二極化する欧米投資銀行のデリバティブ事業と今後導入される規制

二極化する欧米投資銀行のデリバティブ事業と今後導入される規制

欧米投資銀行のB/S内容は改善してきたが、今後導入が予定されるレバレッジ比率規制やトレーディング勘定の抜本的見直しは、デリバティブ事業拡大の足かせとなる可能性がある。これらを受け、投資銀行の取り組みは二極化が顕在化してきた。本稿では、デリバティブ事業をめぐる投資銀行の動きを概観する。

  • 事業戦略
  • 2016/12/13
平成28事務年度 金融行政方針が金融実務に与える影響<後編>

平成28事務年度 金融行政方針が金融実務に与える影響<後編>

平成28事務年度金融行政方針では、預金取扱金融機関その他の金融機関に対する検査・監督についても重点施策が整理されているほか、IT技術の進展に対する戦略的な対応についてもまとめられている。本稿は、金融行政方針に関する全3回連載の最終回として平成28事務年度金融行政方針に掲げられた「Ⅳ.金融仲介機能の十分な発揮と健全な金融システムの確保等」以下の項目の中で述べられている重点施策について解説する。

  • 金融法務
  • 2016/12/08
平成28事務年度 金融行政方針が金融実務に与える影響<前編>

平成28事務年度 金融行政方針が金融実務に与える影響<前編>

平成28事務年度金融行政方針では、日本版スチュワードシップ・コードの改訂、フェア・ディスクロージャー・ルールの導入など、金融実務への影響が予想される項目が示されている。本稿は、金融行政方針に関する全3回連載の第2回として、平成28事務年度金融行政方針に掲げられた項目のうち「Ⅲ.活力ある資本市場と安定的な資産形成の実現、市場の公正性・透明性の確保」の中で述べられている重点施策について解説する。

  • 金融法務
  • 2016/12/06
10年後に生き残るFinTech戦略~ビッグデータ統合社会に備えて

10年後に生き残るFinTech戦略~ビッグデータ統合社会に備えて

近い将来、家電や建物、道路などあらゆるモノから得たデータが統合され、人工知能(AI)が分析・活用する社会が訪れる。このビッグデータ統合社会においては、プラットフォームプレイヤーとしてビッグデータを握ることが勝利の鍵となる。本稿は全5回連載の第1回として、金融機関のFinTech戦略の向かうべき方向を示す。

  • FinTech・IT
  • 2016/11/29
金融行政方針とは?金融規制に強い弁護士がどこよりも詳しく解説

金融行政方針とは?金融規制に強い弁護士がどこよりも詳しく解説

平成28年10月21日、金融庁から平成28事務年度金融行政方針が公表された。金融行政における基本方針として、金融当局・金融行政運営の変革や、金融機関のビジネスモデルの転換など、3つの変革を進めることの必要性が述べられている。本稿は、金融行政方針に関する全3回連載の第1回として、金融行政方針の全体像を説明する。

  • 金融法務
  • 2016/11/24
LGBTとは?13人に1人が抱える「性の多様性」の問題と企業の対応

LGBTとは?13人に1人が抱える「性の多様性」の問題と企業の対応

最近、「LGBT」(性的少数者)に関する話題を耳にする機会が増えてきているが、その内容を正確に知っている人は少なく、ともすれば「自分たちとは別の世界の住人」と考えがちなのではないだろうか。しかしながら、LGBTの問題は、もっと身近な問題であり、どの企業においてもLGBTの問題に真剣に取り組まなければならない時代はすぐそこまできている。そこで本稿では、LGBTとは何か、また企業においてLGBT社員がどのような課題をかかえているのか、課題に対して、我々が何をすべきかについて解説する。

  • 金融法務
  • 2016/11/09
確定拠出年金(DC)とは?確定拠出年金改正の3つのポイント

確定拠出年金(DC)とは?確定拠出年金改正の3つのポイント

2016年5月24日、確定拠出年金(DC)制度の改正法が成立した。公的年金のスリム化が進む中、私的年金として補完的な役割を担う。今回の改正では、対象拡大や利便性向上、運用改善への取り組みなど、大幅な制度の見直しが行われた。一方で、加入者に対する投資教育についての課題も残されている。確定拠出年金はどう変わるのか、読み解く。

  • 金融法務
  • 2016/11/02
消費者契約法とは?消費者契約法改正のポイントと金融機関の対応

消費者契約法とは?消費者契約法改正のポイントと金融機関の対応

平成28年5月25日に、「消費者契約法の一部を改正する法律」(以下「本改正法」という)が成立し、同年6月3日に公布された。本改正法は、一部を除き平成29年6月3日から施行されるが(附則1条本文)、金融機関をはじめとする事業者としては、今回の改正を契機として、自社の勧誘方法や契約条項の内容について、改めて総点検することが重要であろう。本稿では、本改正法のポイントと対応について説明する。

