1. HOME
  2. 事業戦略
  3. 中国銀行~民間による継続的な起業支援で地域課題の解決やSDGsを実践

中国銀行~民間による継続的な起業支援で地域課題の解決やSDGsを実践

少子高齢化が進む地方経済は、新型コロナウイルスの感染拡大という猛烈な逆風を受けて疲弊に拍車がかかっている。今こそ、地域金融機関の知恵と行動力が求められているといえるだろう。民間による継続的な起業支援を通じた地域課題の解決に取り組む中国銀行のケースを紹介する。

中国銀行~民間による継続的な起業支援で地域課題の解決やSDGsを実践
  1. 地域の創業エコシステムを運営 OIPで5社、OTPで4社が起業
  2. 自行のビジネスマッチングや投資銀行業務などにも波及

地域の創業エコシステムを運営 OIPで5社、OTPで4社が起業

中国銀行は、人口減少、企業減少による地方経済の縮小を食い止めるべく、地域の創業エコシステムとして「岡山イノベーションプロジェクト(OIP)」と「岡山テックプランター(OTP)」の両事業を手がけている。

OIPは、同行、山陽新聞社、サンマルク財団を中心に地元企業の協力を得て2017年から実施している。「地域課題を解決し、世界へ羽ばたく企業が継続的に生まれるエコシステムの構築を目的としている。起業家マインドを醸成し経営を学ぶスクールと優れたビジネスモデルを表彰するコンテストを主要事業として実施しており、スクールはこれまで約90名の卒業生を輩出。コンテスト参加者の大学生や大学の教授が起業したり、ベンチャーキャピタルからの資金調達を成功したりするなど着実な成果が出ている」(中国銀行 ソリューション営業部 調査役 秋山直輝氏)。

一方のOTPは、地域に眠る科学技術シーズを社会実装させることを目的に、2018年より科学技術分野の教育・人材育成・コンサルティングなどを手がけるリバネスと連携して実施している。秋山氏は「起業には、経営と技術の両面が必要だ。OIPでは経営を学べ、OTPでは技術を磨けることから、両事業を繋ぐことで2つの側面がカバーできる。OIPでは5社、OTPでは4社がそれぞれ起業した。また、OIP、OTPに参加した事業者に3件1億6,000万円のファンド出資を実施している」と語る。

自行のビジネスマッチングや投資銀行業務などにも波及

同行によると、類似事業は自治体でも実施しているが、予算制約などで規模、期間が限られ、継続的・横断的支援が課題だったという。「OIPおよびOTPは民間の力で継続的に実施することで、各自治体事業とも連携し、『面』での広がりを目指している」(秋山氏)。

両事業に対する同行の役割は、参加者間のコミュニティ形成支援、起業までのアドバイス、資金支援、地元企業と起業者を繋ぐパイプ役など多岐にわたる。地域の企業活動が活発化されることにより、資金面はもとよりビジネスマッチングや投資銀行業務など幅広い面で自行ビジネスに波及している。

秋山氏は、「地域の人口は減少している一方、未来を拓くシーズが多く眠っている。それらを掘り起こし、社会に実装していくことで地域の課題を解決する。新たなビジネスの創造やSDGs(持続可能な開発目標)の実践のために、当行が持つノウハウやネットワーク、地元自治体、他金融機関、他業態を巻き込んだ共創の場としてのプラットフォームを形成する。1年に1件程度はIPO(新規株式公開)する事業者を輩出して、将来は岡山を『創業のメッカ』と呼ばれるような存在にしたい」と意気込む。

事業戦略カテゴリのオススメの記事
金融所得課税一体化の今日的意義

7月7日に、金融庁の「金融所得課税一体化に関する研究会」において、「論点整理」が公表された。本研究会においては、デリバティブ取引への損益通算範囲拡大に関する議論が行なわれている。ヘッジ手段としてのデリバティブ取引と対象となる資産を一体課税の対象とすることで、ヘッジ効果を税務上も享受せんとするものである。一方、トマ・ピケティ以降の世界的な議論の趨勢如何では、貧富の差の顕著な拡大を受け、金融所得一体課税のバックボーンとなっている二元的所得税の考え方が、変化を余儀なくされる可能性も否定できない情勢だ。本稿では、金融所得課税一体化について、金融庁研究会の議論をふりかえりつつ、今後の方向性を検討したい。

東証新上場区分が株主優待に与える示唆

2021年2月、東証プライム市場の上場基準が発表された。旧東証1部と大きく異なる部分として、株主数基準が挙げられる。本稿では、東証プライム市場上場基準の注目点から株主優待制度に焦点をあて解説する。

『脱・銀行化』に向けたビジネスモデルの構築 ~「つながる」時代に向けた変革の論点~

今から10年後には、60代までの大多数と、70代の多くがスマートフォンを使いこなす時代が到来する。その社会における個人や企業・組織の活動は、入口がデジタルであり、商品・サービスの提供は、「デジタルが主、リアルが従」でデザインされることになるだろう。データを介して「つながる」社会におけるバンキングはどのような姿になっているだろうか。

サステナブル・ファイナンスはメインストリームになるか

持続可能な社会の実現を金融面でサポートする手法として、「サステナブル・ファイナンス」が注目されている。欧州や米国における地球温暖化防止や気候変動への取り組み拡大、日本では菅首相の2050年の「カーボン・ニュートラル宣言」(排出する二酸化炭素を吸収する二酸化炭素の量以内とし、二酸化炭素の増加を抑制するとの宣言)などを背景に、サステナブル・ファイナンスの市場は拡大しており、2020年の組成額は全世界で前年比倍増の5,443億米ドルに到達した。2021年は、既存事業の脱炭素化に要する資金を調達する「トランジション・ファイナンス」といった新たな切り口も登場し、今後一段と広がりを見せそうだ。本稿では、サスティナブル・ファイナンスがメインストリームになるか考察する。

【 インタビュー 】
中国銀行
ソリューション営業部
調査役

秋山 直輝 氏