1. HOME
  2. 事業戦略
  3. 金融機関がデジタル化時代の波に乗るシステム開発アプローチ~攻めるテスト~

金融機関がデジタル化時代の波に乗るシステム開発アプローチ~攻めるテスト~

前回は金融機関のシステム開発におけるジレンマの解消法として、”守るテスト”の側面から解説してきた。第2回目の今回は、”攻めるテスト”の要諦について解説する。

金融機関がデジタル化時代の波に乗るシステム開発アプローチ~攻めるテスト~
  1. “攻めるテスト”2つのポイント
  2. ~組織全体で改革を進める効果~
※本稿は株式会社アクセンチュアの許可を得て、転載・編集しています。

“攻めるテスト”2つのポイント

デジタル推進担当部門や企画部、営業部門など、金融機関が生成・管理する情報を活用してエコシステムを創造する部署は、“攻めるテスト”の実行に適しているだろう。こうした分野では“守るテスト”とは異なったポイントを押さえる必要がある。

“シフトライト”アプローチの推進

従来のスタイルでは、リリースするまでに完璧に近い状態を実現するという考え方で入念なテストが行われた。しかしデジタル化の加速とともに業務・システムが大きな変化を遂げつつある今、全ての要件を事前に把握することは決して容易でない。特に“攻めるテスト”の対象領域ではデジタル化が急速に進んでおり、数年かけて構想や要件定義を練っても、リリース時には有効性を失っているという状況に陥りかねない。そのため、本番の利用環境で課題を洗い出し、継続的に対応・改善を行うようなテスト・サイクルを創り出す必要がある。そこでお勧めしたいのが、実際の業務としてリリースし、システムの利用傾向を見ながら業務要件や品質目標を定めていく“シフトライト”というアプローチである。

例えば私たちが経験した案件の1つでは、イレギュラーな業務パターンを想定して設計したために、様々なバリエーションのテストが必要となり、工数も数倍に増加した。しかし本番稼働後に利用分析をしてみると、こうした業務は8500近いトランザクションに対して100回以下と、利用率はわずか1%程度にとどまっていた。仮にテスト工程からこの部分を省略できていれば、リリースを半年程度前倒しできただけでなく、予算も大幅に削減できた可能性が高いだろう。こうした事態を避けるためにも、テストを小さく始め、稼働後の実態を分析・評価した上で、改善につなげるという進め方が有効なのである。

自動化の戦略的推進

現代のシステム開発プロジェクトは、同様のテストを繰り返し実行するケースが飛躍的に増えている。しかしその一方で、リリースサイクルは急速に短期化しており、テストのために割ける時間の制約もますます厳しくなりつつある。このジレンマを解消するソリューションの1つとして近年注目を集めているのがテストの自動化である。テスト作業の効率化や工数の削減、人為的ミスの排除など様々なメリットがある自動化は、DevOpsやアジャイルといった手法を用い、より先進的な考え方でテスト工程を進める“攻め”の領域では特に重要となるだろう。

ただし自動化を推進する際には、2つの点に留意する必要がある。1つ目は、明確な基準に基づいて自動化の対象を選定しながら導入を進めることである。攻めるテストでは、品質面で一定レベルの妥協が必要な領域がどうしても発生する。100%に近い品質を追求する領域とそうでない領域を区分けし、必要な部分で集中的に自動化を進めるという考え方が極めて重要となるだろう。全領域で自動化を進めるとメンテナビリティの低下を招き、かえって工数や時間が増加する恐れがある。業務の継続的運用に支障が出る可能性を業務・システムリスク・ベースで評価し、リスクレンジ別に範囲を定義するなど、戦略的かつ選択的に自動化を進めることが重要となる。

2つ目は、他社の事例をそのまま模倣するのではなく、自社の現状に適したフォーマットを検証・模索しながら進めることである。オートメーションのアーキテクチャには様々なパターンが存在し、どの組み合わせが最適となるかは、自社のITスキルレベルやシステム規模、メンテナンスのスタイルなどによって大きく変わる。例えばコードベースで実現するのか、コードレスで実現するのか、どの範囲まで実行するのかなど、テスト対象となるソリューションや自社のIT環境を客観的に見極め、それに応じた最適解を探りながら自動化を進める必要があるだろう。

