測、モニタリングしているだけではない。1日に、延べ15人前後の医師、看護師が病床までやってきて、症状の変化を繰り返し尋ねる(図表参照)。それらをすべてパソコンに入力して情報共有している。

(画像をクリックすると、大きな画像が表示されます)。

患者1名に対し、担当医師3~5名、看護師約20名がいくつかのチームに分かれ、交替勤務で医療・看護を提供している。チーム内の情報共有だけでなく、役割分担、ルーチン化や現場への権限移譲が明確になっている。

たとえば、酸素飽和度が92に低下すると、現場の看護師の判断で、直ちに酸素供給をはじめるルールだ。「酸素が足りていませんね。酸素吸入をはじめましょう」とその看護師は言って、鼻から酸素を送るチューブのつけ方を教えてくれた。患者の命を守るには迅速な判断と対応が求められる。とても頼もしく感じた。

経験の浅いスタッフもいた。ゴム手袋をして、腕の血管に点滴用の針を刺すのは難しい。先輩看護師の指導を受けていた。昼勤の看護師チームの人数は多いときがある。OJTで経験を積ませて戦力化していくためだ。

ウィズ・コロナ時代の医療・看護の態勢整備を急げ

都立広尾病院では、新型コロナの患者を受け入れ、医療・看護の使命を果たすために必要な態勢整備を行ってきた。その努力の積み重ねが、病床からでも、随所にうかがわれた。チーム医療の徹底により、限りある医療資源をフル活用していた。

都立広尾病院の医療・看護は、ウィズ・コロナ時代のロールモデルと言える。しかし、特別な医療・看護を提供しているというわけではない。チーム医療は、新型コロナの専門病院になる以前から都立広尾病院が取り組んできたことだ。

フェース・シールド、マスクや防護服を着けての医療・看護は、現場の大きな負担になっていると思う。病室に入る度の着脱だけでも時間がかかる。ただ、ウィズ・コロナ時代にあって、どの医療機関でも、もはや当たり前の所作になっている。

そして、何よりも、都立広尾病院のスタッフ全員が、自然体で優しく笑顔であったことが強く印象に残った。

本来、医療とは、このように、患者に安心と安全を与えるもののはずだ。ウィズ・コロナ時代の医療を提供できるのが一部の専門病院だけでは困る。相応規模の民間病院を含め、同レベルの医療提供ができるように態勢を整備しなければ、新型コロナとの戦いには勝てない。

寄稿
正太郎(しょうたろう)
金融、ガバナンス、リスクマネジメント、監査の専門家。
金融専門誌にコラムを執筆。
▼【連載】新たなフェーズに入った新型コロナウィルスとの戦い-新型コロナに感染してはじめて分かったこと- 【連載】新たなフェーズに入った新型コロナウィルスとの戦い:現行の感染対策が不十分だから感染爆発が起きる 【連載】新たなフェーズに入った新型コロナウィルスとの戦い:新型コロナへの医療・看護の提供は十分ではない 【連載】新たなフェーズに入った新型コロナウィルスとの戦い:ウィズ・コロナ時代の医療提供のロールモデル 【連載】新たなフェーズに入った新型コロナウィルスとの戦い:新型コロナについて知っておくべきこと(その1) 【連載】新たなフェーズに入った新型コロナウィルスとの戦い:新型コロナについて知っておくべきこと(その2)
新着の記事
金融所得課税一体化の今日的意義

7月7日に、金融庁の「金融所得課税一体化に関する研究会」において、「論点整理」が公表された。本研究会においては、デリバティブ取引への損益通算範囲拡大に関する議論が行なわれている。ヘッジ手段としてのデリバティブ取引と対象となる資産を一体課税の対象とすることで、ヘッジ効果を税務上も享受せんとするものである。一方、トマ・ピケティ以降の世界的な議論の趨勢如何では、貧富の差の顕著な拡大を受け、金融所得一体課税のバックボーンとなっている二元的所得税の考え方が、変化を余儀なくされる可能性も否定できない情勢だ。本稿では、金融所得課税一体化について、金融庁研究会の議論をふりかえりつつ、今後の方向性を検討したい。

投資ファンドに関する最新の法改正動向

投資ファンドをめぐる法制は、投資ビークルとしての利便性の追求と、投資家保護を中心とした理由による規制の必要性との緊張関係から、頻繁に改正を繰り返してきている。今年になって、立て続けに法改正がなされ又はその方向性が定まり、実務に大きく影響する可能性があることから、いずれも未施行の段階ではあるものの紹介したい。

金融機関における新しいストレステストのシナリオプランニング

新型コロナウイルス感染症が世界中に広がり、人々の生活に影響を与えただけでなく、社会・経済のシステムに大きな影響を与えました。こうした「まさか」を想定したリスク管理のアップデートが求められています。本稿では、「まさか」を想定したリスク管理のアップデートに必要なシナリオプランニングについて解説する。

東証新上場区分が株主優待に与える示唆

2021年2月、東証プライム市場の上場基準が発表された。旧東証1部と大きく異なる部分として、株主数基準が挙げられる。本稿では、東証プライム市場上場基準の注目点から株主優待制度に焦点をあて解説する。

注目のセミナー すべて表示する