1. HOME
  2. 金融法務
  3. スマホ決済サービスの 販促キャンペーンの景品規制

スマホ決済サービスの 販促キャンペーンの景品規制

キャッシュレスサービスが勃興する中、サービス提供会社は様々なキャンペーンを打ち出している。キャンペーン戦略を練る上で、景表法上の規制対応は欠かせない。本稿では、販促キャンペーンにおける景表法上の留意点について解説する。

スマホ決済サービスの 販促キャンペーンの景品規制
  1. 共同キャンペーンの課題
  2. 企画者の役割などで総合判断
  3. 「値引」該当性を検討

共同キャンペーンの課題

PayPayが2018年後半に「100億円あげちゃうキャンペーン」を実施して以来、後を追うように銀行系決済サービス、クレジットカード系決済サービス、交通・流通系決済サービス問わず、スマホ決済サービス各社は次々と大規模キャンペーンを行うようになった。

このように決済サービスがコモディディ化する中、他社と差別化を図り、顧客を獲得していくためには、魅力的な経済上の利益を付与するキャンペーンを積極的に実施することが有用な手段の一つである。

他方で、キャンペーン戦略を練る上では、特に景品表示法の景品規制についてケアすることが欠かせない。

しかし、スマホ決済サービスのキャンペーンの景品規制適合性を検討する場合、様々な困難な課題に直面する。例えば、①消費者庁により公表されている景品規制の考え方が現在のビジネスを念頭に書かれていないこと、②複数の事業者が各自供給する取引を条件に、共同して経済上の利益の提供を行う共同キャンペーンが増加し、どの取引について顧客を誘引し、どの取引に附随して経済上の利益を提供しているのか判断することが難しい場合があること、③取引附随性を検討するにあたって、有償取引・無償取引の線引きが曖あい昧まいであること、④ポイントシステム(自他共通割引券)の設計の難しさ、⑤継続的な役務提供における「取引の価格」の算定方法の判断の難しさなどである。

本稿では紙幅の関係上、上記の論点を全て解説することはできないが、実務で頻繁に問題となるスマホ決済サービスの共同キャンペーンの課題を解説することによって、今後のキャンペーンを検討する上での一助を提供したい。

企画者の役割などで総合判断

共同キャンペーンとは、「共同して」(定義告示運用基準4(2)ウ)景品企画を実施するものである。商店街などで実施されるいわゆる共同懸賞(懸賞定義告示4)のことではない。

共同キャンペーンに該当するかは一義的に定まるものではなく、当該共同キャンペーンにおける共同企画者の役割、共同企画者間の契約の有無、どの取引を誘引してどの取引に附随して経済上の利益を提供するのか、提供する経済上の利益の原資の負担者および当該共同キャンペーンの告知方法その他の事項を総合的に判断して決せられる。

例えば、スマホ決済サービス事業者A(第三者型前払式支払手段発行業者)とコンビニ事業者Bが提携し、AとBが共同で当該キャンペーンを告知の上、Aのスマホ決済サービスをコンビニBで利用した場合、抽選で決済額に応じてAが発行するポイントを最大10000円相当額が当たるというキャンペーンを行い、ポイントの原資をAとBが按分で負担しているという事実関係であれば、当該キャンペーンは共同キャンペーンに該当すると考えられる。

この場合における懸賞の最高額規制の基準となる「取引の価格」は、当該スマホ決済サービスの決済額(Aとのスマホ決済サービスの取引額とコンビニBにおける売買金額を二重評価できない)ということとなり、「当該懸賞に係る取引の予定総額」はキャンペーン期間中に想定されるコンビニBにおけるAサービスによる決済額総額ということとなる。

「値引」該当性を検討

次に、上記のキャンペーンが抽選ではなく、AとBが共にコンビニBのおにぎりを50円値引きするクーポンを出す場合の「値引」該当性を検討する。

まず、共同キャンペーンである場合、共同キャンペーン事業者それぞれの取引を値引きするものでなければ「値引」に当たらないのが原則である。この点、確かに、当該キャンペーンのクーポンにより値引きされる取引は、決済の原因関係たるコンビニBと消費者のおにぎり売買契約であって、Aと当該消費者との間の決済サービス取引ではない。

しかし、当該クーポンによって原因関係である売買契約が値引きされた結果、当然に当該原因関係の決済を担うAとの決済サービス取引の金額も値引きされることとなる。このため、当該クーポンはBにとってはもとより、Aにとっても「値引」であって、「景品類」に該当しないと評価できるものと考えられる。

寄稿
池田・染谷法律事務所
代表弁護士
染谷 隆明 氏
2014〜2016年消費者庁表示対策課に勤務し、
景品表示法に課徴金を導入する改正法の立案担当。
スマホ決済サービスのキャンペーンの
豊富なコンサルティング経験を有する。
金融法務カテゴリのオススメの記事
投資ファンドに関する最新の法改正動向

投資ファンドをめぐる法制は、投資ビークルとしての利便性の追求と、投資家保護を中心とした理由による規制の必要性との緊張関係から、頻繁に改正を繰り返してきている。今年になって、立て続けに法改正がなされ又はその方向性が定まり、実務に大きく影響する可能性があることから、いずれも未施行の段階ではあるものの紹介したい。

【金融事例から読み解く】内部通報制度活用と不祥事早期発見及び予防策

リーマンショック・LIBOR不正操作事件などを契機として、内外金融規制当局等は不祥事予防に向けた様々な提言を行い、これに対応して金融機関も多くの施策を実施してきた。しかしながら依然不祥事は繰り返されている。こうした状況下、「上場会社における不祥事予防のプリンシプル」などが公表された。この一方、不祥事早期発見の最有力な端緒である内部通報制度については、民間事業者向けガイドライン改正、認証制度創設、公益通報者保護法改正など、その実効性向上に向けた動きが顕著である。そこで、本稿では、金融機関等における不祥事の具体的事例を踏まえつつ、内部通報制度を活用した不祥事・不適切行為の早期発見とその予防策のポイントについて解説する。

金融サービス仲介業への参入の検討ポイントの整理

1つの登録で、銀行・貸金・証券・保険すべての分野のサービスが仲介可能となる新しい「金融サービス仲介業」(「新仲介業」)。2021年6月2日には、同年11月1日から施行されることが発表されるとともに、政令・内閣府令・監督指針等の内容が確定し、参入に向けた具体的な検討が可能な状況になってきた。そこで、本稿では、主に既存の仲介業(銀行代理業、保険募集人・保険仲立人、金融商品仲介業、貸金業)との差異に焦点を当てつつ、新仲介業を検討する際の留意点について簡潔に整理したい。(2021年6月25日 最新情報にアップデート)

令和3年4月施行電気通信事業法の改正と国外事業者に対する法執行の実効性の強化

令和3年4月1日に「電気通信事業法及び日本電信電話株式会社等に関する法律の一部を改正する法律」が施行された。本稿では特に、改正法による国外事業者が電気通信事業を営む場合の規定の整備等について取り上げ、そして、かかる改正と総務省の解釈変更による電気通信事業法の適用対象の拡大を通じた、国外事業者に対する法執行の実効性の強化について解説する。

【 寄稿 】
池田・染谷法律事務所
代表弁護士

染谷 隆明 氏