1. HOME
  2. 金融法務
  3. ESGファイナンスとは 具体的留意点を弁護士が解説

ESGファイナンスとは 具体的留意点を弁護士が解説

近時注目を浴びているESGファイナンスについて、融資形態のものを中心に、具体的な案件に取り組む上での実務上の注意点を、弁護士が解説する

ESGファイナンスとは 具体的留意点を弁護士が解説
  1. ESGファイナンスとは
  2. ガイドラインの位置付け
  3. ドキュメンテーション上の留意点
  4. 違反時の取扱い
  5. ストラクチャによる工夫

ESGファイナンスとは

新型コロナウイルス感染症の蔓延は社会的な課題を浮き彫りにし、脱炭素社会の実現やSDGs(持続可能な開発目標)等も意識されるなか、いわゆるESGファイナンスの活用に注目が集まっている。ESGファイナンスとは、環境(Environment)、社会(Social)、企業統治(Governance)という非財務情報を考慮して行う投融資である。

ESGファイナンスの一手法であるグリーンボンドについては、環境省によるグリーンボンドガイドラインの策定、補助金の付与等を通じて、国内発行実績が着実に積み上がっている(詳細については、こちらの記事を参照されたい)。

これに対し、グリーンプロジェクトへの資金を融資するグリーンローンや、コーポレートローンを借入人のサステナビリティ経営の高度化と結びつけるサステナビリティ・リンク・ローン等、債券ではなく融資の形態によるESGファイナンスについても、後述する環境省によるガイドラインの策定等を背景に、各金融機関において取組みが進められている。

間接金融の役割が大きい我が国の金融において、融資形態による取組みの拡大は、ESGファイナンス全体が発展するため不可欠と言える。融資の場合、貸付人・借入人間の対話を通じた柔軟な設計や契約書への落とし込みが比較的容易であり、創意工夫も試される。

以下では、融資形態のESGファイナンスについて、実際に案件を検討する上での具体的な留意点を説明する。

ガイドラインの位置付け

ESGファイナンスについては、法律上の明確な定義や要件が存在するわけでもなく、また、世界共通の遵守すべきルールがあるわけでもない。一方、環境省は、ESGファイナンスの一定類型について、近時、相次いでガイドライン等を公表している。

環境省は、2020年3月、グリーンローン及びサステナビリティ・リンク・ローンガイドラインを策定し、グリーンボンドガイドラインの改訂版と共に公表した(環境省のウェブサイト参照)。また、適切なリスク・リターンを確保しつつ、環境・社会・経済に与えるポジティブなインパクトを追求するインパクトファイナンスについても、同年7月、基本的な考え方が示されている(環境省のウェブサイト参照)。これらのガイドラインは、国際的な組織・イニシアティブによるガイドラインを基本的に踏襲しており、国際動向にも沿ったものとなっている。

環境省のガイドラインや国際的に参照されているガイドライン、フレームワーク等であっても、法的な拘束力を持つわけではなく、遵守しなかったとしても罰則等はない。

しかし、これらは現状のマーケットにおける標準的な枠組みを示すものであり、格付機関等の第三者評価機関も、ガイドラインへの準拠について評価・認定付与を行っている。そのため、こうしたガイドラインに準拠した案件の取組みは、ESGファイナンスとしての位置付けを対外的に説明する上で重要である。

自社内で独自のフレームワーク等を策定したり、個別具体的な案件の取組み・ドキュメンテーションにあたっては、これらガイドラインの位置付けを十分に理解し、ガイドラインとの整合性を意識することが、実務上のポイントになると考えられる。

ドキュメンテーション上の留意点

グリーンローンに代表される資金使途を特定するタイプのESGファイナンスにおいては、資金使途の明確化及びその追跡・管理が取組みにあたり必須の要素となる。そのため、融資契約上も、資金使途がグリーンプロジェクト等であることを明確にし、資金使途の証憑提出等を融資実行の前提条件にすることが考えられる。加えて、専用口座における管理や資金使用時の報告を義務付けること等の検討も要するだろう。

資金使途を特定するタイプであるかどうかを問わず、融資契約上、借入人の事業による環境・社会等へのインパクトについての定期報告、関連する法令等の遵守等をコベナンツとして義務付けたり、提出資料の正確性等を表明保証として規定することが考えられる。とりわけ、具体的な指標に基づく報告義務等を課す場合には、どのような指標が適切かを詰める必要があり、貸付人・借入人間で十分な議論が必要となろう。

これまで、ESGファイナンスは対外的な説明に重きが置かれてきたこともあり、契約条項の在り方について必ずしも十分に検討されていないため、今後の議論が待たれるところである。

