1. HOME
  2. 金融法務
  3. 証券モニタリングの動向とモニタリング手法の変化

証券モニタリングの動向とモニタリング手法の変化

近時の立入検査(オンサイト・モニタリング)を重視した証券検査は、法令違反に対する指摘の強化のみならず、問題の背景やガバナンス体制といった根本原因に踏み込むモニタリング手法へと変化してきている。本稿では、証券モニタリングの現在の動向や事例を踏まえながら、金融商品取引業者のモニタリングに対する向き合い方について触れていく。

証券モニタリングの動向とモニタリング手法の変化
  1. 積極的なオンサイトに転換
  2. 根本原因のモニタリング
  3. ガバナンスの自己分析

積極的なオンサイトに転換

証券取引等監視委員会(以下「証券監視委」)が公表した「金融商品取引業者等に対する行政処分等に関する勧告の実施状況(令和元年6月末現在)」によれば、証券検査による勧告件数は、平成28年度(2016年度)22件、平成29年度8件、平成30年度11件である。

平成28年度から平成29年度にかけて勧告件数が大きく減少しているが、これは、オフサイト・モニタリングに重点を置き、立入検査(オンサイト・モニタリング)(以下「オンサイト」)の件数が減少していた時期と一致しており、その影響を受けたものと思われる。一方、平成30年度になって11件と増加に転じており、これは、証券監視委「平成30事務年度証券モニタリング基本方針」(平成30年9月14日)(以下「基本方針」)において、「積極的にオンサイト・モニタリングを実施して、深度ある検証を行っていく」とし、立入検査が増加した結果と思われる。

このような勧告件数の増加や「積極的にオンサイト」を実施するとの方針からは、一見証券監視委のモニタリング手法が平成28事務年度以前の運用へと回帰したようにも見受けられるが、そうではない。

根本原因のモニタリング

例えば、令和元年5月に金融庁が大手証券会社に対して行った行政処分の事例では、「コンプライアンスの本質」を理解していない、すなわち、一部社員においてはコンプライアンスをルール・ベースの法令遵守に限定して捉え、資本市場の公正性・公平性の確保といった点に意識が及んでいなかった点などを重く見て、明確な法令違反はないにもかかわらず、経営管理態勢・内部管理態勢が十分ではなかったことを理由に処分がなされている。

また、令和元年8月の証券監視委による勧告に基づく行政処分事例においても、「重大かつ明白な法令違反行為を防止したり、発見し、是正を図る内部管理態勢や、会社の業務を適正に執行するための経営管理態勢が欠如している状況」が認定されている。

その他にも、平成30事務年度頃から、様々な規模・特性の金融商品取引業者に対する勧告の公表文において、具体的な法令違反行為を指摘するのみならず、問題事象が生じた背景にまで翻って、内部管理態勢、ひいては経営陣の姿勢や企業文化といったガバナンスのあり方についての分析が加えられている例が増加している。これは、基本方針で示されていた「オンサイト・モニタリングにおいては、単に問題点を指摘し行政処分勧告等を行うにとどまらず、問題の全体像を把握し、問題が発生した原因を究明する」との根本原因分析を重視する方向性に沿った行政運用が行われている結果といえる。

このように、証券モニタリングは、単に表面的な現象としての具体的な問題点・法令違反行為を指摘するに留める従前の手法から、当該法令違反行為、さらには明確な法令違反がなくとも、問題と考えられる行為が認められる場合、そのような行為が発生した根本原因分析にまで踏み込むモニタリング手法に、徐々に、しかし着実に舵を切っている。したがって、勧告件数の増加や積極的なオンサイトは、過去への回帰を示すものではなく、むしろ新たなモニタリング手法が軌道に乗り始めたことを示しているといえよう。

ガバナンスの自己分析

それでは、金融商品取引業者は、この変化したモニタリング手法にどのように向き合えばよいか。以前の証券検査では、法令違反行為の有無に焦点が当てられ、極論すれば法令違反が認定されたらそれで検査は終了(金融商品取引業者にとっては、敗戦)であり、よって金融商品取引業者は個別事案における事実認定や法適用についての議論(防戦)に注力することになり、根本原因についての深度ある分析まで行う必要性は限定的であった。

他方、現在の証券モニタリングでは、法令違反の有無にかかわらず、ガバナンスのあり方など問題事象の根本原因に翻って検査官は検証・分析する。このような根本原因についての検査官との議論・対話は付け焼刃でできるはずもない。したがって、金融商品取引業者においては、日頃から自らのガバナンスのあり方について、様々な角度から十分に自己分析しておくことが肝要となる。

(本稿の意見にわたる部分は私見であり、過去に所属したまたは現在所属する組織などの見解を示すものではない)

寄稿
森・濱田松本法律事務所
弁護士
伊藤 康太 氏
2016年10月~2018年12月、証券取引等監視委員会証券検査課機能
別チーム専門検査官として、証券検査業務に携わる
金融法務カテゴリのオススメの記事
投資ファンドに関する最新の法改正動向

投資ファンドをめぐる法制は、投資ビークルとしての利便性の追求と、投資家保護を中心とした理由による規制の必要性との緊張関係から、頻繁に改正を繰り返してきている。今年になって、立て続けに法改正がなされ又はその方向性が定まり、実務に大きく影響する可能性があることから、いずれも未施行の段階ではあるものの紹介したい。

【金融事例から読み解く】内部通報制度活用と不祥事早期発見及び予防策

リーマンショック・LIBOR不正操作事件などを契機として、内外金融規制当局等は不祥事予防に向けた様々な提言を行い、これに対応して金融機関も多くの施策を実施してきた。しかしながら依然不祥事は繰り返されている。こうした状況下、「上場会社における不祥事予防のプリンシプル」などが公表された。この一方、不祥事早期発見の最有力な端緒である内部通報制度については、民間事業者向けガイドライン改正、認証制度創設、公益通報者保護法改正など、その実効性向上に向けた動きが顕著である。そこで、本稿では、金融機関等における不祥事の具体的事例を踏まえつつ、内部通報制度を活用した不祥事・不適切行為の早期発見とその予防策のポイントについて解説する。

金融サービス仲介業への参入の検討ポイントの整理

1つの登録で、銀行・貸金・証券・保険すべての分野のサービスが仲介可能となる新しい「金融サービス仲介業」(「新仲介業」)。2021年6月2日には、同年11月1日から施行されることが発表されるとともに、政令・内閣府令・監督指針等の内容が確定し、参入に向けた具体的な検討が可能な状況になってきた。そこで、本稿では、主に既存の仲介業(銀行代理業、保険募集人・保険仲立人、金融商品仲介業、貸金業)との差異に焦点を当てつつ、新仲介業を検討する際の留意点について簡潔に整理したい。(2021年6月25日 最新情報にアップデート)

令和3年4月施行電気通信事業法の改正と国外事業者に対する法執行の実効性の強化

令和3年4月1日に「電気通信事業法及び日本電信電話株式会社等に関する法律の一部を改正する法律」が施行された。本稿では特に、改正法による国外事業者が電気通信事業を営む場合の規定の整備等について取り上げ、そして、かかる改正と総務省の解釈変更による電気通信事業法の適用対象の拡大を通じた、国外事業者に対する法執行の実効性の強化について解説する。

【 寄稿 】
森・濱田松本法律事務所
弁護士

伊藤 康太 氏