1. HOME
  2. 金融法務
  3. STO(Security Token Offering)ビジネス普及に対する協会の役割

STO(Security Token Offering)ビジネス普及に対する協会の役割

セキュリティトークン分野の今後の発展が見込まれる中、金商法におけるその性質や日本STO協会が果たすべき役割について、当協会の事務局長である小柳雅彦氏に話を聞いた。

STO(Security Token Offering)ビジネス普及に対する協会の役割
  1. 新たな資金調達手法であるSTO その法と自主規制

新たな資金調達手法であるSTO その法と自主規制

日本STO協会は、2019年10月、セキュリティトークン分野の健全な発展及び投資家の保護を目的に誕生し、2020年4月30日に金融庁から「認定金融商品取引業協会」の認定を受けた。同協会は、電子記録移転権利等の売買や取引等に係る業務を行う金融商品取引業者及び登録金融機関を正会員の対象としており、同協会の定める自主規制規則等は当該正会員に適用される。

企業の資金調達手法として、これまではIPO(新規株式公開)が主に活用されてきた。2010年代前半より、ブロックチェーン技術(分散台帳技術)を活用した資金調達方法が広義にICO(イニシャル・コイン・オファリング)と呼称され、注目を集めた。STOは、旧来的なICOと峻別し、金融商品取引規制を遵守する形で実施される。

金商法上セキュリティトークンを整理すると、「株式や社債のような1項有価証券をトークン化したもの」と「電子記録移転権利」の大きく2つに分けられる。

「電子記録移転権利」とは、簡便に言うと集団投資スキーム持分や信託受益権など2項有価証券に位置付けられていたもののうち、いわゆるトークン化された権利を指す。トークン化により流動性が高くなると想定されることから、1項有価証券と同等の規制が課された。一方で、電子記録移転権利から除外され、既存の2項有価証券扱いのままとなるケースもある(下図「電子記録移転権利から除かれる権利」参照)。日本STO協会 事務局長 小柳雅彦氏は、「電子記録移転権利から除外される権利について、特に個人投資家の範囲が限定的であることは、第二種金商業者による個人投資家への販売にとって高いハードルと言え、STOの普及に少なからず影響を及ぼすのではないか」と指摘する。

日本にはセキュリティトークン取引所のようなセカンダリー市場が現状存在していないことから、急速にセキュリティトークンが広く流通することは考えにくい。しかし、セキュリティトークン市場の流通拡大や健全な発展のためには、セカンダリー市場の整備は不可欠だろう。

「電子記録移転権利の譲渡については、取引をデジタルで完結させるために、対抗要件具備の点で法律面の課題が残る。税制面においては、電子記録移転権利の取引を、既存の1項有価証券と同様に申告分離課税・損益通算の適用、特定口座での取扱いが望ましい」(小柳氏)

STOは各国の法令に基づいて実行される。例えば米国では、SEC(米証券取引委員会)への登録や登録免除規程の利用など、STOを行う際の選択肢は多い。

「日本のSTOビジネスはこれから組成・形成していく段階にある。当協会は、正会員の他に、金融商品取引業者等の方に限らず、電子記録移転権利等の事業にご関係・ご関心のある方を広く対象に、賛助会員という区分を設けている。自主規制業務の適切な実施に加え、会員の皆様など関係者の方々とワーキンググループを設置しSTOの適切な在り方の追求、国内外のSTO関連情報の共有や、研修・セミナーの実施などを通して、日本でのSTOビジネスの健全な発展に貢献することが当協会の大きな役割だと考える」(小柳氏)

金融法務カテゴリのオススメの記事
投資ファンドに関する最新の法改正動向

投資ファンドをめぐる法制は、投資ビークルとしての利便性の追求と、投資家保護を中心とした理由による規制の必要性との緊張関係から、頻繁に改正を繰り返してきている。今年になって、立て続けに法改正がなされ又はその方向性が定まり、実務に大きく影響する可能性があることから、いずれも未施行の段階ではあるものの紹介したい。

【金融事例から読み解く】内部通報制度活用と不祥事早期発見及び予防策

リーマンショック・LIBOR不正操作事件などを契機として、内外金融規制当局等は不祥事予防に向けた様々な提言を行い、これに対応して金融機関も多くの施策を実施してきた。しかしながら依然不祥事は繰り返されている。こうした状況下、「上場会社における不祥事予防のプリンシプル」などが公表された。この一方、不祥事早期発見の最有力な端緒である内部通報制度については、民間事業者向けガイドライン改正、認証制度創設、公益通報者保護法改正など、その実効性向上に向けた動きが顕著である。そこで、本稿では、金融機関等における不祥事の具体的事例を踏まえつつ、内部通報制度を活用した不祥事・不適切行為の早期発見とその予防策のポイントについて解説する。

金融サービス仲介業への参入の検討ポイントの整理

1つの登録で、銀行・貸金・証券・保険すべての分野のサービスが仲介可能となる新しい「金融サービス仲介業」(「新仲介業」)。2021年6月2日には、同年11月1日から施行されることが発表されるとともに、政令・内閣府令・監督指針等の内容が確定し、参入に向けた具体的な検討が可能な状況になってきた。そこで、本稿では、主に既存の仲介業(銀行代理業、保険募集人・保険仲立人、金融商品仲介業、貸金業)との差異に焦点を当てつつ、新仲介業を検討する際の留意点について簡潔に整理したい。(2021年6月25日 最新情報にアップデート)

令和3年4月施行電気通信事業法の改正と国外事業者に対する法執行の実効性の強化

令和3年4月1日に「電気通信事業法及び日本電信電話株式会社等に関する法律の一部を改正する法律」が施行された。本稿では特に、改正法による国外事業者が電気通信事業を営む場合の規定の整備等について取り上げ、そして、かかる改正と総務省の解釈変更による電気通信事業法の適用対象の拡大を通じた、国外事業者に対する法執行の実効性の強化について解説する。

【 インタビュー 】
日本STO協会
事務局長

小柳 雅彦 氏