コーポレートガバナンスとは?企業価値を高める仕組み 入門編

コーポレートガバナンスとは?企業価値を高める仕組み 入門編

コーポレートガバナンス・コードにより、コーポレートガバナンスは「会社が、株主をはじめ顧客・従業員・地域社会等の立場を踏まえた上で、透明・公正かつ迅速・果断な意思決定を行うための仕組み」へと進化した。正しいコーポレートガバナンスの運用はステークホルダー全体の利益に繋がる。今、注目のコーポレートガバナンスの全体像を解説する。

  • 金融法務
  • 2016/06/15
弁護士が解説する相続法改正 – 相続法の課題と5つの改正ポイント

弁護士が解説する相続法改正 – 相続法の課題と5つの改正ポイント

相続法の改正が法務省の法制審議会で議論されている。2016年6月には「民法(相続関係)等の改正に関する中間試案」が公表され、いくつかの検討項目が掲げられた。相続法が改正されれば、金融機関の業務への影響も無視できない。本稿では、相続法の概要と課題を概観し、相続法改正の考え方を整理する。

  • 金融法務
  • 2016/06/08
オープンイノベーションとは?IoT時代の成功事例と変革<後編>

オープンイノベーションとは?IoT時代の成功事例と変革<後編>

産業分野を超えた変革が起こるIoT時代、オープンイノベーションにも質的な転換が求められている。だが、日本でオープンイノベーションを進めるためには乗り越えるべき厚い壁がある。IoT時代のオープンイノベーションについて、外からのパートナー集めや、社内の風土変革など、事例を元に成功への道を探る。

  • 事業戦略
  • 2016/05/18
事例で学ぶIoT – 国内外のIoT先進事例とIoTの本質<前編>

事例で学ぶIoT – 国内外のIoT先進事例とIoTの本質<前編>

IoTは第4次産業革命の引き金として、製造業やサービス業、社会インフラなどを含むあらゆる産業分野に変革をもたらしつつある。一方で、その進化方向性や本質的価値が見通しにくいのも事実だ。本稿では全2回連載の第1回目として、各産業分野でのIoT活用の展望を整理した上で、その本質的価値と活用のポイントに迫る。

  • FinTech・IT
  • 2016/05/11
水素社会とは?水素社会が与えるビジネスチャンスと可能性

水素社会とは?水素社会が与えるビジネスチャンスと可能性

水素を身近なエネルギーとし、低炭素社会の実現、エネルギーセキュリティの改善、エネルギー効率の向上など様々なメリットを享受しようとする動きが盛んになっている。燃料電池自動車やグリーン電力ストレージなどの研究が進められている一方、コストや規制、住民の理解など、課題も山積している。注目の水素社会について概要を読み解く。

  • 事業戦略
  • 2016/04/26
IoT(モノのインターネット)の課題とトークナイゼーション

IoT(モノのインターネット)の課題とトークナイゼーション

あらゆる物がネットワークで繋がるIoT。タッチパネルの操作で買い物と支払いが完了する冷蔵庫がついに発売された。確かにIoT決済は多くの可能性を秘めている。だが、あらゆるモノに安心してカード情報を預けられる環境は整っていない。このセキュリティの問題に対し、トークナイゼーションは切り札となり得るかもしれない。

  • FinTech・IT
  • 2016/04/20
Real Estate Tech(不動産テック)とは?FinTechに続く大改革

Real Estate Tech(不動産テック)とは?FinTechに続く大改革

FinTechに続き、Real Estate Tech(不動産テック)が勃興しつつある。世界的に見てもデジタル化が遅れていた不動産業界にイノベーションが起ころうとしている。海外ではビッグデータ解析やAI(人工知能)などの先進的な技術を用いたReal Estate Techが大型の資金調達に成功している。Real Estate Techの現状と概要を知り、今後の展開を予測する。

  • FinTech・IT
  • 2016/04/13
最新のオペレーショナルリスク規制とオペリスク所要自己資本

最新のオペレーショナルリスク規制とオペリスク所要自己資本

オペレーショナルリスク規制が抜本的に簡素化される。今後、先進的計測手法(AMA)が除外され、標準的手法(SMA)も大きく改定される。多くの金融機関にて、オペレーショナルリスク管理の高度化を再考する必要が出てくるだろう。本稿は、新たなオペリスク所要自己資本の算定方法について概説する。

