1. HOME
  2. 金融法務
  3. 金融庁が語る資産運用の高度化とフィデューシャリー・デューティー 後編

金融庁が語る資産運用の高度化とフィデューシャリー・デューティー 後編

金融庁 総括審議官 小野尚氏がフィデューシャリー・デューティーを語る、全2回連載の本シリーズ。現役総括審議官へのインタビューを通し、金融庁の考えに迫る。後編では、フィデューシャリー・デューティーが法律でない理由や、情報提供の必要性、アベノミクスとの関係などについて解説する。

金融庁が語る資産運用の高度化とフィデューシャリー・デューティー 後編
  1. フィデューシャリー・デューティーは法律ではない
  2. 国民、投資家への情報提供を進めよう
  3. フィデューシャリー・デューティーとアベノミクス

フィデューシャリー・デューティーは法律ではない

フィデューシャリー・デューティーの位置づけだが、これは法律などのハード・ローではない。むしろ金融機関自らが中身を考えて、進化させていくソフト・ローである。その中身は、時代とともに進化していくものだと思う。

なぜハード・ローでなくソフト・ローがふさわしいかだが、これは金融の特性によるところも大きいと思う。金融は目で見ることができずに、リスクを取引する商品でもある。それだけにそれを買う人と販売する人との間には、強い信頼関係がなければ成り立たない。

信頼関係の根幹は顧客第一に、顧客の利益を考えて行動することである。それは法律で定められた適合性原則とか、説明義務では果たしきれないものだと思う。

例えばヨーロッパでは、貴族たちが遠征などで長期間、留守にする時にはその資産管理を信頼できる第三者に託した。それは法律で定められているわけではなく、約束、あるいは信義の問題である。それがフィデューシャリー・デューティーとして発展していった元になっている。

現在の日本に当てはめると、多様なインベストメント・チェーンにつながる様々な金融機関が顧客本位で行動することを、ハード・ローだけでは規定しきれないと思う。

国民、投資家への情報提供を進めよう

国民、投資家への情報提供を進めよう

一方で広く国民の皆さん、投資家の側にも金融リテラシーを身につけていただく必要がある。

第一は、金融経済教育推進会議が作成した「金融リテラシー・マップ」などを使って、小学生から高齢者まで国民の皆さんが最低限、理解しておくべきお金に関する知識、判断力を身につけていただくことである。

二つ目は、私どもは金融モニタリングレポートなどを含めて情報発信をしてきたが、さらに情報発信を強化することが大切だ。金融庁のホームページの中に、NISAに関する各種の情報を提供するとともに、投資や金融に関する基礎的な知識を身につけて頂けるよう「NISA特設情報サイト」を平成27年度中に開設する。投資についての考え方とか、投資のシミュレーションもできるようにして、情報提供を強化する。

それから三つ目として金融機関の方々にも努力をいただき、フィデューシャリー・デューティーを実践する観点から投資家に対して正しい情報提供を行い、投資家の方々の金融リテラシーを補完するよう努めていただくことだ。

コーポレイトガバナンスコードもソフト・ローであるが、私どもとしてはフィデューシャリー・デューティーを構成する基本的な考え方が業界全体で共有できるようなプリンシプルとして形成されていくことが重要だと思う。

フィデューシャリー・デューティーとアベノミクス

フィデューシャリー・デューティーとアベノミクス

日本はこれから2%程度の緩やかな物価安定を目指していくことになる。緩やかに物価が上がっていくと当然のことながら、安定的な資産形成の必要性が今以上に高まってくる。そのためには、商品開発・販売・運用・資産管理の各段階で、金融機関それぞれがフィデューシャリー・デューティーを果たすことが求められる。安定的な資産形成でリターンを取っていこうとすれば、そういうお金は国内のみならずアジアを含めた成長地域にも向かうだろう。

成長分野にお金が流れ経済が活性化していけば、それがまためぐりめぐって安定的な資産形成につながる。この好循環がうまく形成されていくことが、とても大事だ。それはアベノミクスが目ざす民間主導の成長戦略の推進につながる。

好循環の鍵は顧客第一に考えて行動し、フィデューシャリー・デューティーを実践できるどうかにかかっている。金融機関が集めた資金を成長分野に流し、適切に運用できるかが肝(きも)になる。

それをしっかりやっていけば、結果として資産運用にともなうフィーという形で金融機関自身の安定的な収益にもつながっていくことになる。まさに金融機関と投資家はWIN-WINの関係になることができると考えている。

(聞き手 金融ライター 馬場隆)

金融法務カテゴリのオススメの記事
金融行政のこれまでの実践と今後の方針~金融実務における主なポイント【後編】

金融庁が公表した「変革期における金融サービスの向上にむけて~金融行政のこれまでの実践と今後の方針~(平成30事務年度)」。前編では、全体の構成と、平成30事務年度における金融行政の重点施策のうち「デジタライゼーションの加速的な進展への対応」、「家計の安定的な資産形成の推進」、「活力ある資本市場の実現と市場の公正性・透明性の確保」に関する金融実務上のポイントを解説した。本稿、後編ではその他の重点施策について、実務上重要なポイントを解説していく。

急増する事業承継におけるM&A~金融機関担当者が押さえておくべき留意点を解説

中小企業における後継者難が顕在化するなか、事業承継を成功させるための有効な手段として、M&Aが考えられている。近年金融機関では、事業承継M&Aの支援を行う部署を新設するなど取組みを強化している。これまでM&Aのアドバイスをあまり行っていない地方金融機関等にとって、M&Aに対する理解・ノウハウを蓄積することは重要だが、事業承継M&Aにおける特有の留意点が存在する。本稿では、事業承継M&Aをサポートするうえで直面する機会が多い点について概観する。

金融行政のこれまでの実践と今後の方針~金融実務における主なポイント【前編】

金融庁は、過去の取組みや現状の課題と、金融行政の方針との関係性をより明確化し、PDCAサイクルに基づく業務運営を強化することを目的に、これまで公表してきた「金融レポート」と「金融行政方針」を一体化させ、平成30年9月26日に「変革期における金融サービスの向上にむけて~金融行政のこれまでの実践と今後の方針~(平成30事務年度)」公表した。本稿では、金融実務に関わるポイントを解説していく。

会社法改正における株式交付制度とは~経緯・目的・概要

平成30年2月14日開催の法制審議会会社法制(企業統治等関係)部会第10回会議にて、「会社法制(企業統治等関係)の見直しに関する中間試案」及び「会社法制(企業統治等関係)の見直しに関する中間試案の補足説明」が取りまとめられた。その中で自社株対価による企業買収の手法として「株式交付」を新たに設けることが提案されており、今後のM&A実務に影響があると思われることから、以下では、上記の中間試案及び補足説明において想定されている株式交付制度を前提に、その概要について解説する。

小野 尚 氏 【 寄稿 】
金融庁
総括審議官

小野 尚 氏

The Finance をフォローする