~組織全体で改革を進める効果~

ここまで“守るテスト”・“攻めるテスト”の領域についてそれぞれ解説してきたが、最後の重要なポイントとして強調しておきたいのは、こうしたアプローチを局面・領域ごとに部分活用しても目覚ましい効果は期待できないということである。特に組織構造が縦割りになりがちな日本企業では、組織横断的に連携を図り、全体としてコスト効率・品質向上を目指すという考え方が改革の成否を大きく左右する。テスト工数の削減や自動化という次元を超えて組織のあり方を根本的に見直し、改革を進めないとテストの最適化実現は難しいだろう。

ここで重要となるのは、CIOやCOOなどを中心として経営レベルでコミットし、テストのあり方や組織をどう変えていきたいのか、どのような品質レベルを目指すべきなのかを明確にすることである。スピードや効率性よりも、障害回避を最優先しがちなIT部門の主導で効率化を進めると、どうしても効果が限定的になる。経営役員あるいはビジネスへ戦略的に携わる部署のイニシアティブの下で改革を進めれば、より広い視野で工程全体を把握でき、経営ビジョン・ビジネス遂行の優先事項に最適化した形でテストの効率化・質向上を進めることができるはずである。

アクセンチュア金融サービス本部では、より早く最新の動向や弊社のインサイトをご紹介するために、金融業界向けの「金融ウェビナー」を継続的に開催している。ウェブを使ったバーチャルな1時間のライブセッションで、パソコンやモバイルから簡単に参加でき、匿名で質問することも可能。詳しくはこちら

事業戦略カテゴリのオススメの記事
金融所得課税一体化の今日的意義

7月7日に、金融庁の「金融所得課税一体化に関する研究会」において、「論点整理」が公表された。本研究会においては、デリバティブ取引への損益通算範囲拡大に関する議論が行なわれている。ヘッジ手段としてのデリバティブ取引と対象となる資産を一体課税の対象とすることで、ヘッジ効果を税務上も享受せんとするものである。一方、トマ・ピケティ以降の世界的な議論の趨勢如何では、貧富の差の顕著な拡大を受け、金融所得一体課税のバックボーンとなっている二元的所得税の考え方が、変化を余儀なくされる可能性も否定できない情勢だ。本稿では、金融所得課税一体化について、金融庁研究会の議論をふりかえりつつ、今後の方向性を検討したい。

東証新上場区分が株主優待に与える示唆

2021年2月、東証プライム市場の上場基準が発表された。旧東証1部と大きく異なる部分として、株主数基準が挙げられる。本稿では、東証プライム市場上場基準の注目点から株主優待制度に焦点をあて解説する。

『脱・銀行化』に向けたビジネスモデルの構築 ~「つながる」時代に向けた変革の論点~

今から10年後には、60代までの大多数と、70代の多くがスマートフォンを使いこなす時代が到来する。その社会における個人や企業・組織の活動は、入口がデジタルであり、商品・サービスの提供は、「デジタルが主、リアルが従」でデザインされることになるだろう。データを介して「つながる」社会におけるバンキングはどのような姿になっているだろうか。

サステナブル・ファイナンスはメインストリームになるか

持続可能な社会の実現を金融面でサポートする手法として、「サステナブル・ファイナンス」が注目されている。欧州や米国における地球温暖化防止や気候変動への取り組み拡大、日本では菅首相の2050年の「カーボン・ニュートラル宣言」(排出する二酸化炭素を吸収する二酸化炭素の量以内とし、二酸化炭素の増加を抑制するとの宣言)などを背景に、サステナブル・ファイナンスの市場は拡大しており、2020年の組成額は全世界で前年比倍増の5,443億米ドルに到達した。2021年は、既存事業の脱炭素化に要する資金を調達する「トランジション・ファイナンス」といった新たな切り口も登場し、今後一段と広がりを見せそうだ。本稿では、サスティナブル・ファイナンスがメインストリームになるか考察する。

【 寄稿 】
テクノロジーコンサルティング本部
マネジング・ディレクター
金融サービスグループ

加藤 重雄 氏

【 寄稿 】
テクノロジーコンサルティング本部
マネジング・ディレクター
ITソリューション

風見 祐次 氏