違反時の取扱い

ESGファイナンスにおいては、上記のような契約条項に違反した場合の効果についても検討を要する。

たとえば、サステナビリティ・リンク・ローンは、予め設定したサステナビリティ・パフォーマンス・ターゲット(SPTs)のベンチマークに対する借入人のパフォーマンスと融資条件を連動させる点が特徴であり、国内外の多くの先行事例においてESGに関するパフォーマンスが金利条件と連動するようになっている。このように、融資条件の変動という効果を生じさせるケースでは、対象となる指標やその客観性・透明性の確保、報告方法、条件変更のメカニズム等を、契約書で具体化しておくことが必須となる。

これに対し、ESGファイナンスにおいては、契約条項の違反等が、必ずしも融資契約上の具体的な効果を伴わない設計も考えられる。

通常、融資契約上の義務違反は、期限の利益喪失事由として、貸付人に債権回収・権利行使の基礎を与える。しかし、ESGファイナンスは、金融を通じて企業の中長期的なESG課題への取組みを促すものであり、たとえば第三者評価機関のグリーンローン認定取消しを期限の利益喪失事由とする、といった直接的なサンクションには親しまない側面も有する。

むしろ、ESG関連条項を貸付人の権利に関する効果に直接結び付けず、あくまで対話の契機にする位置付けも考えられる。このような考え方は、エンゲージメントが重要な一要素であるESGファイナンスの精神に則ったものと見ることもできる。

ストラクチャによる工夫

グリーンローン等の資金使途を特定するタイプのESGファイナンスについては、プロジェクトファイナンスのフレームワークを活用することも考えられる。厳格な資金使途の管理や資金利用の追跡管理等は、SPC(特別目的会社)を利用し、単一のプロジェクトから生じるキャッシュフローのみを返済原資とするプロジェクトファイナンスと共通する部分がある。

実際に、グリーンボンド・グリーンローンの先行事例の中には、特定のグリーンプロジェクトに対するプロジェクトファイナンスを信託によりリパッケージし、信託受益権や信託ABL貸付等の形態で、投資家に対して販売されたものも存在する。

今後は、こうしたプロジェクトファイナンスや流動化・証券化手法の組合せ等を利用することで、投資家のニーズに合わせた多様な商品が提供されることも期待される。

金融法務カテゴリのオススメの記事
投資ファンドに関する最新の法改正動向

投資ファンドをめぐる法制は、投資ビークルとしての利便性の追求と、投資家保護を中心とした理由による規制の必要性との緊張関係から、頻繁に改正を繰り返してきている。今年になって、立て続けに法改正がなされ又はその方向性が定まり、実務に大きく影響する可能性があることから、いずれも未施行の段階ではあるものの紹介したい。

【金融事例から読み解く】内部通報制度活用と不祥事早期発見及び予防策

リーマンショック・LIBOR不正操作事件などを契機として、内外金融規制当局等は不祥事予防に向けた様々な提言を行い、これに対応して金融機関も多くの施策を実施してきた。しかしながら依然不祥事は繰り返されている。こうした状況下、「上場会社における不祥事予防のプリンシプル」などが公表された。この一方、不祥事早期発見の最有力な端緒である内部通報制度については、民間事業者向けガイドライン改正、認証制度創設、公益通報者保護法改正など、その実効性向上に向けた動きが顕著である。そこで、本稿では、金融機関等における不祥事の具体的事例を踏まえつつ、内部通報制度を活用した不祥事・不適切行為の早期発見とその予防策のポイントについて解説する。

金融サービス仲介業への参入の検討ポイントの整理

1つの登録で、銀行・貸金・証券・保険すべての分野のサービスが仲介可能となる新しい「金融サービス仲介業」(「新仲介業」)。2021年6月2日には、同年11月1日から施行されることが発表されるとともに、政令・内閣府令・監督指針等の内容が確定し、参入に向けた具体的な検討が可能な状況になってきた。そこで、本稿では、主に既存の仲介業(銀行代理業、保険募集人・保険仲立人、金融商品仲介業、貸金業)との差異に焦点を当てつつ、新仲介業を検討する際の留意点について簡潔に整理したい。(2021年6月25日 最新情報にアップデート)

令和3年4月施行電気通信事業法の改正と国外事業者に対する法執行の実効性の強化

令和3年4月1日に「電気通信事業法及び日本電信電話株式会社等に関する法律の一部を改正する法律」が施行された。本稿では特に、改正法による国外事業者が電気通信事業を営む場合の規定の整備等について取り上げ、そして、かかる改正と総務省の解釈変更による電気通信事業法の適用対象の拡大を通じた、国外事業者に対する法執行の実効性の強化について解説する。

末廣 裕亮 氏 【 寄稿 】
森・濱田松本法律事務所
弁護士

末廣 裕亮 氏