1. HOME
  2. 金融法務
  3. 相続預金の金融実務が変わる!判例変更の影響を弁護士が解説

相続預金の金融実務が変わる!判例変更の影響を弁護士が解説

平成28年12月19日に相続預金に関する判例の内容を変更する最高裁大法廷決定がされた。これにより、相続預金に関する金融実務の変更が必要になった。本稿では、従来の判例内容と今回の判例内容の概要を述べた上で、払戻しや相殺・差押えなど影響を受ける金融実務について、弁護士がわかりやすく解説する。

相続預金の金融実務が変わる!判例変更の影響を弁護士が解説
  1. 相続預金に関する従来の金融実務
  2. 最高裁決定(最大決平成28年12月19日)の概要
  3. 金融機関への実務の影響 ~払戻
  4. 金融機関への実務の影響 ~相殺・差押え

これまでの相続預金に関する金融実務

相続預金とは、口座名義人が死亡した預金のことを言う。

口座名義人が死亡した場合、金融機関が相続人からその旨の連絡を受けると、預金口座は凍結されるが、その後、相続人に対して、預金口座の払戻手続が必要になる。

相続預金の払戻を行うに際し、金融機関としては、遺言書がある場合には、相続人から戸籍や遺言書などの提出を受けることにより、これに応じてきた。

一方、遺言書がない場合には、戸籍などの他、原則として、相続人全員の署名・押印がある遺産分割協議書や相続届の提出を必要としてきていた。

しかしながら、従来の判例上、預貯金は、被相続人の死亡により当然に法定相続人に法定相続分に応じて分割承継すると考えられていた。

この考えを前提にするならば、種々の事情により、相続人全員が署名・押印をすることができず、一部の相続人のみが、金融機関に対して、法定相続分に応じた相続預金の払戻しを請求してきた場合、金融機関としては、これに応じなければならなかった。

そこで、従来、金融機関としても、相続預金の払戻に関しては、原則として、相続人全員の署名・押印がある書類の提出を求めつつも、相続人全員の署名・押印がある書類の提出をすることが難しい場合には、一部の相続人に対して、法定相続分に応じた払戻しに応じる例が多かったといえる。

以上が、これまでの相続預金の払戻に関する金融実務である。

しかしながら、今般の判例変更により、このような実務の変更も必要になった。以下では、最高裁決定の概要をお伝えするとともに、最高裁決定が実務に与える影響を説明する。

最高裁決定(最大決平成28年12月19日)の概要

最高裁決定(最大決平成28年12月19日)の概要

事案の概要

被相続人Aには、相続人として、養子のXと、養子Bの子であるYがおり、それぞれの法定相続分は2分の1ずつであった。

被相続人Aには、遺産として、約250万円の不動産と、約3,800万円の預貯金(普通預金、通常貯金、定期貯金、外貨普通預金)があった。

また、Yの特別受益として、Yの母であるBがAから約5,500万円の生前贈与を受けていた。

図1

以上の前提のもと、XとYとの間で、遺産分割審判が行われ、預貯金が遺産分割の対象であるかどうかについても、一つの争点とされた。

そして、一審および原審では、従来の判例を踏まえ、「預貯金は遺産分割の対象ではない」と判断された。

なお、預貯金が遺産分割の対象となるか否かで、以下のとおりXおよびYの取得分が異なる。

図2

判例変更

最大決平成28年12月19日は、従来の判例を変更し、「共同相続された普通預金債権、通常貯金債権および定期貯金債権は、いずれも、相続開始と同時に当然に相続分に応じて分割されることはなく、遺産分割の対象となる。」と判示した。

これにより、遺産分割実務において、従来は、預貯金は当事者全員の合意がある場合にのみ、遺産分割の対象になるとされていたところだが、今後は、預貯金は当然に遺産分割の対象として取り扱われることになる。

この判例変更により、遺産分割において、特別受益や寄与分がある場合に、寄与者などが具体的相続分に応じた遺産を確保しやすくなったといえる。

金融機関への実務の影響 ~払戻

金融機関への実務の影響 ~払戻

上述のとおり、従前は、相続預金に関し、共同相続人の一部が金融機関に対して、法定相続分に応じた払戻しを請求してきた場合、預金は法律上当然分割になるとして、払戻しに応じる例もあった。

しかしながら、本決定によれば、預金は相続開始と同時に当然に相続分に応じて分割されることはないとのことであるので、今後は、遺言がない場合に、相続人全員の同意がない限りは、原則として金融機関が払戻しに応じることはできないと考えられる。