  • 金融法務
  • 2016/10/26
国内最先端の金融機関から見るFintechの活用

国内最先端の金融機関から見るFintechの活用

2016年10月4日~10月7日の4日間、幕張メッセ(千葉県美浜区)にて「CEATEC JAPAN 2016」が開催された。最近注目を集めているAI、Fintech、ロボティクスなどの最先端技術の活用シーンごとにエリアを分け各企業が出展した。その中でThe Financeでは、金融機関で唯一出展した株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)のサービスについて紹介していく。

  • FinTech・IT
  • 2016/10/21
改正金融商品取引法とは?弁護士が解説する適格機関投資家等特例業務制度改正の対応ポイント

改正金融商品取引法とは?弁護士が解説する適格機関投資家等特例業務制度改正の対応ポイント

平成28年3月1日に金融商品取引法が改正された(以下「本改正」という。)。本改正では、適格機関投資家等特例業務(いわゆるプロ向けファンド規制)について、届出における記載事項や添付書類が拡充されるほか、一般投資家の範囲の制限や行為規制の拡充なども行われている。本改正は多くのファンド事業者に影響を与えるため、対応方法を正しく理解する必要がある。従来の金融商品取引法から何が変わり、どのように対応すべきなのか、弁護士が実務に即して解説する。

  • 金融法務
  • 2016/10/13
アジアに対するインフラ輸出推進戦略は日本経済の切り札となるか

アジアに対するインフラ輸出推進戦略は日本経済の切り札となるか

経済成長に伴うインフラ整備の需要が、アジアを中心に高まってきている。日本政府も成長戦略の一環としてインフラ輸出を推進しており、受注実績も伸びてきている。中国やインドなどの新興国の参入による競争の激化や、民間資金の導入の必要性など、課題も残されている中、いかにインフラ輸出戦略を進めるのか。概要を読み解く。

  • 事業戦略
  • 2016/10/06
インバウンド消費が変わる?爆買い終了とインバウンド観光の未来

インバウンド消費が変わる?爆買い終了とインバウンド観光の未来

2015年後半以降、訪日客によるインバウンド消費の減速感が強まっている。訪日客数が底堅く推移する一方、一人当たり支出の減少が顕著だ。この背景には、円安傾向の一服や免税対象品拡大などの政策効果の一巡がある。今後の一人当たり支出の底上げに向けて、買物だけでなくサービス消費の取り込みがカギとなる。

  • 事業戦略
  • 2016/10/04
ガス事業法改正で何が変わる?改正内容と小売事業者の義務の概要

ガス事業法改正で何が変わる?改正内容と小売事業者の義務の概要

2017年4月に改正ガス事業法の施行が予定されている。これまで事業許可・料金規制の対象となってきた小口向け小売供給が全面自由化され、ライセンス制度の導入・ガス製造事業の導入なども合わせて行われる。本稿では、ガス事業法の改正の概要と、ガス小売事業者に生じる義務の概要について解説する。

  • 金融法務
  • 2016/09/28
スマート農業とは?IoT×農業が変えるアグリビジネスの未来

スマート農業とは?IoT×農業が変えるアグリビジネスの未来

スマート農業が日本の農業を救うかもしれない。通信機器と小型センサーで最適な時期を見極め自動で収穫をする収穫ロボットや、様々な地形で活躍する農業用ドローン、農地を自動で走る自動運転農機、温室を一定の環境に保つ環境制御技術など、スマート農業は農業の生産性に革命をもたらす技術となりえるのか。本稿は、その概要と課題に迫る。

  • 事業戦略
  • 2016/09/21
企業のためのデジタルマーケティングのすすめ-潮流と全体像を学ぶ

企業のためのデジタルマーケティングのすすめ-潮流と全体像を学ぶ

デジタルマーケティングは、ただホームページを構えるだけの時代から、顧客一人ひとりを認識し、その生涯価値を高めるツールへと進化した。オムニチャネルを活用してカスタマーエクスペリエンス・ジャーニーを創出し、ビッグデータを駆使して効率的な施策を実施する。本稿では、その全体像をわかりやすく解説する。

  • 事業戦略
  • 2016/09/15
The Financeについて

The Financeは、金融業界のビジネスマンのためのウェブマガジンです。

金融業界向けの講演を数多く手掛ける有名講師陣のご協力により、どこよりも実践的な情報を掲載して参ります。