1. HOME
  2. 事業戦略
  3. 中国銀行~民間による継続的な起業支援で地域課題の解決やSDGsを実践

中国銀行~民間による継続的な起業支援で地域課題の解決やSDGsを実践

少子高齢化が進む地方経済は、新型コロナウイルスの感染拡大という猛烈な逆風を受けて疲弊に拍車がかかっている。今こそ、地域金融機関の知恵と行動力が求められているといえるだろう。民間による継続的な起業支援を通じた地域課題の解決に取り組む中国銀行のケースを紹介する。

中国銀行~民間による継続的な起業支援で地域課題の解決やSDGsを実践
  1. 地域の創業エコシステムを運営 OIPで5社、OTPで4社が起業
  2. 自行のビジネスマッチングや投資銀行業務などにも波及

地域の創業エコシステムを運営 OIPで5社、OTPで4社が起業

中国銀行は、人口減少、企業減少による地方経済の縮小を食い止めるべく、地域の創業エコシステムとして「岡山イノベーションプロジェクト(OIP)」と「岡山テックプランター(OTP)」の両事業を手がけている。

OIPは、同行、山陽新聞社、サンマルク財団を中心に地元企業の協力を得て2017年から実施している。「地域課題を解決し、世界へ羽ばたく企業が継続的に生まれるエコシステムの構築を目的としている。起業家マインドを醸成し経営を学ぶスクールと優れたビジネスモデルを表彰するコンテストを主要事業として実施しており、スクールはこれまで約90名の卒業生を輩出。コンテスト参加者の大学生や大学の教授が起業したり、ベンチャーキャピタルからの資金調達を成功したりするなど着実な成果が出ている」(中国銀行 ソリューション営業部 調査役 秋山直輝氏)。

一方のOTPは、地域に眠る科学技術シーズを社会実装させることを目的に、2018年より科学技術分野の教育・人材育成・コンサルティングなどを手がけるリバネスと連携して実施している。秋山氏は「起業には、経営と技術の両面が必要だ。OIPでは経営を学べ、OTPでは技術を磨けることから、両事業を繋ぐことで2つの側面がカバーできる。OIPでは5社、OTPでは4社がそれぞれ起業した。また、OIP、OTPに参加した事業者に3件1億6,000万円のファンド出資を実施している」と語る。

自行のビジネスマッチングや投資銀行業務などにも波及

同行によると、類似事業は自治体でも実施しているが、予算制約などで規模、期間が限られ、継続的・横断的支援が課題だったという。「OIPおよびOTPは民間の力で継続的に実施することで、各自治体事業とも連携し、『面』での広がりを目指している」(秋山氏)。

両事業に対する同行の役割は、参加者間のコミュニティ形成支援、起業までのアドバイス、資金支援、地元企業と起業者を繋ぐパイプ役など多岐にわたる。地域の企業活動が活発化されることにより、資金面はもとよりビジネスマッチングや投資銀行業務など幅広い面で自行ビジネスに波及している。

秋山氏は、「地域の人口は減少している一方、未来を拓くシーズが多く眠っている。それらを掘り起こし、社会に実装していくことで地域の課題を解決する。新たなビジネスの創造やSDGs(持続可能な開発目標)の実践のために、当行が持つノウハウやネットワーク、地元自治体、他金融機関、他業態を巻き込んだ共創の場としてのプラットフォームを形成する。1年に1件程度はIPO(新規株式公開)する事業者を輩出して、将来は岡山を『創業のメッカ』と呼ばれるような存在にしたい」と意気込む。

事業戦略カテゴリのオススメの記事
筋肉質な経営体質に転換するための、聖域なきコスト削減

金融機関のデジタルトランスフォーメーション(DX)は待ったなしの課題となっている。資金の確保という面で課題を抱える事例も多い中、どのように体質改善と抜本的改革を推進していくべきか、解説していく。

EFMA受賞企業から考える保険会社がとるべき次なる一歩

本連載の第1回では、EFMAアワード受賞企業を一部紹介すると共に、応募案件から見て取れる保険イノベーションのトレンドについてお話しした。第2回となる今回は、保険会社が取るべき次なる一歩を解説していく。

EFMA受賞企業から見る保険イノベーションにおける7つのトレンド

130カ国3300以上の金融サービス機関が加入する非営利団体EFMA が毎年開催するInnovation in Insurance Awardが開催され2020年の最優秀受賞企業が発表された。本連載では、注目に値するイノベーション事例をいくつか紹介するとともに、保険イノベーションの最新トレンド、保険会社が取るべき次なる一歩について解説する。第1回目では、受賞企業の紹介と受賞企業からみた保険業界のイノベーショントレンドについて紹介する。

異業種の金融参入・連携における成功実現の要諦

本連載の第1回では、国内市場における異業種連携の最新動向と、金融サービスの位置付け、連携の実現に向けて初期構想段階に検討すべきポイントなどについて解説した。第2回ではこれを踏まえ、具体的事例として日本郵船の電子通貨事業MarCoPayのCEO 藤岡敏晃様のお話を紹介した。最終回となる今回は、これらを踏まえて準備・実行フェーズにおける課題・ポイント、戦略・システム面での成功の要諦について解説していく。

【 インタビュー 】
中国銀行
ソリューション営業部
調査役

秋山 直輝 氏

The Finance をフォローする