今回の決定の対象になったのは、普通預金(外貨預金も含む)・通常貯金・定期貯金であり、定期預金は含まれていないが、本決定の理解を前提とすれば、定期預金についても普通預金と同様に考えるべきものと思われる。

なお、金融機関としては、これまで、葬儀費用その他のために、相続預金の一定額までを一部の相続人に対して、便宜払いするということもあった。

この取扱いが可能であった一つの根拠として、上記のとおり、預金が当然分割であったということが挙げられるが、本決定により、この根拠はなくなったことになる。

今後は、便宜払いを行った後、相続人間でトラブルが生じた場合には、銀行が責任を負う可能性も否定できないが、金融機関としては、このようなトラブルの可能性と、顧客の利便性を考慮の上、便宜払いの取扱いを変更するかどうか検討する必要があるものと思われる。

預金者の目線からすれば、本決定によって、相続預金の払戻しが従前より難しくなったということができる。

預金者にとっては、自身の死後、相続人が葬儀費用や相続税の費用が必要になっても、相続人間で協力できないと、預金を払い戻すことが難しくなったということであるので、預金者自ら、自分の死後に備える必要があるということになる(遺言の作成、遺言代用信託・生命保険の利用など)。

金融機関への実務の影響 ~相殺・差押え

金融機関への実務の影響 ~相殺・差押え

金融機関が相続人に対して債権を有している場合、相続預金をもって相殺することができるか、あるいは、相続人の債権者から、相続預金に対して差押えをすることができるか、という点に関して、従前は、相続預金が当然分割とされていたため、これをすることができた。

しかしながら、本決定において、相続開始と同時に当然に相続分に応じて分割されることはないとされたことから、この点も再考が必要である。

この点、従前から遺産分割の対象と考えられていた相続不動産に関しては、相続人の債権者が債権者代位権を行使して法定相続分に従った持分登記を経由し、当該相続人の持分に対して差押えをする方法が認められているが、預貯金についても同様に差押や相殺をすることができるかどうかは、不明確な点も多く、議論の蓄積が待たれる。

金融法務カテゴリのオススメの記事
【金融事例から読み解く】内部通報制度活用と不祥事早期発見及び予防策

リーマンショック・LIBOR不正操作事件などを契機として、内外金融規制当局等は不祥事予防に向けた様々な提言を行い、これに対応して金融機関も多くの施策を実施してきた。しかしながら依然不祥事は繰り返されている。こうした状況下、「上場会社における不祥事予防のプリンシプル」などが公表された。この一方、不祥事早期発見の最有力な端緒である内部通報制度については、民間事業者向けガイドライン改正、認証制度創設、公益通報者保護法改正など、その実効性向上に向けた動きが顕著である。そこで、本稿では、金融機関等における不祥事の具体的事例を踏まえつつ、内部通報制度を活用した不祥事・不適切行為の早期発見とその予防策のポイントについて解説する。

金融サービス仲介業への参入の検討ポイントの整理

1つの登録で、銀行・貸金・証券・保険すべての分野のサービスが仲介可能となる新しい「金融サービス仲介業」(「新仲介業」)。2021年2月22日には、政令・内閣府令・監督指針等の案が公表され、参入に向けた具体的な検討も可能な状況になってきた。そこで、本稿では、主に既存の仲介業(銀行代理業、保険募集人・保険仲立人、金融商品仲介業、貸金業)との差異に焦点を当てつつ、新仲介業を検討する際の留意点について簡潔に整理したい。

令和3年4月施行電気通信事業法の改正と国外事業者に対する法執行の実効性の強化

令和3年4月1日に「電気通信事業法及び日本電信電話株式会社等に関する法律の一部を改正する法律」が施行された。本稿では特に、改正法による国外事業者が電気通信事業を営む場合の規定の整備等について取り上げ、そして、かかる改正と総務省の解釈変更による電気通信事業法の適用対象の拡大を通じた、国外事業者に対する法執行の実効性の強化について解説する。

ニューノーマル時代における保険会社・代理店の法的留意点

新型コロナウイルス感染症の影響拡大は、従来の保険募集の実務に大きな変化をもたらした。基本的には対面で行われてきた保険募集の一部がweb会議システムなどを用いてオンラインで行われることが広がり、また近時では、新型コロナウイルス感染症の影響による損害を補てんする保険商品も販売されている。また、近年、保険業界に関連する法令等の改正が相次いでおり、保険業界のビジネスへの影響が注目されている。本稿では、まず、web会議システムを用いた保険募集について簡単に解説したのち、近時の法令等の改正について触れることとしたい(本稿は2021年4月15日現在の情報に基づくものである。)。

篠田 大地 弁護士 【 寄稿 】
本橋総合法律事務所

篠田 大地 弁護士