  • 金融法務
  • 2016/04/06
金融庁が語る資産運用の高度化とフィデューシャリー・デューティー 後編

金融庁が語る資産運用の高度化とフィデューシャリー・デューティー 後編

金融庁 総括審議官 小野尚氏がフィデューシャリー・デューティーを語る、全2回連載の本シリーズ。現役総括審議官へのインタビューを通し、金融庁の考えに迫る。後編では、フィデューシャリー・デューティーが法律でない理由や、情報提供の必要性、アベノミクスとの関係などについて解説する。

  • 金融法務
  • 2016/03/30
金融庁が語る資産運用の高度化とフィデューシャリー・デューティー 前編

金融庁が語る資産運用の高度化とフィデューシャリー・デューティー 前編

金融庁 総括審議官 小野尚氏がフィデューシャリー・デューティーを語る、全2回連載の本シリーズ。現役総括審議官へのインタビューを通し、金融庁の考えに迫る。前編では、フィデューシャリー・デューティーの必要性から実践のための5つのテーマまでを解説する。

  • 金融法務
  • 2016/03/23
仮想通貨が貨幣になる – 資金決済法の改正と世界の最新動向

仮想通貨が貨幣になる – 資金決済法の改正と世界の最新動向

今国会に提出される予定の仮想通貨に関する法案で、金融庁により資金決済法が改正され、ビットコインに代表される仮想通貨を「貨幣」と定義する方向性が示された。それに伴い、仮想通貨取引所が登録制に、金融庁が監督官庁となる。仮想通貨を取り巻く国内外の最新動向をIT専門の弁護士が解説する。

  • 金融法務
  • 2016/03/15
農協改革とTPPが変えるJAバンクの未来像

農協改革とTPPが変えるJAバンクの未来像

農協が史上稀にみる変動に遭遇している。農協改革とTPPの12ヵ国合意である。この大変動は、農協のみならずJAバンクにも多大な影響をもたらす。2012年に米韓FTAを発効させた韓国では大規模な農協改革が行われ、農協が中央会・経済持株会社・金融持株会社に分割された。これを受け、JAバンクが直面する課題と今後の業態選択について予測する。

  • 事業戦略
  • 2016/03/08
マイナンバーが鍵を握るFinTechと犯収法上の本人確認

マイナンバーが鍵を握るFinTechと犯収法上の本人確認

金融サービスを提供するFinTech企業が犯収法上の特定事業者に当たる場合、顧客の本人確認が必要となる。FinTech企業がオンラインで本人確認を行うためには、マイナンバーの公的個人認証サービスが有効だが、現時点でマイナンバーカードは十分に普及していない。本人確認をどう扱うべきか。FinTech協会監事が解説する。

  • 金融法務
  • 2016/02/17
ブロックチェーンとスマートコントラクトが創る未来の決済ビジネス

ブロックチェーンとスマートコントラクトが創る未来の決済ビジネス

ブロックチェーンとスマートコントラクトとIoTが未来の自動車を創る。自動車自身がリースや保険の契約を行い、決済情報をセキュアに管理し、給油の頃合と近隣のガソリンスタンドを提案し、飲食店を検索して予約・ナビ・支払いまで済ませる。事例をもとに決済の未来に迫る。

  • FinTech・IT
  • 2016/01/27
改正保険業法とは?何が変わってどう対応するのか、実践マニュアル

改正保険業法とは?何が変わってどう対応するのか、実践マニュアル

改正保険業法が2016年5月29日に施行されるまで半年を切った。保険会社、金融機関を含めた保険代理店は「どのように変わるか」を正しく把握しなければならないが、誤解や過剰な反応も生じている。本稿では、保険業法に精通する弁護士が、関連政省令や金融庁の見解に基づき「改正保険業法とは何か」を詳説する。

  • 金融法務
  • 2016/01/20
The Financeについて

The Financeは、金融業界のビジネスマンのためのウェブマガジンです。

金融業界向けの講演を数多く手掛ける有名講師陣のご協力により、どこよりも実践的な情報を掲載して参ります。

注目のセミナー すべて表示する